仕事に疲れたときの3つの対処法

精神的な疲れの原因 コラム

仕事に疲れたと思うことは悪いことではない。仕事に疲れたのは一生懸命取り組んだからだ。仕事は短距離走ではなくマラソンに近い。どれだけ一生懸命取り組んでもゴールに行く途中で燃え尽きてしまっては仕事人生は台無しだ。

今回は、仕事に疲れたときの3つの対処法を学んでみよう。


仕事に疲れたときの対処法

  • 現状把握
  • 自分をほめる
  • ルーティンワークで精神的な疲れの回復を待つ


仕事に疲れたと感じる理由は2つしかない

仕事に疲れた2つの理由


誰でも、仕事に疲れたと感じることはある。もっと言えば、仕事に疲れたと感じていないビジネスパーソンを探す方が難しいかもしれない。物が売れない時代、成果を求める時代、そしてビジネスコミュニケーションが変化していく時代は、ストレスを抱えやすい時代とも言えるのだ。

しかし、時代は変わっても仕事に疲れたと感じる理由は肉体的な疲れか精神的な疲れの2つしかないが、多くのビジネスパーソンは精神的に疲れている


仕事に疲れたと感じる2つの理由

  • 肉体的に疲れている
  • 精神的に疲れている


仕事に疲れた理由1:肉体的に疲れている

仕事に疲れた理由の1つ目は、肉体的に疲れていること。

肉体労働をする人以外は、仕事に疲れた理由で肉体的に疲れることはほとんどない。事務職の社員が仕事に疲れたと言っても、全身筋肉痛になることはないだろう。オフィスで働く人は、むしろ気遣い疲れなど精神的な疲れが大半を占めている。

もちろん、休みなしに朝から晩まで長時間労働を繰り返している場合は肉体的な疲れも出る。長時間労働が続いていれば肉体的にだけではなく精神的にも疲れているだろう。多くの現代人の仕事に疲れたとは肉体的な疲れではなく精神的な疲れなのだ。


仕事に疲れた理由2:精神的に疲れている

現代の仕事で、仕事に疲れたとは精神的な疲れを指している。実際、仕事に疲れたと言っても、翌日全身筋肉痛になるほど肉体的な疲れを感じることはない。営業マンなら、顧客への気遣い、仕入先への気遣いに加え、社内の人間関係への疲れの蓄積だろう。

精神的な疲れは、肉体的な回復だけで解消できるわけではありません。もちろん、睡眠時間をしっかり取ることで精神的にもある程度の回復は期待できる。でも、精神的に疲れている根本の原因を取り除かない限り、精神的な疲れは続くことになる。ひどくなってくると、精神的に追い詰められたような疲れになりかねないので注意が必要だ。精神的な疲れが出たら早い段階で対策をすることが重要になる。


仕事に疲れたと感じる精神的な疲れの原因

精神的な疲れの原因


仕事に疲れたと感じたら、精神的な疲れの原因を調べよう。精神的な疲れは大きくわけて3つある。


精神的な疲れの原因

  • 人間関係
  • 理想とのギャップ
  • キャパオーバーが続いている


仕事に疲れたと感じる人間関係

ビジネスパーソンにとって精神的な疲れのトップは人間関係だ。転職理由の多くは社内の人間関係であることからも、社内で良好な人間関係を構築できるかは重要になる。

上司とうまくいっていない。先輩とうまくいっていない。同僚とうまくいっていない。あるいは、他部署とうまくいっていないこともあるだろう。

人間関係に会社規模や社員数は関係ない。社員が多い会社も少ない会社も同じように人間関係で悩む人が多いのだ。会社では様々な人が働いている。年齢性別、出身地、考え方などに加え、従来以上に趣味・趣向も多様化した現代だからこそ、人間関係はより複雑化しているとも言えるだろう。


仕事に疲れたと感じる理想とのギャップ

理想が高い人は理想と今の自分とのギャップに仕事に疲れたと感じる。理想とのギャップでわかりやすいのは、地位、名誉、お金に関すること。「自分より優秀じゃない人が昇進した」「成果を上げたのに誰も認めてくれない」「頑張ったのに昇給が少ない」などの不満が蓄積されることで精神的な疲れが出るとも言えるだろう。なんとなく会社に不満がある場合は、あなたの不満の原因を紐解いておくことが重要だ。


仕事に疲れたと感じるキャパオーバーが続いているとき

期待に応えようと頑張りすぎる人ほど仕事に疲れたと感じるだろう。よく言えば、一生懸命まじめすぎる人、悪く言えば自意識過剰の人だ。自意識過剰の人とは、承認欲求が強く頑張った自分を認めてほしいと考えている人だ。

キャパオーバーになっている多くの人は自信がなく承認欲求が強いタイプだ。キャパオーバーになっている人は効率的に仕事をするのが苦手。目の前の仕事を完了することよりも周囲を気にしてしまうからだ。強い承認欲求を仕事仲間に求めることは、仕事の成果よりも他者の評価を重視していることと同じだ。

キャパオーバーになっているなら、まずはキャパオーバーになっている状態を解消するために現状把握をしよう。仕事を整理し、仕事完了までにかかる時間を算出することで仕事量を把握すること。仕事の見える化をすすめることで、キャパオーバーになりにくく、仕事に疲れたと感じることも減るだろう。


仕事に疲れたときの対処法


仕事に疲れたと感じることは誰でもある。仕事に疲れたと感じたときは自分の気持ちを受け止めることが重要だ。仕事に疲れたとわかっていながら、「やらなくちゃ」とがむしゃらに努力をしていれば、精神的な疲れが蓄積されていく。ひどくなると心が病んでくることもあるので、まずは仕事に疲れたことをしっかりと受け止め、頑張った自分をほめてあげよう。


仕事はやる気が出ないときにゴールに近づけるかどうか

仕事に疲れたときは100%の力で仕事を続けてはいけない。仕事に疲れたときは、流す仕事を覚えよう。流す仕事とは頭を使わなくていいルーティンワークだ。やる気に満ちているときは成果を意識して考え続けることも重要だけど、仕事に疲れたときに自分を追い込みすぎる必要はない。

仕事は、やる気が出ないときにいかに仕事をこなすことができるかが重要だ。仕事は短距離走ではなくマラソン。仕事で成果を上げ続けるには、常に全速力で走るよりもトータルタイムを縮める方法を探してみよう。

仕事で成果を上げたい人は、仕事に疲れたときの仕事の流し方を覚えよう。最後にもう一度、仕事に疲れたときの対処法を3つ紹介しておくので参考にしてみてほしい。


仕事に疲れたときの対処法

  • 現状把握
  • 自分をほめる
  • ルーティンワークで精神的な疲れの回復を待つ


コメント

タイトルとURLをコピーしました