テレワークデーで成果にコミットした組織を作る

carrier033_03 マネジメント

テレワークデーを始めてみることでテレワークが見えてくる

テレワークは、大手だけの働き方ではなくなりました。今後は、いい会社の条件にテレワークを導入しているかを重視する人たちも増えてくるでしょう。


テレワークを成功させるコツは、テレワークデーを作ってとにかく始めてみることです。テレワークを導入してみることで、今の仕事の問題点も浮き彫りになります。テレワークは、会社の弱い部分から新しい課題を見つけることができるのです。


テレワークデーを続けることで自社に合うワークスタイルを

緊急事態宣言が解除されたからとすぐに従来の働き方に戻すのではなく、新しい働き方を積極的に導入することが重要です。テレワークを成功させている業種のやり方を参考にしてみるのもいいでしょう。


自社に合う働き方改革を導入する方法を模索することが強い組織を作ることになります。


テレワークデーで新しい働き方を社員と共有する

carrier033_02


テレワークデーを作ることからテレワークを本格的に導入することを意識しましょう。2020年は、コロナウイルス対策で生活様式ががらっと変わりました。テレワーク、時差出勤、ソーシャルディスタンスが当たり前になりました。


テレワークが導入しにくい業界や会社の規模によっては、すぐに準備を整えてテレワークを導入するのは難しいと思います。緊急事態宣言が解除されて街中に一気に人が増えたことからも、多くの会社は緊急事態宣言の解除を待って従来の働き方に戻そうと考えていたことがわかります。


緊急事態宣言のときに時差出勤やテレワークを導入した会社は、緊急事態宣言が解除された後も新しい働き方を継続することが重要です。


テレワークデーで社員の意識を高めよう

carrier033_01


テレワークデーを作り、テレワークの意識を高めることは重要です。会社で仕事をする時と違い、テレワークでは会社の設備をすべて使うことができません。わからないことがあっても横にいる先輩に気軽に聞くことができない不便さもあるでしょう。


社員は、会社がテレワークをすると決めてしまえば、仕事をうまくまわす方法を考えます。「当社はテレワークはできない仕事」だと決めつけずに、実務者が仕事について考えるきっかけを作ることが重要です。


テレワークデーは社員が仕事について真剣に考えるきっかけ

会社の規模に関係なく、新しい働き方に前向きな会社は働く社員には魅力的です。社員の安全を考えテレワークを導入した会社に感謝をしている社員もいるでしょう。社員は、自分の安全を考えてくれた会社に貢献しようと考えています。


社員のやる気を導き出すことで成果を上げることができることを考えれば、テレワークを導入することは会社にとってメリットなのです。


テレワークデーを通じて仕事の見える化を徹底する

carrier033_04


テレワークデーを週に1回導入してみましょう。テレワークは休暇ではありません。成果を出すために、まずは自宅でできる仕事と会社でしかできない仕事をわけることが重要です。


全員同じ日にテレワークを導入するのではなく、勤務シフトを組み交代でテレワークを始めましょう。テレワークができる人、できない人を主観で判断するのではなく、全員1回はテレワークをさせてみることが重要です。


テレワークデーで見える社員の本当の実力

テレワークデーを作るメリットは、社員の力量が明確になることです。事前に段取りをしている人は、テレワーク当日の朝から段取りよく仕事をこなしていきます。指示待ち族の人は、仕事がこなければ待機をしているだけになるでしょう。


普段、会社では気づかなかった社員の力量が明確になることで、組織のあり方を考えるきっかけにもなるでしょう。


テレワークデーでテレワークする人しない人を決める

carrier033_05


最初は、平等に全員にテレワークデーを作ることが重要ですが、いつまでも平等にテレワークデーを作る必要はありません。テレワークが向かない人は、案外テレワークをすることにストレスを感じていることもあります。


テレワークの業務終業時に、テレワークの気づきを書いてもらうのも1つです。テレワークができる人はテレワークの日数を増やしていきましょう。


テレワークができない人には、テレワークの代わりに時差出勤や営業マンの直行直帰などの導入を検討してみることで仕事に対するやる気を継続してもらうことが重要です。


テレワークデーを通じて成果にコミットする

carrier033_06


どの会社も、テレワークデーを作りテレワークを導入することは可能です。しかし、多くの会社がテレワークを新しい働き方として本格導入できない理由は、従来の働き方と同じ成果を出すことができていないからです。


テレワークデーは成果にコミットすることを学ぶきっかけ

働き方改革は、成果にコミットした改革です。移動時間の無駄を削減し、ワークバランスを変えることで成果を最大化することを目的としています。


テレワークを本格導入する前に、テレワークデーを作って検証することが重要です。テレワークで成果を出すためには、従来の仕事で簡素化できるものを簡素化していくことから始めましょう。


堅苦しいメールでのやり取りをしていた社員のやり取りをスカイプなどのチャット機能で簡素化してみるのもいいでしょう。データでやり取りができるものを紙で出さずに完結してしまうのも1つです。


テレワークは、新しい働き方の始まりにすぎません。最初のステップで、従来の働き方の多くの無駄に気づくことが重要です。そして、テレワークのデメリットを発見して対策をしておくことで、テレワークで成果を出すために必要な準備を整えていきましょう。




コメント

タイトルとURLをコピーしました