ボーナスの査定期間に評価されるポイントを知ろう

carrier125_01 ビジネスの基本

ボーナスは、成果給と言われています。年2回のボーナス支給なら査定期間は半年間です。ボーナスの時期になると、どこの平均値かわからないボーナス平均値が発表されることもあり、自分の働いている会社のボーナスは多いのか少ないのか気になる人も多いでしょう。ボーナスが危ぶまれている時代だからこそ、少しでもたくさんボーナスをもらえるよう対策しておきましょう。


ボーナスの査定期間を知りボーナスをたくさんもらおう

  • 年2回のボーナス(賞与)支給なら査定期間は半年
  • ボーナスは成果給
  • 長期で攻略する大きな成果と査定期間に目標を達成する短期の成果を攻略する
  • 救済措置として態度情意評価がある
  • 個人の成果だけでなく組織運営に協力する


ボーナスの査定期間を知っておこう

carrier125_02


ボーナスには査定期間があります。ボーナスとは賞与のことです。会社によっても違いますが、年2回の賞与を支給する場合は、1回のボーナスの査定期間は半年間です。査定期間は、会社によって多少違うので、わからない人は確認しておきましょう。


12月にボーナスが支給される場合、査定期間は、5月~11月、あるいは6月~12月になります。12月に支給される場合は、直属の上司(労務管理者)による一次査定、上層部による二次査定など、査定は11月には行われると思ってください。


ボーナスは半年間の成果を評価するものですが、まれに中堅以上の社員がボーナス支給前に慌てて仕事をしているフリをすることがあります。普段仕事をしていない人ほど、ボーナスを意識しすぎるのかもしれません。しかし、その場しのぎの中堅社員の対応を真似してはいけません。実際、査定期間中や査定後に仕事をしているパフォーマンスをしても逆効果になるので注意が必要です。


常日頃から仕事をしていれば、査定前に慌てる必要もありません。目標管理シートで査定をする場合も、目標管理シートを見る前に、普段の仕事の運びや成果から、相対評価部分の査定は出来上がっていることが多いのです。ボーナスをたくさんもらうコツは、普段から仕事をすることです。結局は当たり前のことを継続できているかが重要だと考えておきましょう。


ボーナスは査定期間に活躍したかどうかが重要

carrier125_03


ボーナス査定期間は半年間なので、ボーナス支給前だけ成果を出せばいいというものではありません。それでも、ボーナス支給前に大きく成果を落とすようなことは避けましょう。査定をする人の裁量にもよりますが、基本的には半年間、成果を出すための努力を継続していたかも含めて査定をすると考えておきましょう。


半年間で成果を出すコツは、査定期間が始まるまでの半年間にどれだけ準備ができていたかです。仕事にはすぐに成果が出るものと、すぐには成果が出にくいものがあります。すぐに成果が出ることだけしていても、長期的に成果を継続させることが難しいと考えましょう。逆に長期的に成果を出すためのことだけをしていても、ボーナスの査定期間に成果を出せる保証はありません。


常にボーナスの評価が高い人は、成果を出すポイントを押さえています。ボーナスをたくさんもらうには、長期で大きな成果を狙う仕事の種まきをしながら、査定期間内で成果を出す短期の仕事にも取り組むことを意識しましょう。仕事の時間配分を考え、成果を最大化するために何をしたらいいのかを理解した上で行動する習慣をつけておくとよいでしょう。


ボーナスは査定期間の成果だけではなく組織運営協力したかが重要

carrier125_04


ボーナスは査定期間の成果を評価する成果給です。それでも、営業部なら、どれだけ努力をしても営業成績に反映されず苦しい結果のときもあるでしょう。そんなときでも、諦めて腐らないことが重要です。ボーナスの査定は、成果給と言いながらも勤務態度などの評価ポイントがあることも多く、仕事の姿勢を評価してバランスを取る仕組みになっています。


例えば、他の営業のフォローにまわる、会社をよくするための改革に協力する、など、自分の成果に直接関係のないことでも、組織にいい影響を与える積極的な行動を加点して、成果が悪い人でも救済されることがあるのです。


もちろん、成果を出す努力はしなければいけませんが、会社として成果を出すためには、個人の成果よりも組織として、チームとして成果を出すことを重視します。個人の成果の寄せ集めでは、成果を最大化することはできません。強い組織は、個人の成果を最大化するためのチームワークを重視します。


つまり、組織として成果を出すことに貢献したかもボーナスの査定に反映されているのです。組織運営協力をすることで加点されることもあり、逆に成果を出していても組織運営に非協力的な自己中心的な人は減点されることもあると知っておきましょう。成果が出ないと焦って、組織運営に協力せず個人プレーに走ってしまうことで評価をさらに下げることになりかねませんので注意しましょう。


ボーナスは査定期間の成果とどれぐらい会社に貢献したかで決まる


ボーナス査定期間にどれだけ成果を出したかで決まります。しかし、個人の成果だけが評価基準ではありません。チームとして成果を出すことにどれだけ貢献したか、積極的に組織改善や改革に参加していたかなど、勤務態度も評価されていると覚えておきましょう。


ボーナスは昇給にも影響する?!

年に数回支給されるボーナスの査定内容は、翌年の昇給の査定にも影響するので注意が必要です。毎年の昇給は能力給と言われています。成果を出しているかだけでなく、スキルを評価するのが昇給です。とはいっても、会社は貢献度の高い社員に給与を支払うものです。成果給(ボーナス)の評価がすごく悪いのに、能力給(昇給)の評価が高くなることは考えにくいのです。


ボーナスの査定期間攻略のまとめ

  • 年2回のボーナス(賞与)支給なら査定期間は半年
  • ボーナスは成果給
  • 長期で攻略する大きな成果と査定期間に目標を達成する短期の成果を攻略する
  • 救済措置として態度情意評価がある
  • 個人の成果だけでなく組織運営に協力する


コメント

タイトルとURLをコピーしました