マネジメント力とは

carrier125_3 マネジメント

マネジメント力とはなんでしょうか。マネジメント力はリーダーの必須能力です。マネジメント力があるかないかで、リーダーはチームとしての成果を出すことができるか決まると言っても過言ではありません。


管理職の中には、部下の行動管理をできることがマネジメント力だと誤解している人がいます。もちろん、優れたリーダーも部下の行動を見ています。部下の行動を管理するリーダーが部下を監視するのに対し、優れたリーダーは、部下を見守り正しい方向に導くという感覚です。


マネジメント力を学ばなくてもリーダーとして成果を出すことは可能です。しかし、マネジメント力を身につけておくことで、より大きな成果を出すことができるようになります。そして、マネジメント力が発揮されているチームは、チームとして成果を最大化しやすくなります。


あなたも優れたリーダーになるために、マネジメント力を身につけておきましょう。


マネジメント力とはチームの成果を最大化するための力

  • 時間管理ができること
  • ゴールのイメージを持つこと
  • 適材適所の配置ができること


マネジメント力を身につけるためには、自己管理ができることが重要です。自分を律することなく、誰かを律することはできません。まずは、時間管理を含めた自己管理の徹底をしながら、自分自身を管理することで、マネジメントの基本を学んでいきましょう。


マネジメント力とは時間管理ができること

carrier125_1


マネジメント力を身につけ『教える』などとおごり高ぶってはいけません。『教える』という上からの姿勢ではマネジメントはうまくいきません。マネジメント力の基礎は、自己管理の中で学ぶのが最適です。あなたがリーダーになる前にいかに自己管理ができていたかが、リーダーになった後の活躍を決めるのです。


自己管理の中でも『時間管理』は特に重要です。お金には執着するのに5分を大切にできない人が多いですが、時間管理ができてこそ、マネジメント力の基礎を学べたと思うようにしましょう。時間管理にはいろいろなやり方やコツがあります。あれもこれも試す必要はありません。一度決めたら手法をコロコロ変えるのではなく、まずは、同じ管理方法で1年間実践してみましょう。


マネジメント力とはゴールのイメージを持つことができること

carrier125_2


マネジメント力を発揮するためには、チームでゴールを共有することが重要です。


いくら優秀な人を集めても、チームとしてのまとまりがなければ個人商店の集まりです。より大きな成果を出すために、リーダーはチームとして成果を出すためにマネジメントを行います。マネジメント力のあるリーダーのいるチームは強いチームです。努力という根性論だけではリーダーとして成果を出し続けることはできません。


優れたリーダーになるためには、努力ではなく知性を持ったリーダーを目指すことが重要です。


マネジメント力とは適材適所で配置すること

carrier125_3


マネジメント力とは相手の能力を見極め適材適所に配置することができることです。


適材適所に人を配置するためには全体を見渡す力が必要です。全体を見渡すことができない間は、マネジメントができないプレイングマネージャー止まりだと知っておきましょう。プレイングマネージャーは、最も忙しい立場です。たとえ管理職であったとしても、プレイングマネージャーの間は、管理職見習いであると考えましょう。管理職になったら、プレイングマネージャーからマネジメント力を活かすマネージャーを目指すことを意識しましょう。


マネジメント力とはチームの総合力を最大化すること

carrier119_4


マネジメント力とは』のまとめです。


マネジメント力とは、チームとしての力を最大化することです。マネジメント力の3つのポイントを紹介しましたが、どれも、チームとしての力を最大化するためには必要な能力です。そして、3つのポイ
ントを押さえておくことで、チームの総合力を最大化し、成果を出し続けるチームを作りましょう。


マネジメント力を発揮する3つのポイント

  • 時間管理ができること
  • ゴールのイメージを持つこと
  • 適材適所の配置ができること


マネジメント力を発揮するメリット

マネジメント力とは、チームの成果を最大化する能力です。マネジメントができるようになると、チームは同じ方向に向かいます。チームで動くことは、個人のときよりも成果を大きくすることができるようになります。マネジメント力を発揮して、チームのメンバーを同じ方向に向かわせることで成果にテコの原理を働かせやすくするメリットがあります。


優れたリーダーは一人ですべてを決めますが、すべて自分で行うことはありません。むしろ自分より優秀な人を集めることを選びます。時間配分も自分の成果にだけスポットを当てている間は、リーダーにはなれません。視点を高く持つことを意識しましょう。視点を高く持つことで全体を見渡すことができるようになります。


目の前の結果に自己陶酔するのではなく、長期的に成果を出し続けるための行動をすることで優れたリーダーを目指しましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました