リクルートダイレクトスカウトでハイクラス転職を成功させるコツ

carrier024_3転職

リクルートダイレクトスカウトは、リクルートが運営する転職サイト。

年収800万~2000万のハイクラス転職を狙うならリクルートダイレクトスカウトがおすすめ。現在、年収600万以上ある人はチェックしておこう。


リクルートダイレクトスカウトって?


リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス転職を専門にしたリクルートの転職支援サイト。リクルートが運営するサービスは転職では群を抜いている。転職決定年収の平均が950万円であることからもそのレベルの高さがわかる。


リクルートダイレクトスカウトおすすめポイント

  • 年収600万以上の以上の求人数が6000件以上
  • 非公開求人情報の閲覧ができる
  • 優秀なヘッドハンターの人数が多い


リクルートダイレクトスカウトの魅力は、推薦してくれるリクルートの社員レベルが高いこと。

私がキャリア採用を担当していたときには、リクルートの推薦状がわかりやすく重宝した。推薦状は転職希望者の必要な情報が書かれており、転職希望者の履歴書や職務経歴書よりもわかりやすいこともある。リクルートの魅力は、転職希望者の良さをうまく伝えてくれる。


圧倒的な求人数が魅力

どんな仕事でも年収が高ければいいという考えでは転職は成功しない。ハイクラス転職は、経験を活かすことができる会社を見つけることが重要になる。あなたの経験を必要としている会社を見つけることが転職成功の鍵になる。リクルートは求人数が多いので、あなたに合う会社が見つかる可能性が高まるのが魅力だ。


リクルートは優秀なスタッフが多い

採用する側の視点では、リクルートは募集している条件に近い人を推薦してくれるのが魅力だ。優秀なスタッフが多いので推薦の仕方も上手。リクルートは、採用担当者が知りたい情報を先に提示してくれるので面接もスムーズに行いやすい。募集をする側が段取りをしやすいということは、転職希望者には、リクルートからの紹介のアドバンテージがあるということ。


リクルートのサービスはわかりやすい

リクルートは、転職のサービスをいくつも運営しているので転職者の希望によって差別化されている。就職Shopは、20代の新卒、第二新卒に丁寧なフォローをするサービス。リクナビNEXTは、20代の新卒、第二新卒の求人情報を多く扱っている。そして、リクルートダイレクトスカウトはハイクラス転職に特化している。


リクルートダイレクトスカウトで転職を成功させるコツ

carrier024_01


リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス転職に特化した転職支援サービス。ハイクラス転職を成功させるポイントはあなたの職務経歴書にある。ハイクラス転職は高い年収を狙う転職になるため、あなたの文章には説得力が必要になる。わかりにくい文章表現などは、ハイクラス転職にふさわしくない。誤字、脱字は論外だが、リクルートダイレクトスカウトに登録するレジュメに詳細が書かれているかが重要。


ハイクラス転職を成功させるコツ

  • レジュメ登録時の紹介文章を丁寧に書いていること
  • 転職期限を決めて短期集中で転職活動をしていること
  • 転職の準備を整えていること


レジュメの紹介文章を丁寧に書いている

無料登録するときに、レジュメの登録をする。レジュメは、あなたの名刺のようなもの。レジュメを丁寧に書くことが転職成功のポイントになる。レジュメの目安は400字以上でまとめることを意識してみよう。


転職期限を決めて転職活動をしている

優秀な人はダラダラと仕事をしない。優秀な人が判断に迷うことはない。優秀であることを証明するにはデッドラインを決めていることが重要になる。

転職活動を始めるときには、転職のデッドラインを決めておくことが大事だ。転職期限を決めるコツは長くしすぎないこと。期限を決めたら、一気に転職活動を進めることを意識しよう。


転職の準備を整えていること

理想は、現職の引継書などを先に用意しておくこと。

現職の引継書は、スムーズに現職を退職するためだけでなく職務経歴を整理することにも役に立つ。現職の引継書を作るときに、現職の仕事内容の整理をすることができる。引継書を作るときは、自分がいなくても理解できる引継書を作るようにしよう。引継書をきちんと作ることで、現職の仕事のあなたの経験をしっかりと棚卸することができるので転職活動前には作っておくことをおすすめする。


リクルートダイレクトスカウトの転職は成功者への階段

carrier024_3


リクルートダイレクトスカウト転職活動できるのは選ばれた人だけ。年収800万~2000万の求人を用意しているリクルートダイレクトスカウトの求人。転職が決まった人の年収はなんと平均で950万。現職の年収が600万以上ある人はキャリアアップを狙ってみるのもいいだろう。

目安として、直近の年収が600万以上ない人は、リクルートダイレクトスカウトでの転職は難しいかもしれないと考えておこう。現職で年収600万以上になってからハイクラス転職を狙うか、転職してキャリアアップしていくかは、あなたの置かれている環境によっても変わる。転職活動を始める前に、自分のキャリアプランを描いてみよう。


現職の年収600万以上ある人へ

現在の年収が600万以上あり、なおかつ転職を考えてる人は、リクルートダイレクトスカウトでキャリアアップを狙おう。リクルートダイレクトスカウトは選ばれた人だけが活動できる転職サービスなので、ハイクラス転職を狙うなら登録しておこう。


リクルートダイレクトスカウト登録方法

  • 無料登録
  • 登録後のレジュメ登録


転職を成功させるコツ

リクルートダイレクトスカウトに登録後のレジュメは、氏名、性別、年齢の基本情報、業種、直近の年収の登録をする。登録時で重要なポイントは紹介文章だ。簡潔でわかりやすい文章を400字以上で書くようにしよう。


ハイクラス転職を狙おう

リクルートダイレクトスカウトで年収アップをするキャリアップ転職を成功させよう。


年収アップに成功しやすい業種・業界

  • 経営・事業企画全般
  • 各業種に特化したコンサルタント
  • マーケティング関係
  • 機械・エンジニア系
  • 金融系


当てはまる業種があれば、年収アップを狙ってリクルートダイレクトスカウトに登録しておこう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました