大型連休明けに成長した人しなかった人

carrier013 マネジメント

ゴールデンウイークなどの大型連休明けは、社員の実力の差が広がるときです。

自粛が当たり前になった休み明けであればなおさらです。


休み前とは別人のように成長している人はいませんでしたか?

連休明け初日の行動を見れば、誰が休みに成長したかはすぐにわかります


上司が部下の何をみているのかを知ることで、キャリアアップを目指しましょう。

前半に一般職、後半に管理職向けの内容を書いていますので参考にしてみてください。


大型連休明けの朝のあいさつ

朝のあいさつで、連休中に成長した社員かどうかはわかります。

あいさつで重要なのは、声と姿勢です。

姿勢を正せば、声も通りやすくなります。

姿勢を正して、第一声を意識してみましょう。


大型連休明けの服装


服装では、特に靴がきれいに磨かれているかが重要です。


休み中に、靴を磨く時間もなかったというのは言い訳にすぎません。

仕事への意識が全くなかったと言わざるを得ないからです。

やる気がある人は、前日の夜か当日の朝に靴をきれいに磨いています。


しわのないシャツを着ていくことも重要です。

シワのないシャツと、きちんと締められたネクタイだけでも印象は変わります。


長い連休明けの第一印象は重要です。

油断せずに、当たり前のことを当たり前にすることを意識しましょう。


大型連休明けの時間管理

テレワークが進む中、時間管理は今まで以上に重要です。

休み中に時間管理を徹底していたかは、仕事の運びを見ればわかります。


仕事の段取りは、前日が理想です。

どれだけ遅くても、始業前には段取りが完了しておくことを意識しましょう。


長い連休明けは仕事がたまっているものです。

それでも、初日からダラダラ残業しているのは問題です。

時間を売るよりも成果を売ることを意識しましょう。


残業をしているから偉いというのは、高度成長期の過去の話です。

今は、いかに時間内に仕事を完了することができるかが重要です。


時間管理は、どれだけ事前に準備したかにかかっています。

連休明け初日の仕事が遅いのは、前日までの準備不足です。

「確実に成果を上げるために準備をしてきたな」と思われる人を目指しましょう。


大型連休明けの行動の変化

例えば、雑用への姿勢はわかりやすい行動の変化です。

そもそも、雑用などという仕事はありません。

雑用は、仕事を雑にするから雑用になります。


連休明け初日は、仕事への姿勢の違いがわかりやすい1日です。

休み前と同じ行動をしていれば、「期待できない」と思われても仕方ありません。


上司にゴマをするのとは違います。

仕事への意識を変えることが重要です。

上司は、仕事に意識が向いている人と向いていない人の違いに気づくものなのです。


大型連休中に成長した人と成長しなかった人

carrier013_3


大型連休中に成長した人と成長しなかった人の差は歴然としています。


大型連休中に成長した人の特長

  • 挨拶の声がはきはきしている
  • 清々しい顔をしている
  • 休みの間に仕事の準備ができている
  • 背筋が伸びていて休み前より自信をもっている
  • 始業時間後にやる仕事を探すことなく進めている


成長した人でも、自分の成長に気づいていない人もいます。

休み前と同じように接しているつもりでも、成長しているのが伝わってきます。


大型連休中に成長しなかった人

  • 覇気のない挨拶
  • 休み明けの仕事が嫌だとわかる浮かない表情
  • 休み前と全く変化のない仕事運び
  • まわりが成長している姿を見てさらに自信をなくしている姿勢
  • 休み明けだからとスロースタート


おおげさだと思うかもしれませんが、差が歴然としているのです。

優秀な上司ほど、連休中に努力をしている人が多いからわかるのでしょう。


ライバルに差をつけられたと感じたら

もし、連休中にライバルに差をつけられたと感じたら一歩を踏み出しましょう。

まずは、明日の朝からの行動を変えてみましょう。

今週末から、休日に自分の成長につながる行動をすることが重要です。


管理職は大型連休中に成長して当たり前と考えること


管理職は、一般職以上に大型連休明けの差が歴然とします。

理職は、上司と部下の両方から見られている存在だと考えましょう。


仕事ができない管理職ほど、上司の方ばかり向いて仕事をしています。

自分をみてくれない上司を信頼し、ついていく部下がいるでしょうか


部下ほど上司を黙って見ている

部下ほど、上司の行動を黙って見ているものです。

管理職は、社員の模範になるような行動をとることが重要です。

誰よりも努力し、誰よりも成長をする管理職こそが将来の幹部です。


部下をよいしょして、事なかれ主義を目指すのではありません。

行動を部下に見せ、部下からの信頼を獲得することが重要です。


管理職で連休中に成長していない人は部下の信頼もなくす

管理職で連休中に成長していない人は大きなリスクを背負ったと考えましょう。

大きなリスクとは、部下からの信頼をなくすことです。


部下が、連休中にたくさん学び一段上の水準になって出社します。

そのとき、自分の上司が休み前と変わらないレベルだと感じたらどう思うでしょうか。


なあなあの事なかれ主義の部下なら何も思わないでしょう。

でも、成長した部下の目に、成長していない上司の姿はどう映るでしょうか。

どれだけ優秀な人でも、自分の力だけで組織の上にいくことはできません。


あなたのことを信頼する部下が何人いるかが重要です。

そして、あなたがどのような部下の信頼を獲得しているのかを上司は見ています。


連休中の努力不足は今後の昇進にも影響する?!

会社は、役職が高い人ほど成長していることを期待しています。


たまに、自分は選ばれた人間だから管理職になったと勘違いをしている人がいます。

管理職は、幹部候補のスタートラインに立ったに過ぎません。

管理職で終わるのか、さらに上を狙うのかは本人次第です。


一生懸命努力しているのに成長できていないと感じたら

管理職になって成長が止まる人は、ゴール設定が間違っている可能性があります。

管理職になれば、新たなゴール設定が必要です。

視点を高くもち、あるべき姿に近づくために部下以上に努力をする姿勢が大切です


まとめ

carrier010_2


大型連休で成長した人と成長しなかった人の差は歴然です。

連休中に成長した人ほど、キャリアアップに近づいたと言えます。

連休明け初日の行動を振り返ってみましょう。


連休中に成長した人の特長

  • 挨拶の声がはきはきしている
  • 清々しい顔をしている
  • 休みの間に仕事の準備ができている
  • 背筋が伸びていて休み前より自信をもっている
  • 始業時間後にやる仕事を探すことなく進めている


大型連休で本当に差がつくのは管理職

大型連休で差が生まれるのは、一般職だけではありません。

管理職ほど、差が生まれやすいと考えましょう。


実力で管理職に上がった人は、自己実現の基本を知っています。

優秀な管理職の努力量は、一般職の比ではありません

手を抜けば、一瞬にして雲泥の差がつきます。

狭き門の上は、さらに狭き門だと考え精進することを忘れないようにしましょう。


管理職は、上司と部下の両方から、大型連休で成長したかを見られています。

管理職は、社員の模範になるような行動をとることを意識しましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました