【転職】採用面接で緊張しないために知っておくこと

転職

中途採用面接は緊張するもの

面接は誰でも緊張するものです。

ろくに準備もしていないのに緊張しない人がいるとしたら、逆に心配になります。

緊張しない人は度胸がある人でもあり、自信過剰で努力を怠る人とも言えるからです。


緊張しない人は注意が必要

緊張しない人は、自信過剰な傾向です。

まれに高学歴の人や一流企業からの転職希望者の人が、中小企業を下に見るような態度をとることがあります。


中途採用面接は、会社とのマッチングが重要です。

誰かを見下すような態度では、いくら優秀でも採用されることは難しくなります。


面接は緊張するのが当たり前

心配性の人は、緊張をほぐすことで本来の力を発揮することができます。

人が面接する限り、マニュアル通りにはいかないものです。

心配性の人は、マニュアル本を読み、受ける会社を調べます。


心配性の人ほど、努力しています。

面接官は努力(事前準備)を評価します。


会社が採用面接をする理由を確認しよう

本来、スキルだけで採用するなら筆記試験と実務試験だけでいいでしょう。

応募者が書類選考で嘘偽りのない書類を提出していれば、会わなくても採用を決めることができるはずです。

それなのに、会社は時間を割いて、候補者と会って面接をします


これは、実務能力だけではなく、人間性を確認したいと思っているからです。

つまり、あなたに興味があって、書類選考を通過させて面接をするのです。


面接を受けることになったあなたは、すでに書類選考を通過しています

この当たり前のことを、緊張する人は忘れているかもしれません。


採用面接をする理由

  • 会ってみたいと思った人を面接する
  • 履歴書、職務経歴書通りの人かを確認する
  • 入社したいと思っているかを確認する
  • 会社にマッチングしているかを確認する
  • 候補者の中から採用する人を決める


では、順番に確認していきましょう。


会ってみたいと思った人を面接する

会ってみたくない人を面接することはありません。

会社には、採用する可能性がない人を面接するほどの余裕はないのです。

面接まで進んだということは、あなたに会って採用を検討したいと思っているのです。


書類選考で確認するのは最低限のスキル

書類選考では、経歴、最低限のスキルを確認します。

履歴書に語学力を活かせる仕事につきたいと書いているのに、TOEICの点数が500点前後の人がいます。

これでは書類選考を通過するのが難しくなります。


スキルは相対評価になりますので、書くときには注意が必要です。

事務職の場合、パソコンスキルは当たり前のスキルとして考えています。

エクセル、ワード、パワーポイントなどの具体的なスキル内容が書かれていることは高評価です。

実際、仕事で使うスキルは限られていることもあるので、正直に書けば問題ありません。


大きく見せようとして、実力値とかけ離れた見栄をはってしまうと信頼関係を失います

運よく書類選考を通過してもボロが出ますので、実際にできることを話すようにしてください。


書類選考を通過させる人はこんな人

書類選考時点では、応募者の雰囲気は写真と文章からの想像でしかありません。

写真を見て、あまりに適応性がなさそうな場合を除いては、差が出にくいです。

それでも、写真の撮り方1つで印象は変わりますので、そのあたりは意識しておきましょう。


髪型は、男性なら前髪を上げる、女性なら髪をまとめるなどの配慮は必要です。

服装は、男性ならネクタイの結び方、女性ならスーツの着こなしなどは意識しましょう。


書類選考を通過させる人は、会ってみたい人です。

実際に面接をしてみて、書類選考のイメージ通りかを確認するためにお呼びするのです。

つまり、採用面接に呼ばれた時点で、会社側はあなたを採用する意思があるのです。


このあたりは、自信をもってみてください。

そして、謙虚さをもっていれば、あなたが採用される可能性は高くなります。


※書類選考方法の詳しい内容はこちらの記事を参考にしてみてください


履歴書、職務経歴書通りの人かを確認する

面接は、履歴書と職務経歴書の内容を確認するために行います。

つまり、提出書類通りなら、あなたのスキルに問題はないということです。


職務経歴書のポイント

履歴書と職務経歴書の内容を確認したあとは、将来性を確認すると思ってください。

伸び代があるかどうかは、会ってみないとわからないものです。


あなたのやる気があれば、緊張しながらでも伝えることで採用の可能性は高まります。

職務経歴書はある程度、盛られていることを面接官は知っています。

だから、面接では等身大のあなたのスキルを話すことが重要です。

あまりにかけ離れている場合は別ですが、ある程度は想定内なので評価を下げることはありません。

むしろ正直に話すほうが高評価になります。


履歴書の写真とあなたの比較

履歴書の写真のイメージは、明るさの確認です。


写真ではわからないことを面接で確認する

  • 謙虚に学び成長する気があるか。
  • つらいときにひとりで抱え込まずにSOSを出せるかどうか
  • ポジティブに元気に頑張れるか


職場の人たちと、なあなあの関係を目指してほしいわけではありません

互いに切磋琢磨しながら協力し、チームとして成果を出す人を求めているのです。


入社したいと思っているかを確認する

本気で入社する意思があるかどうかは、会ってみないとわかりません。

入社する意思がある人であれば、他の候補者よりも魅力的に見えることもあります。


併願で受けている人が多い時代です。

併願で受けていても入社意思が強ければ優先的に採用することがありますので、勇気を持って伝えましょう。


ゴマすりにの歩み寄りは逆効果

ここで注意したいのはゴマすりをしてしまうことです。

例えば、「会社行事に積極的に参加します」というPRは諸刃の剣です。


本来、会社は仕事をする場所です。

現職(前職)で人間関係をよくするため福利厚生に積極的に参加した結果、うまくいかず退職したと受け取られる可能性があります。

福利厚生への協力をPRする前に、実務での貢献をPRすることを意識しましょう。


基本的に、やる気があるかどうかが重要です。

競争社会に賛否両論がある中で、頑張る姿勢を見せることはあなたは他の候補者より魅力的に見せる秘訣です。


会社にマッチングしているかを確認する

仕事内容とあなたのスキルがマッチングしない場合は、どれだけ優秀でも採用が見送られるケースがあります。

あなたが個人として優秀であるか以上に、組織にマッチングしているかどうかは重要になるからです。

社風を変えたい場合は別ですが、人員補充の場合は社風と合う人を優先的に採用します。


管理職以上の募集を除いて、優秀すぎる人は他の社員への影響を考えて採用を見送るケースもあります。

特に泥臭い営業職の場合は、ステータスや肩書が足を引っ張ることがあるからです。

このあたりは、受ける会社によって違いますので、受ける会社に合わせるのが前提になります。


学歴や資格、職務経歴はひとつの武器です。

高学歴なのに、謙虚さを持っている場合はステータスを武器に使えます。

あなたのもっている武器を最大限に使いこなしましょう。


スキルが仇となるケース

  • 同大学出身者が活躍していない
  • 資格が仕事内容とマッチングしていない
  • 学歴派閥がある場合
  • 関連性のない資格を大量に保有している場合
  • あまりに社風に合わない場合(あえて雇うケースもあります)


候補者の中から採用する人を決める

面接は、候補者の中から最も会社にふさわしい人を決定するために行います。

面接が難しく感じる理由は、絶対評価ではなく相対評価であるからでしょう。


面接の難易度は、採用する時期や募集している職種によって変わります。

人員補充の場合は、採用までの時間もありませんので、すぐに入社できるかどうかもポイントになります。


「現職が忙しいから」

「現職の有給休暇を消化してからであれば」

厳しいようですが、このような応募者の自分本位の発言は採用を見送ります

つまり、本気で入社(転職)したいかが決め手になるのです。


あなたにとって本当に重要なのは、新しい仕事を決め、前を向いて進むことです。

今日の50より明日の100を受け取る人を目指してください。

権利の主張より、仕事に対して前向きな姿勢を見せてください。


あなたの本気さが伝われば、会社はあなたに決めるでしょう。

あなたが本気で働ける会社をぜひ見つけてみてください。


転職を考えるなら人材紹介会社に登録しよう

転職を考えた段階で、人材紹介会社に登録しておきましょう。

第二新卒に強いマイナビ転職は、20代の人は登録しておきたい人材紹介会社です。

強みは、転職活動を最初から最後までサポートしてくれるところです。

20代の転職に絞ることで、会社とのマッチングに力を入れています。


適性診断やキャリアカウンセリング、面接対策、履歴書・職務経歴書の添削など、求人紹介以外のサポートが手厚いのが魅力です。

もちろん、無料です。


会社とあなたをつなぐのが人材紹介会社の仕事です。

あなたとマッチングした会社を見つけ、紹介をしてくれるのが魅力ですね。


中途採用は、非公開求人が多いのも特徴です。

人材獲得のために、人材派遣会社からの紹介を期待している会社も増えています。


特に、業界では有名な隠れた優良企業は、非公開求人が多いので、ぜひチェックしてみましょう。




コメント

タイトルとURLをコピーしました