経費のつかい方は節約よりも費用対効果

carrier132_1 ビジネスマインド

経費削減というと経費をつかわないことに注力しがちです。しかし、経費を削減するだけで強い会社が作れるわけではありません。ビジネスパーソンは自分の財布の中のお金は大事にしますが、経費と名を変えた会社のお金になるとたちまち大事にしなくなるのです。


今回は、経費をつかうことのある営業マンに向けた記事になります。経費のつかい方は、品格を問われいます。あなたがビジネスパーソンとして正しい経費の使い方をしているかを確認していきましょう。


経費削減は品格


営業マンが管理職以上を狙うなら経費のつかい方を意識することが重要です。管理職以上になれるかどうかは、自分を律することができるかどうかで決まります。いくら営業成績がよくてもお金のつかい方がだらしない営業マンは、管理職で成功することはできないと考えておきましょう。


お金のつかい方は品格です。管理職は優秀であるか以前に、気品があるかどうかを見られています。人によって表現は違いますが、私はこの品格を毛並みがいいか悪いかで表現しています。お金のつかい方は育ちとも言えます。世間では、貧しかった人が努力して成り上がるサクセスストーリーがもてはやされていますが、お金は稼ぎ方よりもつかい方です。お金をきれいにつかう意識を持ち気品のあるビジネスパーソンを目指すことを意識しましょう。


費用対効果を高める経費のつかい方

  • 経費は公私混同しない
  • 経費をつかうときは部下に見られている意識を持つ
  • 経費の年間予算を正しく配分する


管理職以上になると経費のつかい方を意識することが重要です。ヒト、モノ、カネをどのようにつかうかで成果は変わります。その中でも、経費のつかい方は成果にも直結する対策の1つです。


経費のつかい方を見直すと、無駄を削減するだけでなく成果を上げやすくする効果もあります。経費の話をすると、すぐに「経費削減」をイメージをする人がいますが、経費の話は経費削減だけではありません。毛嫌いせず向き合ってみましょう。


経費は公私混同しない

carrier132_3


経費は公私混同しないことが重要です。当たり前のことを言っているのですが、ビジネスパーソンは役職が上がれば上がるほど経費を公私混同する人が増えるから不思議です。経費を公私混同してしまう理由は、役職が上がれば上がるほど自分が偉くなっていると考えるからです。


給料が割に合わないと考える人ほど経費を公私混同する?!

役職が上がれば上がるほど経費を無駄遣いする理由は、与えられている仕事に対して給料が割に合わないと不満をもっているからです。


年収800万円の課長が経費を公私混同すれば、年間1000万以上の所得がある人と同じ生活水準を体験することができるでしょう。単身赴任の課長が、部下を誘い経費で飲食をすれば自分のお金をつかわずに飲食をすることができます。部下を連れて行くという理由付けをして、普段よりも少し高いお店でおいしい食事とお酒を楽しむ。一緒に飲むのはお客様ではなく部下なので、もちろん気をつかうのは部下です。部下に身銭を切ることなく、気分よくご自身の武勇伝を語るのですからお酒も進むでしょう。


でも、このような経費の使い方をしている課長を見て部下はどう思うでしょうか。食事に付き合わされている上に経費を無駄遣いしている課長と考えるでしょう。あるいは、優秀でない部下なら、自分も同じように課長になったら経費をつかえるようになると考えるかもしれません。どちらにしても会社にとってプラスになる経費の使い方ではありません。


経費を公私混同しないために意識しておくこと

経費をつかうときは、経費を使った後の効果を意識することが重要です。


あなたがだらしない経費の使い方をしていた場合、部下が経費の無駄遣いをしたときに注意をすることができなくなるリスクがあることにも注意が必要です。「赤信号みんなで渡れば怖くない」の状態を作ることが将来の会社にとってマイナスになります。将来会社が傾けば、退職金の減額などあなた自身にもしわ寄せは返ってくるのです。


経費をつかうときは部下に見られている意識を持つ

carrier132_6

経費をつかうときには、お金のつかい方を部下に見られていると考えることが重要です。優秀な部下ほど、上司が優秀かどうかを観察しています。あなたが理想の上司になるか反面教師になるかで、部下の信頼の度合いも変わってくるので注意が必要です。


上司が経費をつかうときに意識をしたいことは、経費が直接的な営業成績に関係するかだけではなく、将来の時間短縮につながるかを意識することです。例えば、社有車を使うときであれば、高速の乗り方ひとつを意識できる人は優秀です。


長距離の移動を伴う場合は、費用が多少上がっても公共交通機関をつかうことも1つです。遠方のお客様の訪問で、公共交通機関をつかうメリットは2つあります。1つは、営業マンが移動中にたまっている事務処理を進めることができること。もう1つは、営業マンは長距離運転をすることが目的ではなく商談することが目的であることです。公共交通機関をつかうことで営業マンが仕事を円滑に進めることができるのであれば、経費をつかう価値があるでしょう。


経費は費用だけでなく効果を意識すること

実際にかかる経費は安いに越したことはありません。経費削減と言えば、多くの社員は経費の金額をつかわないことだけに意識を向けるでしょう。もちろん、社員1人ずつが経費を削減することで、全体で大きな経費削減効果があるので経費削減を意識してもらうことは重要です。


しかし、管理職以上は、費用対効果の意識を持った上で経費削減をすることが重要なのです。経費をつかうのが悪ではなく、効果のないことに無駄に経費を使うことが悪だという視点を持ちましょう。


経費の年間予算を正しく配分する

carrier132_5


経費は売上予算や粗利予算と同じように年間を通じて計画を立てることが重要です。営業職であれば、売上予算や粗利予算があります。粗利が会社の収入で経費は会社の支出です。営業マンが会社に持ち帰ってくる利益を湯水のように経費でつかってしまうことは、営業マンの努力を水の泡にしているのと同じです。


今の時代は特に、多くの営業マンは経費で食事を提供してくれるよりも給料に反映してくれることを求めているでしょう。もちろん、インセンティブの比率が大きい会社でなければ、営業成績がいいときも悪いときも給料をある程度保証しています。


営業マンが成果を上げることができなかったときもある程度の給料を保証しているのですから、成果を上げたときにすぐに給料に反映させるわけにはいきません。成果給であるボーナスに反映させる方法や報奨金を出す方法もありますが、ある程度の給料保証している会社ほど翌年業績が悪くなったときに年収ダウンにつながることもあるためなかなか実行できないのです。


だからといって、時代が変わっているのに従来の慣習を形だけ続けることは経費の無駄遣いでしかありません。経費をつかう立場にある人は一度真剣に経費の有効活用について経営層で議論してみてはいかがでしょうか。


費用対効果を上げる経費のつかい方はアイデア次第

例えば、お酒を飲む社員が少ない会社であれば、いっそのこと新年会や忘年会をお酒なしにしてしまって食事会にすることで同じ予算で普段よりもおいしい食事を社員に提供するなどの工夫をしてみるのはいかがでしょうか。経営層や社歴の長い管理職、一般職の不満が聞こえるかもしれませんが、将来の会社を担う人たちを主役にすることは組織の活性化には重要です。


社内向けにつかう経費の費用対効果を考えるのであれば、上層部が喜ぶ行事ではなく、実務者として貢献してくれている社員を主役にする行事の企画をするだけでも、いい会社になることができるのでぜひ試す会社が増えることを期待しています。


費用対効果を高める経費の使い方(まとめ)

carrier037_06


費用対効果を高める経費の使い方のポイントのまとめです。


費用対効果を高める経費のつかい方

  • 経費は公私混同しない
  • 経費をつかうときは部下に見られている意識を持つ
  • 経費の年間予算を正しく配分する


ビジネスパーソンとして活躍するためには、自分を律することができるかが重要です。経費はビジネスパーソンとしての品格を試されていると考えましょう。経費削減が節約だとしたら、費用対効果を高める経費活用は投資です。正しい経費のつかい方は、成果につながる必要経費を正しくつかうことです。ぜひ、あなたの会社でも経費のつかい方について考えてみてください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました