マネジメント能力を発揮する方法

carrier116_01 マネジメント

マネジメント能力は、組織を動かすためには必要な能力です。マネジメント能力のあるリーダーがいるかどうかで、組織が強くなれるかが決まると言っても過言ではありません。リーダーを目指す人が高めておきたいマネジメント能力について学びましょう。


マネジメント能力を高めるコツは、ぶれないゴール設定の共有と戦略をわかりやすく説明することが重要です。マネジメント能力は管理する能力と言われていますが、管理の正しい意味を理解をすることでマネジメント能力を発揮できるリーダーを目指しましょう。


マネジメント能力とは管理能力

carrier116_02


マネジメント能力を一言で言えば管理能力です。


昇進には、マネジメント能力を重視する会社もあれば、実務能力を重視する会社もあります。ある程度の人数がいる会社では、マネジメント能力が全くない一匹狼ではマネージャーに昇進することは難しいと考えておきましょう。


マネジメント能力は社員が同じ方向に向かうための管理能力

組織は大きくなればなるほど、マネジメント能力が必要になります。会社を興した頃は、創業者の想いが伝わっていたものも、人数が増えてくれば浸透させるのは難しくなってきます。中小企業と大企業との違いの1つは、マネジメント能力のある人材がいるかどうかの差でもあるのです。


マネジメント能力は管理能力ですが、管理をする能力とそのまま受け取るのではなく、本質を知ることが大切です。なぜ社員を管理する能力が必要なのかを知ることで、正しいマネジメント能力を発揮することができます。


マネジメント能力はゴールが見えているかどうかで決まる

マネジメント能力を発揮するためには、あなた自身が会社の向かう方向性を理解することが重要です。時代の流れは年々早まっています。


3年先を見据える活動をすることも難しい時代とも言えるでしょう。先を見据えることが難しい時代になればなるほど、主軸がぶれないマネジメント能力が求められる時代になります。


1年先、3年先、5年先、10年先を見据えることができるようになるのは、会社が向かう方向にぶれがないことが重要です。優秀なリーダーは、100年先を見据えたゴール設定ができていると言います。


100年先までは難しくても、10年先を考えて行動することを意識するだけでもマネジメント能力の効果は大きなものになります。


マネジメントには見守ることが必要?!

carrier116_03


マネジメント能力と言えば管理能力」と、マネジメント能力のさわりだけを理解したマネージャーは部下の行動を管理することに執着してしまいがちです。


マネジメント能力が効果を発揮するのは、部下が進む方向性を理解して、細かく指示を出さなくても同じゴールに向かって進むことができるようになったときです。


マネジメント能力を発揮するにはゴールの共有をしよう

マネジメント能力を発揮するには、ゴールの共有をしておくことが重要です。


ゴールが見えない状態では、部下も自分なりのやり方で手探りで進むことになります。部下が迷ってしまう状態は、リーダーがマネジメント能力を発揮できていない状態です。


まずは、部下が迷いなく成果を出すための行動ができるようにゴールを共有しておきましょう。


マネジメント能力は新しい事業を始めるときに発揮する

不景気のときは、新しい事業が生まれるときでもあります。新しい事業を始めるときは、特に注意が必要です。


新しい事業を始めるときは、売上や利益のバランスが変わるときでもあります。


例えば、工業系の仕事が主軸の会社が、スマートフォン関連の事業を始めて売上や利益のバランスが変わった会社も多くあります。新しい事業で大きな利益が見込まれるときは、主軸がぶれてしまうと足場が崩れてしまうので注意をしましょう。


普段はゴールが見えている会社でも、新しい事業を始めるときに迷走していることはよくあります。ゴールを明確にし主軸がぶれないようにしておくことを意識しましょう。


新しい事業を始めるときも、会社のゴール設定がしっかりしていれば主軸がぶれることなく進むことができます。


マネジメント能力を高める方法

carrier116_04


マネジメント能力を高める方法は、ゴール設定とゴールに向かう戦略はリーダーが行い、具体的な戦術は部下に任せることです。


1から10まで、部下の行動を管理しているようではマネジメント能力を発揮できているとは言えません。管理職になれば、プレイングマネージャーからマネージャーを目指すことになります。プレイングマネージャーからマネージャーになるには、自分一人ですべて実務をしないことから始まります。


マネジメント能力がないから優秀な部下が育たない?!

マネジメント能力がないリーダーほど、優秀な部下がいないと嘆いています。優秀な部下が育つかどうかはリーダーにかかっています。もし、あなたが優秀な部下がいないと嘆いているのであればリーダー失格だと思ってください。


優れたリーダーは、ゴール設定をし戦略を示したら部下が戦術を立てゴールに向かう姿を見守るものです。部下の進む方向がずれてきたときに、ゴールを共有し、再び戦略を共有します。


部下が失敗したときこそマネジメント能力を発揮すること

マネジメント能力があるリーダーかどうかは部下が失敗をしたときにわかります。部下の失敗が想定外だったと思うから、部下を責めることになります。成長の過程で失敗はつきものです。部下が失敗することも想定内にしておくことが重要です。


部下の失敗を想定内にしておいて、部下が成長できるよう仕事を任せていくことを意識しましょう。マネジメント能力は、リーダー自身が数をこなさないと身につかないものです。部下には挑戦させてリーダーは挑戦しないのでは、マネジメント能力を発揮することは難しくなるでしょう。


マネジメント能力を高めるために、常に挑戦することを意識して真のリーダーを目指しましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました