在宅勤務で体調不良にならないために知っておくこと

在宅勤務で体調不良にならないために知っておくこと コラム

在宅勤務で体調不良になる人がいる。在宅勤務はメリットとデメリットがあるが、新しい働き方のひとつとして在宅勤務が定着することを考えておこう。在宅勤務のデメリットをいかに解消できるかがこれからの時代には重要になる。在宅勤務で体調不良にならないための対策を打っていこう。


かずま<br>アドバイザー
かずま
アドバイザー

今回は、在宅勤務で体調不良にならないための対策の話だよ


在宅勤務で体調不良にならないために

在宅勤務のメリットデメリット


在宅勤務体調不良になる理由は、在宅勤務のメリットが人によってはデメリットになっているから。在宅勤務は、デメリットを解消しメリットをうまく活用することで、従来の働き方以上に成果を上げることができるようになる。変化に抵抗がある人も、ぜひチャレンジする意識をもってみてほしい。

まずは、在宅勤務のメリットを確認してみよう。


在宅勤務のメリット

  • 仕事に集中できる
  • 往復の通勤時間がなくなる
  • 満員電車に乗らなくてよくなる


成果を上げる視点で考えたとき、在宅勤務の一番のメリットは仕事に集中できること。往復の通勤時間や満員電車のストレスから解放されることはメリットばかりが目立っているが、仕事である限り成果にコミットした考え方をすることが重要だ。

では、メリットがデメリットになる場合についても考えてみよう。


在宅勤務のデメリット

  • コミュニケーション不足で効率が悪くなる
  • オンオフの切り替えがうまくできない
  • 運動不足になる


デメリットは、メリットとの対比で書いているので見比べてみてほしい。メリットとデメリットは紙一重だ。同じ状況に置かれていても、メリットに感じる人もいればデメリットに感じる人もいる。デメリットに感じている人も考え方を少し変えれば成果を上げやすくなる。


在宅勤務で体調不良になる理由

在宅勤務で体調不良にならない対策


在宅勤務での体調不良のうち心の不調への対策は必ずしておくこと。社会人生活は長い。人生の大半を社会人として過ごすからこそ、心による体調不良にはしっかりと対策しておくことが重要だ。

先ほどのデメリットの順番で理由をしっかりとみていこう。


在宅勤務のデメリット

  • コミュニケーション不足で効率が悪くなる
  • オンオフの切り替えがうまくできない
  • 運動不足になる


在宅勤務のデメリット1:コミュニケーション不足で効率が悪くなる

在宅勤務のコミュニケーション不足


在宅勤務は仕事に集中できるメリットの裏側には、従来のコミュニケーション方法ではコミュニケーション不足になるデメリットが潜んでいる。


相手の様子がわかりにくい

出社しているときなら相手の様子がわかるため、仕事のキャッチボールにも配慮がしやすい。在宅勤務をしているときは職場の様子がわからないまま仕事のキャッチボールをすることで人間関係がぎくしゃくするきっかけにもなる。


孤独感がある

在宅勤務は自宅で一人で仕事をしているので、職場で働く人たちとの距離を感じることがある。職場の状況を肌で感じることができないため、社内の誰からも連絡がないときなどは不安になることもあるだろう。


伝達不足によるミスが増える

職場で仕事をしているときに阿吽の呼吸で仕事をする人ほど在宅勤務ではミスを誘発しやすい。目の前に相手がいるとその場で確認できることも、確認不足や行き違いがミスを誘発してしまう。


在宅勤務のデメリット2:オンオフの切り替えがうまくできない

在宅勤務オンオフ切替


通勤の往復時間がなくなるメリットの裏側には、オンオフの切り替えが難しくなるデメリットが潜んでいる。


ダラダラと遅くまで仕事をしてしまう

在宅勤務は、まじめな人や自分に自信がない人ほど就業時間が終わってもダラダラと残業してしまいがちなので注意しておこう。時間ごとにアラームを鳴らすなどの対策をすることで、時間に対する意識を高めよう。


仕事をするスペースが必要になる

在宅勤務が当たり前になると、仕事に集中できるスペースを作ることは重要だ。ダイニングテーブルやソファなどの生活空間と仕事のスペースをきっちり分離することでオンオフの切り替えがしやすくなるので、在宅勤務が続く場合はきっちりと仕事のスペースとわけるようにしよう。



在宅勤務のデメリット3:運動不足になる

在宅勤務による運動不足


在宅勤務は満員電車に乗らなくていいメリットの裏側には運動不足になるデメリットが潜んでいる。満員電車に揺られ職場に向かう大変さからの解放に喜んだのもつかの間、運動不足で肥満になったという人も増えている。体調不良にならないよう健康意識を高めておこう。


出社日と同じ運動量を意識する

通勤だけでなく、職場に行けば動くこともあるだろう。出社する日は一日何千歩も歩いているのに、在宅勤務になったらほとんど動いていないということはよくあることだ。例えば、通勤時間片道分の時間を散歩するだけでもある程度運動不足は解消できる


ときどき体を動かす

在宅勤務の日に、朝から晩まで一日中席について同じ姿勢でパソコン作業をしている人は、体をほぐす意味でも一時間に一回は席を立って伸びをすることを意識しよう。席を立って深呼吸をするだけでも頭がリセットされる。ダラダラ席について仕事をするときより効率も上がるので試してみてほしい。


在宅勤務で体調不良にならないための対策

ビジネスマインドまとめ


在宅勤務で体調不良になる人はまじめで自分に自信がない人が多い。いつも、先輩や上司に報告をして指示をもらいながら仕事を進めるタイプの人は特に注意が必要だ。仕事をすすめるときに先輩や上司に確認する基準を明確にしておくことで必要以上に不安になることはなくなる。

在宅勤務が終わってから、仕事のことが気になり何度もパソコンを立ち上げてしまうことのないようメリハリをつけて仕事をしよう。


在宅勤務で体調不良にならないための対策

  • 心と体の両方をケアすること
  • オンオフの切り替えをする(仕事スペースとの生活空間の分離など)
  • 相手への気遣いをする(コミュニケーション向上)


在宅勤務体調不良にならないためには、心身ともに健康でいることを意識することが重要になる。在宅勤務は、出社しているときのように仕事の邪魔も入りにくい。仕事に集中できるメリットを最大限に活用し、職場ではできない仕事をこなすことを意識してみよう。

職場内のコミュニケーションに不安がある場合は、相手への気遣いを意識することで円滑に業務を進めることができるようになる。自分の仕事の状況を伝えることを意識すること。「手が空いたので仕事の対応ができる」とメッセージをもらって嫌な気分になる人はいない。

職場にいる人と在宅をしている人が、お互いが相手を尊重し気遣いのあるコミュニケーションを意識することで在宅勤務による体調不良は減ってくるだろう。


かずま<br>アドバイザー
かずま
アドバイザー

健康第一。体調を崩してしまっては本末転倒。体だけでなく心のケアを意識しよう


長時間のパソコン作業をするならチェアクッションを使ってみよう


コメント

タイトルとURLをコピーしました