在宅勤務5つのメリットとは

在宅勤務のメリット コラム

在宅勤務にはメリットがたくさんある。変化を嫌う人にはデメリットしかない在宅勤務。先輩たちが在宅をしたがらないのは、今の仕事のやり方を変えたくないからだ。

業種や業界によって導入の難易度は違うとはいえ、ビジネスパーソンは在宅勤務が当たり前になることも視野に入れておこう。在宅勤務の一番のメリットは通勤時間がなくなること。忙しいビジネスパーソンにとって自由に使える時間が増えることはありがたい。

在宅勤務のメリットとデメリットを理解して、しっかりと在宅勤務の対策をしよう。


在宅勤務のメリットは今より時間が手に入ること

在宅勤務のメリットは時間が増えること


在宅勤務メリットを5つ紹介する。在宅勤務の一番のメリットは自分の時間が増えること。ビジネスパーソンにとって時間ほど貴重なものはない。自由に使える時間が増えることは、家族と過ごす時間が増えるだけでなく、趣味や学びの時間に充てることもできる。仕事以外で目的をもって学び続けることができるかがキャリアアップには重要だ。


在宅勤務のメリット

  • 仕事の往復時間を有効活用できる
  • 満員電車に乗らなくていい
  • 身だしなみのお金を節約できる
  • 残業ありきの仕事は評価されにくくなる
  • 仕事に集中できる


在宅勤務のメリット1:仕事の往復時間を有効活用できる

在宅勤務のメリット1つめは自分の時間が増えること。職場への往復時間が無くなることのメリットがもっとも大きいメリットと言えるだろう。通勤時間が片道1時間なら往復で2時間の時間を手に入れることができる。1ヵ月20日間の出勤なら40時間もの時間を確保することができるのだ。

時間があればやりたかったことに費やすことができるし、仕事が趣味なら2時間余分に仕事をすることもできる。自由に使える時間が増えることはビジネスパーソンにとってメリットが大きい。

もともと時間の意識が高い人は、都心部にマンションを借りている人もいると思う。在宅勤務が定着すれば、あえて家賃の高い都心部に住む必要もなくなるので、少し郊外に行って広い住居を構えることもできるだろう。あるいは、家賃を節約する選択をするのも1つだ。

ただし、通勤圏外の田舎に引っ越してしまうことには注意が必要だ。在宅勤務がなくなった場合のリスクは考えておくこと。


在宅勤務のメリット2:満員電車に乗らなくていい

在宅勤務のメリット2つめは、満員電車からの解放だ。都心部で働くビジネスパーソンは、毎日満員電車に揺られて通勤している。ひどいときはつま先立ちだ。知らない人と密着しながら電車に揺られるストレスは大きい。

今まで満員電車での通勤が当たり前になっていた人も、いざ満員電車から解放されると再び満員電車に乗る事には抵抗があるだろう。


在宅勤務のメリット3:身だしなみのお金を節約できる

在宅勤務のメリット3つめは仕事に行くだけでかかる費用を節約できること。毎日職場に行くならスーツも何着か用意しないといけないし、靴も何足も持っておかないといけない。あるいはシャツやネクタイもそれなりの数をもっておくことになる。女性なら化粧品にかかる費用もばかにならない。在宅勤務が定着すると仕事に関係する出費が減る

浮いたお金で自宅で仕事がしやすい環境作りをすれば、職場よりもいい環境で働くことも可能になるだろう。


在宅勤務のメリット4:残業ありきの仕事は評価されにくくなる

在宅勤務のメリット4つ目は、残業が当たり前ではなくなること。在宅勤務は上司の感情ではなく数値化されたものを評価する方向に進むので、残業が評価されにくい働き方だ。在宅勤務は時間を売る社員よりも成果を売る社員を評価しやすい勤務体制とも言えるだろう。

在宅勤務は、残業以外にもメリットはある。昔ながらの社風の会社なら、先輩たちの残業に付き合うことや飲み会に連れていかれることもあるだろう。断りにくくて毎回参加していた人も、在宅勤務になることで不要な残業をしなくてよくなることはメリットだろう。


在宅勤務のメリット5:仕事に集中できる

在宅勤務のメリット5つ目は仕事に集中できること。仕事は成果を上げてこそ一流のビジネスパーソンだ。在宅勤務をしてみると思っている以上に仕事がはかどることに気づくだろう。雑談や雑務で時間を取られていた人ほど、同じ仕事をこなすのは楽になる。

もちろん、職場にいるときよりもコミュニケーションに手間がかかることもあるが、トータルで見れば効率的な働き方ができるようになる。あいまいな指示では理解できないため、仕事を頼むときも結論から簡潔に頼むようになるので慣れればミスも起きにくい。

ただし、在宅勤務に慣れていない人が多い職場の場合は、社内のやり取りに手間取るので、社内のやり取りに簡単なルールを設けるなどの対策は必要だ。


在宅勤務のデメリットは評価制度が未完成なこと

在宅勤務デメリット評価制度


在宅勤務はメリットだけでなくデメリットもある。ビジネスパーソンにとって一番のデメリットは、評価の難しさだろう。優秀な上司ならデメリットは少ないが、優秀ではない上司なら正しい評価がされない可能性があるので注意しておこう。目に見えない部下の仕事をどのように評価するかは上司の力量にかかっている。優秀な上司は部下を信頼しているのでポイントを押さえているが、優秀ではない上司ほど細かな管理をしようとする。在宅勤務は顔が見えないだけに、上司の考え方一つで成果は大きく変わってくるだろう。


在宅勤務のメリットを理解して成果を上げる準備をする

ビジネスマインドまとめ


在宅勤務メリットは、自由な時間が増えることだ。時間に追われるビジネスパーソンにとって、自由に使える時間が増えることは大きなメリットになる。在宅勤務のメリットを活かし長期的な成果を上げるなら、増えた時間を有効活用することが重要だ。

増えた時間の一部を学びの時間に充てるなどの自己投資を続けることで、長期的には大きな差をつけることができるだろう。何もすることがない人は、通勤時間分を読書に充てるのもひとつだ。あるいは、運動不足の人は、体を動かすのもいいだろう。心身ともに健康でいれば仕事で成果を上げやすくなる。

もし、在宅勤務が新しい働き方になるなら自宅の環境を整えることも重要だ。プライベート空間を仕事に使う在宅勤務では、メリハリをつけることを意識しよう。仕事に集中するスペースを作ることで、仕事中にサボることやダラダラ残業をすることもなくなる。『在宅勤務の便利グッズ10選』では、在宅勤務の便利アイテムを10個ピックアップしてあるので気になる人は参考にしてみよう。



長時間パソコン作業をするならチェアクッションを使ってみよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました