営業マンは時間管理でマネジメントの基本を学べ

carrier128_01 営業

営業マン時間管理は成果(営業成績)に直結します。仕事は、成果に直結するものだけではありません。営業マンの場合は、営業成績が定量目標です。営業成績を上げるための時間をどれだけ確保できるかを意識しておくことが重要です。


資料作りを期限ぎりぎりまで放置して、重要な朝の時間にあわてて会議資料を作っている営業マンでは成果を上げることはできません。成果を上げるための時間管理は、仕事の時間配分にかかっています。いつ、何をすれば成果を最大化できるのかを常に考える習慣をつけましょう。


今回は、成果の出やすい午前にいい仕事をするための7つのコツをご紹介します。営業マンはもちろん、成果を上げたいビジネスパーソンは7つのコツを知っておくことで、時間を有効活用するヒントを掴むことができます。


営業マンの時間管理は午前の時間を有効に使うこと

  • 週末には翌週のスケジュールを立てる
  • 週に1日の空きを作っておく
  • 前日に翌朝の仕事の段取りをしておく
  • メールをチェックする時間を決めておく
  • 重要な仕事を午前中に集中させる
  • 午後のダレる時間にルーチンワークを行う
  • ダラダラ残業しない


営業マンが自らの行動を時間管理することで、営業成績を上げやすくすることができます。自らの行動を管理することは、マネジメントの基本を学ぶことにもなりますので、昇進のための学びもかねていると考えると前向きに時間管理を実行できるでしょう。


週末には翌週のスケジュールを立てる

carrier128_07


当日になって何をするか考えていては、営業マンはいい仕事ができません。優秀な営業マンは、1ヶ月先まで予定が詰まっています。そこまでは難しくても金曜日には翌週1週間の予定を決めておくことを意識しましょう。


仕事は受け身でしている間は伸びません。自分のスケジュールを自分で管理できるようになることが重要です。まずは、前日には翌日の予定を決める習慣をつけます。なれてくれば、1週間先までの予定を決める習慣を作りましょう。気づけば、1ヶ月先ぐらいまでは普通にスケジュールを管理できるようになります。


1週間のスケジュールを立てるためのコツ

  • 絶対外せない予定を先に入れる
  • スケジュールの隙間に急ぎではない重要度の高い仕事を入れる
  • 仮でいいので1週間の予定を入れてみる


週に1日の空きを作っておく


週に1日だけは予定を空けておくことを意識しましょう。何もなければルーチンワークに充てるのもいいでしょう。仕事はスケジュールを100パーセント埋めるのではなく、80パーセントうめる意識を持つことが重要です。残りの20パーセントは、突発的なトラブルへの対処、新しい仕事、たまっているルーチンワークの処理に充てましょう。


時間に追われるのではなく、自分のコントロール下で時間を仕事に配分していく感覚が重要です。無理に予定を限界まで入れてしまうと、突発的なことに対処することができません。もちろん、クレームなどの悪い話ばかりではなく、大きなチャンスに対応できない可能性もあると考えましょう。チャンスは、チャンスを受け取る準備ができていないと受け取れないのです。時間に余裕をもったスケジュール管理を意識しましょう。


週に1日のスケジュールを空けるコツ

  • 毎週決まった曜日を予備日に充てる
  • 休み前の金曜日を予備日候補にする
  • 予備日はサボる日ではなく仕事の種類が変わる日


前日に翌朝の仕事の段取りをしておく

carrier128_08


朝出社して、当日する仕事の準備をしていては、仕事のスタートが遅れます。仕事のスタートが遅れれば、仕事の終わりも遅れます。仕事は前倒しで完了していくものなので、スタートが遅れるのを避けることが重要です。


1日のスケジュールを立てるときに、仕事を終わる時間の30分前には翌日の準備を始めましょう。今日できる仕事を明日に延ばすことを推奨しているわけではないので、正しい理解をお願いします。翌日の朝から活動できるように準備をしてから業務を終了する意識を持つことが重要です。


前日に翌日の段取りをするコツ

  • 翌日の準備にかかる時間を逆算して業務をすすめる
  • 朝一番から外に出ても問題がないよう段取りをする
  • 業務を引き継ぐ場合は説明しなくてもわかるようにしておく


メールをチェックする時間を決めておく

carrier128_06


現代人が忙しい理由のひとつがメールです。メールは相手の状況に関係なく送信することができるため、朝出社してパソコンを開けたら大量にメールを受信する人も多いでしょう。


もちろん、メールを無視するわけにはいきませんが、メールをしていたら半日経っていたでは仕事をしているとは言えません。メールがくるたびに対応していては、いつまでもメール対応が終わらないでしょう。


メールの対応をするときのコツは、メール対応をする時間を決めてしまうことです。1時間に1回5分だけメールの時間を作ると決めておくのも1つです。ダラダラメールをチェックすることを避けることで時間を有効活用できるようになります。


メール対応について自分なりのルールを決めましょう。メールを受信する頻度が少ないのであれば、朝と夜に1回必ず確認するなどルールを決めておくことで見落としを防ぐこともできます。


メール処理だけで一日を終わらないコツ

  • メール対応する時間を決める
  • 一度開けたメールは先延ばしにせず対応する
  • フォルダなどをうまく使い見落とし対策をする


重要な仕事を午前中に集中させる

carrier128_05


急ぎの仕事を優先するばかりに重要な仕事を後回しにしていませんか。仕事には優先順位があります。どれだけ急ぎの仕事を処理していても、重要な仕事を失敗してしまっては成果を上げることはできません。


急ぎの仕事は急いでいないときに後回しにすることで急ぎの仕事になっているものもあります。まずは、仕事を先延ばしにしてため込んでいないかを確認しましょう。重要な仕事は労力も使います。集中力が高い午前中に重要な仕事を集中させることで成果につなげることが重要です。


午前中に重要な仕事を入れるコツ

  • 午前に重要なアポイントを取ってしまう
  • 資料作りは午後予定する
  • 朝1番の予定に最も重要な予定を入れる


午後のダレる時間にルーチンワークを行う

carrier128_04


どれだけ優秀な人でも、8時間集中力が続くことはありません。もちろん、趣味で時間も忘れて没頭することはあるかもしれませんが、いくら仕事が好きでも四六時中何時間も集中力が持つ人はいないのです。


午前中に重要な仕事を優先させるのは、このダレる時間までに重要な仕事を完了しておくことでもあります。1日で重要な仕事を完了させておけば、もしダレてきたら、やらなければならないルーチンワークをする時間に充ててみましょう。ダレているときは頭の回転が鈍くなります。考えずに無意識でできるルーチンワーク(単純作業)をすることで頭を休めながらもやるべき仕事を確実に完了していきましょう。


調子が戻ってきたら、きりのいいところでルーチンワークをやめ、価値を生み出す仕事の時間にシフトしましょう。あなたのことはあなたが一番よくわかっています。自分のやる気をうまくコントロールすることが重要です。


仕事ができる人とできない人の差は、やる気があるときではなくやる気がないときの差だと言っても過言ではありません。仕事ができない人はやる気がないときにサボりますが、仕事ができる人はやる気がないときにやる仕事を用意しています。やる気がないときにどんな仕事をするかが重要なのです。


やる気がないときにしておくこと

  • 頭を使わなくてもいいルーチンワーク
  • 学んだことの整理をする
  • 時間はかかるけど重要度の低い仕事を片付けていく


ダラダラ残業しない

carrier128_03


仕事ができる人になるためには、ダラダラ残業するのをやめる必要があります。マネジメントは時間を売る社員では行うことができません。時間ではなく成果を売る社員の集団を形成するには、まずは時間を売る体制をやめなければなりません。


時代の流れで年々残業には厳しい世の中になっています。労務管理者も社員の残業には気をつかわないといけません。本当に忙しくて残業をお願いするならまだしも、残業代が生活給だから仕事をゆっくりして残業をするという社員が増えれば組織は停滞します。


あなたは労務管理者になる前から、残業する習慣をやめておかなければなりません。あなたが上に立ったとき、あなたが上に立つ前の行動を見られることを忘れてはいけません。営業マンのときは残業代ほしさに残業していたのに、自分が上に立ったら残業させない上司と思われないためにも、しっかりと時間管理をしましょう。


残業は仕事が遅いことをごまかし改善しない悪しき習慣でもあります。一切残業できないとなれば、残業が慢性化している人はやり方を変えないと仕事をこなすことはできません。残業ありきの仕事運びをやめることで、常に仕事を前倒ししていくようになります。仕事を前倒しする習慣がつけば、重要な仕事を朝に入れるようになります。


前倒しの仕事運びを習慣にすれば、当たり前にできるようになります。今まで残業をしていた時間をもし学びに費やすことができるなら、10年もしたら誰も追いつくことができないぐらいの差をつけることができると考えましょう。


まとめ

carrier037_06


営業マン時間管理のまとめです。営業マンは、行動を自己管理できるようになることで営業成績を伸ばすだけでなくマネジメントの基本を学ぶことができます。時間を有効活用する7つのコツを意識してみましょう。


時間を分単位で管理する必要はありません。成果を上げるための行動を優先的に入れ、やらなければならない仕事を隙間に埋めていくよう意識してみてください。


時間を有効活用する7つのコツ

  • 週末には翌週のスケジュールを立てる
  • 週に1日の空きを作っておく
  • 前日に翌朝の仕事の段取りをしておく
  • メールをチェックする時間を決めておく
  • 重要な仕事を午前中に集中させる
  • 午後のダレる時間にルーチンワークを行う
  • ダラダラ残業しない


コメント

タイトルとURLをコピーしました