仕事の夢を叶える7つの手順

夢を叶える 営業

仕事の夢を持つことで成果を上げることができる。今回は、なぜ仕事の夢を持つと成果を上げやすくなるのかを確認していこう。具体例を書いておくので、最後にまとめている仕事の夢を叶える7つの手順とあわせて確認しておこう。


仕事の夢を叶えるためにしておくこと

  • 大きな夢を描く
  • 現状把握をする
  • 数値目標を立てる
  • 目標達成のためのスケジュールを立てる
  • 成果が上がらないときは検証し行動を修正する
  • 成果を上げるための活動が当たり前になるまで継続する


仕事の夢を持つ重要性

夢を叶える


仕事の夢を持っているかどうかは成果に影響する。例えば、クビにならなかったらいいと考える人とトップセーラーになりたい人では意気込みと行動量が違う。仕事の夢を見える化しておくことで夢を叶えやすくなるのだ。


仕事の夢を設定する例

支店長になる(エリアマネージャーになる)


仕事の夢とあなたの現在の位置を知る(現状把握)

現状把握


仕事の夢を設定したら、現状を把握しよう。現状把握とは、仕事の夢をゴールとして今のあなたがどの位置にいるかを確認すること。現状把握のポイントは自身を過大評価も過小評価もせず冷静に分析することです。

自信がない人は自己評価を低くつけがち。でも、自己評価を下げて悲劇のヒロインを演じてみても、現状は何も変わらない。現状把握は正確に現状を知ることが重要だ。現状把握が正確であればあるほど、目標設定や行動計画の精度が上がるのでしっかりと取り組んでみてほしい。


あなたの現状の例

入社3年目の目標:売上目標3億円

入社2年目実績:売上目標2億円、実績1億8,000万円

入社2年累計新規取引顧客数:7社


仕事の夢を持つことで目標が具体的になる

ゴール設定


仕事の夢を持つと夢を叶えるために必要な数値が見えるようになる。売上目標をノルマと考える人は、自らのゴール設定をせずに会社から目標数値を与えられている人だ。ただの数値ではなく達成する目標にするためには、目標数値を理解する必要がある。あなたの夢に叶えるために必要な数値を知っておくことを意識することが大事だ。目標を達成したらあなたにとってどのようないいことがあるのかを考えてみよう。


仕事の目標を立てる例

36歳で支店長になる(36歳でエリアマネージャーになる)ための目標を立てる

28歳で個人年間売上6億円を達成する

28歳で取引顧客数50社を目指す


仕事の夢を持つことでスケジュールが明確になる

タイムスケジュール


仕事の夢と目標設定をすることで、目標達成のためのスケジュールを立てることができるようになる。スケジュールは具体的に決めておくこと。目標達成の道筋をイメージをすることを意識しよう。どうしたらいいかわからないときは、仕事の夢を達成している人を参考にしてみるのもひとつだ。

仕事の夢を叶えるためには、仕事の夢を叶えた自分と現状の自分の位置を知ることが大事だ。あなたの目指すポジションにいる人から、あなたのもっていない能力があればすべて吸収するつもりで学んでいこう。トップセーラーを目指すならトップセーラーから学ぶ。管理職を目指すなら活躍している管理職から学ぶ意識を常に持っておこう。仕事の夢を叶えるためには仕事の夢を叶えている人から学ぶことが重要なのだ。


仕事の夢を叶えるスケジュール例

  • 25歳(入社3年目で支店トップの売上を上げる)年間売上3億円
  • 28歳(全社でトップセーラーになる)年間売上6億円
  • 30歳(管理職に必要なスキルを身につける)リーダーシップとマネジメントを学ぶ
  • 32歳(課を動かす管理職になる)管理職前から管理職の仕事ができる
  • 36歳(支店長になる)


今回は、具体例をわかりやすくするために中長期の目標設定にしているが、慣れるまでは1年おき1か月おきの目標でも問題ない。実際にスケジュールを立てるときには、1つの目標に対して年間、四半期、月間、週間、1日と行動スケジュールを長期目標から短期目標に落とし込むことが重要だ。


仕事の夢を持つことでうまくいかないときに検証する

検証


仕事の夢を叶えるためのスケジュールを進めていくときに、すべて計画通りに進むことはない。もし、最初に立てた計画通りに進む場合は、目標設定が低い可能性もあるので注意しておこう。

計画から遅れが出た場合や行動に対して成果が思うように上がらないときに落ち込む必要はない。最初に立てた行動計画と成果をしっかりと検証して、行動のどこに問題があったかをしっかりと検証しよう。検証した後に、修正の行動計画を立て、再び行動して成果を確認する。成果が上がるまで諦めず、行動して検証して修正して行動するを繰り返すことが重要だ。


検証と修正した行動計画を実行する例

売上目標:年間売上3億円、月間売上2,500万円

売上を達成するために必要な新規顧客数:年間12社、月1社

3月時点の目標:売上7,500万円、新規顧客数:3社

3月時点の結果:売上6,300万円(達成率84%)、新規顧客数:5社


上の結果は、目標に対し売上は未達だが、新規顧客数は目標値をクリアしている。この場合は、最初に設定した目標が間違っている可能性がある。考えられるのは、客単価の設定が間違っているか、あるいは、既存顧客の想定外の落ち込みがあったか。

次の1か月で累計売上目標を達成するためには、2,500万円に追加してマイナス分の1,200万円を足した3,800万円の売上が必要になる。現実的な数値であれば問題はないが、厳しい場合は、3か月で取り返す修正目標を立てるのもひとつだ。

3か月での修正目標にした場合、マイナス分の1,200万円を3か月で割ると月あたり400万円の上乗せが必要になる。4月以降の売上目標を2500万円から2900万円に目標設定を変更して、2900万円の売上達成をするための行動計画を立ててみよう。


目標を達成できなかったときは原因を把握し、達成するために修正していくこと。大前提として、行動計画通りに行動をしないと成果に対して検証ができないので、計画通りに行動することが重要になる。


仕事の夢を持つことで成果が当たり前になる

成果を上げる


仕事の夢を持つと仕事の進め方が具体的になる。基本に忠実に仕事を進めることができれば、長期的に成果を上げることができるようになる。もちろん、仕事を進める中で想定していないラッキーやアンラッキーはつきものだ。なんとなく仕事をしていれば、アンラッキーを理由に言い訳を考える癖がついてしまうだろう。

仕事の夢はあなたのもの。あなたが仕事の夢を叶えるための目標数値と行動計画だ。単発の成果を上げてもすぐに昇進できるわけではないが、成果を上げる習慣をつけておくことで将来昇進する道を拓くことができる。常に、自分の実力より少しだけ背伸びした目標設定をして成果を上げることを当たり前にすることが仕事の夢を叶える近道なのだ。


成果が上がっているときは誰でもうまく仕事を進めています。成果が上がらないときこそ飛躍のチャンスだと考えるようにしましょう。


仕事の夢を持って成果を上げる手順まとめ

まとめ


仕事の夢を持つことで成果を上げる手順のまとめ。


仕事の夢を持って成果を上げる7つの手順

1:大きな夢を描く(ゴール設定)

2:現状把握をする(仕事の夢までの距離を知る)

3:夢を叶えるために必要な数値化をする(目標設定)

4:目標達成の期限を決める(行動計画)

5:行動する(もっとも重要)

6:行動に対しての成果を確認する(計画の実行と検証)

7:修正が必要なら軌道を修正する


手順5~7を成果が上がるまで繰り返し行うことが重要。7つの手順を進めるときに、多くの人は計画を立てることに満足し行動を起こさない。仕事の夢を叶えるには計画通りに行動ができるかがもっとも重要だ。夢、目標数値、行動計画をいつでも見られるようにしておこう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました