営業マンが転職を成功させるために必要なこと

carrier004 営業

営業マンが転職を成功させるには商品知識だけでは不十分

「営業マンは商品知識がすべてだ」と思っている人がいます。

終身雇用が当たり前の時代は、商品知識がすべてでもよかったのかもしれません。


もちろん、商品知識は重要です。

自分の取り扱う商品を深く知ることはお客様へのマナーでもあります。

でも、商品知識は営業のすべてではなく、あくまで戦術の1つに過ぎないのです。


営業マン転職を成功させるには、商品知識は戦術の1つで本質ではないと覚えておきましょう。


営業マンが転職を成功させるには営業の本質を知ること

まずは無料で相談!【キャリアスタート】



同業種なら商品知識は武器の1つになります。

でも、もし異業種への転職を考えているなら商品知識だけでは不十分です。


転職とは、今働いている会社から他社で働くキャリアチェンジのことです。

今いる会社の商品知識をいくらもっていても同じ商品を扱うとは限りません。


商品を売らずに自分を売り込む?!


「商品を売らずに自分を売り込め」と昔から言われています。

自分を売り込むことには賛成ですが、売り込むという表現に違和感はあります。

今の時代に合った表現にしてみましょう。

商品を売らずにお客様の話を聞こう


あなたがお客様の立場に立ったとき、営業マンにひたすら商品説明をされるとげんなりするでしょう。

営業マンは、自分がお客様の立場のときは嫌だと思うことを営業になるとしているのです。


営業が転職を成功させるには時代に変化を知ること

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】



営業マン転職を成功させたいなら、時代に合った時間配分が必要です。

高度成長期は、長時間働くだけのパワーが必要でした。

会社の能力を超えた注文を処理するだけの根性が必要だったのです。


今はどうでしょうか?

会社に長時間いれば成果を上げることができる時代ではありません。

むしろ、残業ばかりしていれば時間内に成果を出せない営業マンと判断されるでしょう。

営業だから無駄も仕事の1つなんて思っていたら今の時代では通用しないのです。


営業マンが転職を成功させるには今の時代の競合を知ること

転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?



現代の営業マンの競合は、隣接する同業種の会社だけではありません。

競合先の営業マンだけでなく、インターネットも競合になる時代です。

営業マンが持っている商品知識を頼ることなく、ネットで情報を収集する人も増えました。


わからないことがあれば、営業マンに電話がかかってくる時代ではないのです。

時代の変化についていけない営業マンはお客様には必要とされないと考えましょう。

営業マンは、ネットで手に入れられない情報を武器として持っておく必要があります。


時代の変化で従来のやり方は通用しなくなる?!


一昔前に新しいビジネスモデルだったカタログ販売やテレフォンショッピング。

カタログ販売やテレフォンショッピングは、以前より勢いがなくなったと思いませんか?


もちろん、従来のサービスがすぐになくなることはありません

新しい時代を受け入れることができない人(お客様)は一定数います。

時代に取り残された人たちを対象にサービスを続けることで一定の需要は見込めるのです。


今では当たり前になったパソコンやスマートフォン。

インターネットが身近になった今では、ネット販売が勢力を伸ばしています。

営業マンは、こうした時代の変化点を知っておくことが重要です。


営業マンが転職を成功させるには他社で通用する能力を身につけること

面接確約!転職するならMIIDAS(ミイダス)!



本物の営業マンは、何を扱っても売ることができます。

本物の営業マンは、取り扱う商品が変わってもセールスを成功させることができるのです。


営業マンが転職を成功させるには実務スキルに頼りすぎないこと


営業マンは、商品知識ではなく信頼を買ってもらうことが重要です。

営業マンへの信頼の1つに商品知識がありますが、あくまで信頼されるための1つのテクニックです。


営業マンの実務スキルにセールステクニックがあります。

イエス・バッド法みたいなテクニックです。

もちろん、いろんなセールスのテクニックを知ることは営業マンの努力です。

しかし、営業マンは感覚で仕事を進めるだけでなく、知識のバックボーンを持っておくことは重要です。


知識は知恵を生みます。

お客様の信頼は、知恵を貸してくれる営業マンであることで獲得することができます。

営業マンは、知恵(アイデア)を出し続けるだけの知識量があるかどうかが重要なのです。


営業マンは、商品知識やセールスのテクニックなど小手先の実務スキルに頼るだけでは不十分です。

これは、お客様が誰でも同じことです。

個人のお客様への販売(B to C)、企業のお客様への販売(B to B)に限らず信頼を意識してみましょう。


営業マンが転職を成功させるには

マイナビジョブ20's



営業マン転職を成功させるには、業界業種問わず通用する営業の不変のスキルを身につけることが重要です。


異業種出身者は、変化を好む傾向があります。

異業種を知っている経験から、変化を続けることが重要だと知っているからです。

異業種出身者が変化を促進すれば、「業界のことを全然知らないくせに」ぼやき抵抗する営業マンがいます。

彼らは営業の本質を知らないのでしょう。


異業種出身者ほど「郷に入っては郷に従え」と、転職後すぐに現状把握に努めます。

異業種出身者は、業界や業種で何が違うのか、業界特有のルールは何かを確認しているのです。


異業種出身者は、業界人のやり方がすべて正解だとは思っていません。

現状把握が終われば、業界の専門知識の習得前から成果を出すことができるのです。


同業種からの転職を嫌う会社もあります。

同業種出身者は、即戦力の兵隊としては使えますが、良くも悪くも業界の手の抜き方も知っているからです。

伸びる組織ほど、即戦力よりも将来性を重視します。


あなたは即戦力を売りに転職活動をしていませんか?

あるいは、過去の営業の実績ばかりをアピールポイントにしていませんか?

営業マンとして転職を成功させるには、セールスを知っているかを見られていることを知りましょう。


あなたは、今すぐ異業種に転職して営業マンとして成功する自信がありますか?

もし自信がないのであれば、商品知識に頼っている営業をしていると考えてください。


営業の本質は信頼を獲得することです。

信頼があれば、商品知識、価格、納期などは二の次になると覚えておきましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました