お金を生む時間の使い方5つのポイント

carrier127_1 マネジメント

お金を生む時間使い方を知っていると、仕事もプライベートも充実します。忙しいビジネスパーソンは、考える余裕もなく、時間に追われる日々が当たり前になっています。それでは、いつまでもお金を生む時間の使い方ができません。忙しいときにこそ時間管理をする意識をもっておくことが重要です。


今回は、時間に対する習慣を変えることで、あなたの時間の価値を高めるコツを学びましょう。


お金を生む時間の使い方は5つのコツ

  • 時間をお金以上に大切にする
  • 5分を無駄にしない
  • 朝の時間を有効に使う
  • 追われるより前倒しする
  • 学びや行動を楽しむ


時間をお金以上に大切にする

carrier127_2


お金を生む時間の使い方のコツは、時間をお金以上に重要なものだと位置づけることです。


多くの人は、お金に関しては意識を高くもっています。例えば、サラリーマンに多いお小遣い制。お小遣い制のサラリーマンは涙ぐましい努力をしています。昼食代の節約だけでなく、着るものや生活スタイルも節約する習慣が身についているでしょう。


もちろん、目先のお金を生み出す一番簡単な方法は節約です。でも、そんな涙ぐましい努力をしているサラリーマンが、営業車で昼寝をしているのを見かけることがあります。仮眠をとることで脳を活性化するという言葉が返ってくるかもしれません。もちろん、仮眠を否定しているわけではありません。ただ、あなたが営業車で昼寝をしている姿を客観的に見て、お金を生み出しているように見えるかということが重要です。


節約を否定するつもりもありません。ただし、今の生活を変えたければ、時間の使い方を変えることが重要です。時間管理は、今の成果ではなく未来の成果を変えるものです。節約は今すぐ結果を出すことができる変化です。節約は自分を律することと同じです。時間管理は自分を律し高める行動です。


あなたの行動(時間)に価格をつける

財布からお金を出すときに、「それが必要か」、「値段が妥当か」を考えると思います。時間を使うときにも、ぜひ考えてみてください。あなたにとって価値のある時間の使い方かを考える習慣をつけることが大切です。


5分を無駄にしない

carrier127_3


お金を生み出す時間の使い方を具体的に考えていきましょう。時間の目安は5分です。5分あれば何ができるか考えてみましょう。5分を有効活用ができれば、あなたはお金を生む時間の使い方ができる人と言えるでしょう。


隙間時間を有効に使うコツは、実務から離れることです。隙間時間はアウトプットの時間に使うことをおすすめします。


5分は、何もしていなければ長い時間です。5分の感覚を知るために時計を用意して、何もせず時間だけを見て5分を過ごしてみましょう。5分の感覚を覚えるまでは、週に1回は何も考えず時計を見て5分間を過ごしましょう。


5分の感覚が掴めたら、5分間、ひとつのテーマについて考える習慣を作りましょう。内容はなんでもいいですが、必ず1つのことだけを5分間使って考えることがポイントです。3年後のあなたのあるべき姿を考えるのもいいでしょう。現状の悩みがあるなら悩みを解決する方法を考えるのも一つです。


忙しいビジネスパーソンは、普段考える習慣がなくなっています。目の前の仕事を処理することに追われていて、何かについてゆっくり考えることはありません。


スケジュールに隙間を作る

時間の使い方のコツは、遊びの部分を作ることです。スケジュールをギチギチに詰めてしまわないで、少しだけ時間のゆとりを持つ意識を持ちましょう。お金を生む時間の使い方のコツは、考え続けることにあります。わからなかったら検索する、聞くという習慣は大事です。ただ、あなたの人生はあなたが決めるものです。あなたの進む道を自ら考えず答えを教えてもらおうとしてはいけません。ぜひ、隙間時間の5分に考える習慣を身につけましょう。


朝の時間を有効に使う

carrier127_4


お金を生む時間の使い方は、朝の時間の有効活用です。仕事に行く前の朝活をすすめているわけではなく、午前中にする仕事内容の見直しをすすめています。朝席についてから、今日の仕事は何だったか考えているようでは、時間の有効活用はできていません。


朝の時間を有効に使うためには、前日の準備が重要です。前日に仕事の段取りをしてから業務を終了する習慣をつけましょう。


集中力が切れる時間にルーチンワークをする

朝の時間を有効に使うコツは、集中しなくてもできる流す仕事(ルーチンワーク)を午前にしないことです。午前にはできるだけ重要で優先順位の高い仕事をする意識を持ちましょう。


追われるより前倒しする

carrier127_5


お金を生む時間の使い方のコツは、時間に追われないようにすることです。あなたの時間を誰かにコントロールさせてはいけません。あなたの時間をどう使うかは自分で決めることが重要です。


時間に追われないようにするポイントは、いい人をやめることです。いい人をやめるのは難しいことです。どうしてもまわりの目が気になり、頼まれたら断れない人もいるでしょう。もちろん、あなたの人生なので、断ることを強要するつもりはありません。断らないことで表面上はコミュニケーションも円滑で、平穏な人生が待っているかもしれません。


でも、もしあなたがお金を生む時間の使い方を学びたいのであれば、自分のことに使う時間を確保するための努力が必要です。あなたが仕事の安請け合いをしていて、キャパオーバーになり仕事で大きなミスをしたときのことを考えてみましょう。あなたはよかれと思って仕事を安請け合いしていたのに、結果会社には損害を与えることになります。


成果を最大化するためには、一人ですべてできると思わないことが重要です。まずは、あなたのキャパシティを知り、どこまでの仕事なら余裕をもってこなすことができるのかを知っておきましょう。自分のキャパシティを知ることで、自分のキャパシティを大きくすることもできるようになります。現状把握をして、あなたが成果を出すための計画を立てましょう。


タイムスケジュールは自分で決める

時間の使い方ひとつで、成果は大きく変わります。仕事の全体像を見て、どの時間に何をするかを考えることが重要です。どうすれば、同じ時間を過ごして成果を最大化できるかを常に考えましょう。


学びや行動を楽しむ

carrier127_6


お金を生む時間使い方で最も重要なのは、使う時間を楽しむことです。同じ時間を使うなら、しかめっ面をするのではなく、笑顔で行動する意識を持ちましょう。


学びなら、「やらないといけない」と力むのではなく、「やってみたらどうなるだろう」と肩の力を抜いて行動することが重要です。


仕事で苦手な相手と商談するときほど、「この人苦手だな」と力まないよう注意しましょう。あなたが「苦手」だと思って逃げ腰で相手に接すれば、相手も構えて応対します。あなたが前のめりで話をすれば、相手も前のめりになって話を聞くでしょう。相手はあなたを映す鏡です。


あなたが過ごす時間が価値のあるものになるかは、あなたが過ごす時間をどれだけ楽しむことができたかどうかです。


まとめ

carrier037_06


お金を生む時間使い方のまとめをしておきます。お金を生む時間の使い方の5つのポイントを押さえ、時間を有効活用しましょう。結果は後からついてきます。しっかりと時間の価値を理解して、行動を変えることが重要です。


学びのコツは、学んだことを忠実に再現することから始まります。最初は部分的に再現するのではなく、すべて忠実に行動を再現することが重要です。自分の耳の痛いことを「これは自分には合わない」と考えて、中途半端な再現をするとなかなか結果がついてきません。守破離の意識を持ちましょう。まずは、忠実に再現をして、そこから何を学ぶことができるかです。


価値のある時間を生み出す5つのコツ

  • 時間の大切さを理解する
  • 隙間時間は考える時間に使う
  • 時間配分を意識する
  • 仕事への姿勢を変える
  • 楽しむ


コメント

タイトルとURLをコピーしました