中途採用面接チェック5/5 内定が出るかどうかの決め手は?

面接

中途採用面接のチェック4の続きになります。

前回で、面接チェック項目の基本評価をご説明しました。

チェック1、「01第一印象」、「02服装・身だしなみ」。

チェック2、「03礼儀・マナー」、「04素直さ・誠実さ」。

チェック3、「05明るさ」、「06説明が論理的か」、「07、仕事に必要なスキルはあるか」。

チェック4、「08当社に向いているか」。


面接のチェック項目10

基本評価

01、第一印象

02、服装・身だしなみ

03、礼儀・マナー

04、素直さ、誠実さ

05、明るさ

06、説明が論理的か

07、仕事に必要なスキルはあるか

適性度

08、当社に向いているか

09、長く勤務をしてもらえるか

10、採用時期を当社の予定に合わせられるか


今回は、面接チェック項目の適性度の続きになります。

前回までの基本評価と「当社に向いているか」で応募者の評価は終わっています。

最後の2つの項目は、あなたを採用するかどうかの最終判断になります。

もちろん、次点の候補者がこの2つの項目で内定になるケースもあります。

最後の2つは、会社が採用を決めた場合、応募者がどう応えてくれるのかを確認しています。

最終面接で内定が出ない人は、この2つを対策してみましょう


チェック9/10:長く勤務をしてもらえるか

結論から言えば、長く勤務してくれないと判断した場合は採用を見送ります。

すぐに成果を出すかより、長きに渡って確約が期待できる人が理想です。


応募者の意識の確認

入社した後、どのように成果を出したいかを確認します。

長く勤務してくれる人は、まずは仕事を覚え、準備を整えて成果を出すことを考えます。

新しい職場で知識もないまま結果を急いでも、短期的な成果しか出ないからです。


仕事内容に興味を持っているか、待遇面のみに興味を持っているかが判断基準になります。

待遇面の魅力だけで入社した人は、長く勤務をしてくれる可能性は低いからです。


新しい職場では、どれだけ仕事経験があっても初心に戻る気持ちが必要です。

まずは成果を出し、評価はあとからついてくるぐらいの心構えでないと長続きしません。


応募者が会社に望むことを確認する

長く働いてくれる人は、目先の給料よりもキャリアアップに興味を持ちます。

質疑応答で、同年代の人がどのように活躍しているのかを質問する人もいます。


仕事に興味を持っている人は、入社後の研修などに不安を持つ人もいます。

どのようなことを覚えていけばよいのかなど、前向きな質問が多いのも特徴です。


不思議ですが、長く勤務をする人ほど、福利厚生にはあまり興味がなかったりします。

やる気のある応募者は、福利厚生よりも仕事内容に興味を持つようです。

どれだけいい会社でも、長く働けるかどうかは仕事内容や職場の雰囲気が重要だからです。


会社側は、福利厚生などの充実を応募者へのアピールポイントと考えています。

面接では、応募者に休日、勤務時間、福利厚生の説明をします。


質疑応答で、応募者が何に興味を持ったかを判断します。

やる気のない人は福利厚生を含む権利だけを確認し、やる気のある人は仕事内容を確認します。


チェック10/10:採用時期を当社の予定に合わせられるか

入社時期を会社の要求に合わせられるかは、応募者の時間管理次第です。

極論を言えば、入社時期を合わせられない人を採用したいと思わないものです。


採用時期は譲れないこともある

中途採用の場合、欠員補充の場合もありますので、採用時期を譲れないこともあります。

現職中の応募者は、入社時期を会社の意向に合わせられるかがポイントになると思ってください。

会社は、応募者がどれぐらい本気で入社したいかをこの質問で確認しています。


採用した場合、いつから働けるか

すでに休職中の人は、すぐにでも働けますと答えるでしょう。

現職中の人は、答え方に注意が必要です。


内定が出てすぐに退職を申し入れすれば、どれだけ遅くても1か月後には入社できます。

1か月以上かかる場合は、段取りに問題があると判断することがあります。


現職の引き継ぎが終わっていない

退職の申し入れをしていなければ、申し入れから1か月は必要でしょう。

内定後、1か月で準備を整えることを意識してください。


会社の多くは、退職する場合2週間~1か月前に退職を申し入れが必要になります。

長く見て、1か月です。


会社に申し入れをしていなくても、引き継ぎ資料などは準備をしていて普通です。

退職の申し入れ後は、すぐに引き継ぎを開始して最短で退職をするのが礼儀です。

タイムスケジュールを立てて、期日とやることを明確にしてください。


転職の意志が固まった時点で、退職までに必要な準備を進めます。

選考が進んでいるのであれば、並行して引き継ぎなどの退職準備を水面下で進めておきましょう


現職の会社ともめている

現職の会社ともめるのは、引き継ぎの段取りが悪いからです。

もちろん、現職の会社のせいにした場合は、採用は見送られると思ってください。

どれだけブラック企業であったとしても、他責にする人は採用できません。


これから入社して働くのはあなたです。

あなたの準備不足を誰かのせいにしてはいけません。

会社はあなたがどのように段取りをするのかを確認しています。


現職の有給休暇消化後の入社?!

現職の有給休暇の消化を理由に、入社時期を後ろにずらす人がいます。

もちろん、権利なのでそれを否定するつもりはありません。


会社は、できるだけ応募者の希望を尊重して入社時期を決めます。

ただし、他に有力な候補者がいた場合は、採用は見送られると思ってください。


権利よりも機会(時間)を優先する人を採用する

1日でも早く入社すれば、仕事を早く覚えられます。

1日でも早く入社すれば、活躍する日が早くなります。

やる気のある人は、1日でも早く働いて、1日でも早く仕事を覚えたいと考えます。


これから働く会社より、過去の会社の仕事や権利などを優先するのは問題です。

働きたくて応募しているのであれば、新しい会社ではやく活躍できることを考えましょう。


会社はお金と時間をかけて人材を募集している

人材紹介会社にお願いした場合、中途採用はかなりのお金がかかります

入社前からすでに候補者にお金をかけているのです。

応募者が思っている以上に、お金をかけて募集していることを知っておいてください。


今は、会社側も応募者をお客様のようにもてなす時代です。

面接会場やスタッフなど、時間をかけて最高のおもてなしを考えています。

そして、多くの優秀な応募者の中から、縁があった人に内定を出します。


入社後、先輩社員や上司が一生懸命研修をしてくれるでしょう。

はやく一人前になって、活躍するのを期待しているからです。

だから、会社の希望する日に入社することは重要になります。


採用は会社にとってもわくわくするもの

あなたは新しい会社に期待を持って入社します。

会社もあなたに期待をして受け入れます


わくわくしているのは、あなただけではないのです。

あなたが、新しい職場に新しい風を吹き込み、活躍するのを楽しみにしています。


コメント

タイトルとURLをコピーしました