コロナの影響で転職を成功させやすい業種とは?!

carrier118_1 転職

コロナの影響で、転職の市場が変化しています。今まで人手不足による転職希望者優位の売り手一色だった市場も一気に冷え込みました。企業もコロナ拡大を理由に契約社員の契約打ち切り、内定取り消しなども増えているのが現状です。


では、転職市場は売り手市場から一転、買い手市場に変化してしまったのでしょうか。結論から言えば、まだまだ業種、業界によっては転職希望者に有利な売り手市場が続きます。ただし、業種、業界によってはというところがポイントです。


長期的には、人手不足が解消したわけではありません。業種、業界によっては、人手不足は続いています。企業は対策を打っていないわけではなく、ロボットの導入なども含め、人手不足対策を始めています。


これからの時代に求められる仕事を見つけることが転職の近道です。もともと、変化が始まっていた転職市場がコロナの影響で変化を早めたと考えておきましょう。コロナウイルスの感染拡大がなかったとしても、遅かれ早かれ同じ流れになっていたのは、働き方改革の内容からもわかります。


【コロナの影響】人手不足解消の自動化に拍車がかかる可能性

carrier118_2


コロナの影響で転職市場に大きな影響を与えるのは、三密という言葉です。三密を避けソーシャルディスタンスを確保するためには人を減らすことが重要になります。三密を避けることを目指せば目指すだけ、自動化の進んでいない生産工場で働く人への影響は大きくなると考えておく必要があります。


生産ラインに人を配置していた企業も、今後は自動化を進める方向で進むことになります。もともと深刻な人手不足に悩まされていた会社ほど、コロナの影響で自動化を進めて人手不足の解消を考えるきっかけになるでしょう。


【コロナの影響で促進される】転職市場は二極化


コロナの影響で、転職市場の二極化が進むと考えられます。


新卒採用ほどではないとはいえ、転職市場も人気企業、人気のある業種、業界に応募が集中しています。そのため、多くの人が希望する業種や業界では買い手市場が進み、転職希望者の少ない業種や業界では売り手市場が継続します。


コロナの影響で転職市場が一時的に買い手市場になったとはいえ、将来的な人口減少から業種、業界によっては売り手市場が続くと考えられます。売り手市場は、募集枠に対し転職希望者が少ない状態です。


とにかく働きたいという人であれば、仕事を選ばず人手不足の業種や業界を狙えば転職を成功させることができるでしょう。


【コロナの影響で見えた】技術者不足

carrier118_4


コロナの影響で、今後自動化が促進されていくと想定した場合、日本ではハード(機械やロボット)に対し、ソフト(エンジニア)が不足している問題に直面しています。


ハードがいくら優秀でも、ソフト面が追いついていない現状を打破しないと省人化や少人化を進めることができません。いい機械やロボットを導入しても、人に変わるだけの性能を発揮することができないからです。


コロナで変わる転職市場で狙い目は?!

コロナの影響で転職市場は不安定になっています。転職を成功させるには将来を予測して、人手不足が続く業種や業界にキャリアチェンジを狙うのであれば今がチャンスです。


もちろん狙い目は、ソフト面にかかわるエンジニアの仕事です。文系出身者や営業出身者などは、システムというと毛嫌いする人も多いですが、実際文系出身者でもシステムエンジニアにキャリアチェンジを成功させている人は増えています。


エンジニアと一言で言っても、仕事の種類はたくさんあります。文系出身者でも比較的キャリアチェンジしやすい業界に絞って効率的に学ぶことでキャリアチェンジを狙ってみましょう。


ITCE AcademyはITエンジニアの内定獲得率100%

本気でITエンジニアを目指すなら、1か月真剣に頑張ってみませんか?

ITCE Academyは、就職支援型のITスクールです。詳しくは公式サイトを確認してみましょう。参加申し込みボタンから公式サイトを確認することができます。


ITCE ACADEMY


コメント

タイトルとURLをコピーしました