面接対策 志望動機を明確にする

面接

興味をもった会社に応募する

あなたが応募した理由はなんですか?


就職試験を専願で受ける場合は、本気で働きたい意欲があると伝わります。

併願で受けている人よりも、明確な志望動機があるからです。


併願で受けるときに、どの会社でも通用するような志望動機を書く人がいます。

会社も調べずに応募してきた人は、手を抜いているように感じてしまいます。

併願で受けるときであっても、しっかりと目的をもって応募することが大切です。


もし、働きたい意欲があるのになかなか内定がもらえないのなら、対策を立ててみましょう。

いい会社に入りたいのは、みんな同じです。

あなたにとっていい会社とはなにか、興味を持った理由を考えてみましょう



内定が出なくても落ち込む必要はない?

みんなが働きたい会社で、働きたい職務につくことができるのが理想です。

しかし、必要なスキルが不足している場合や、求めている人材と違う場合は採用を見送ります。

あとは、応募した候補者の中に、より会社の求める人材がいた場合も他の候補者は見送られます。


面接をしていると、多くの会社で内定がもらえず自信をなくしている人を見かけます。

どんなに優秀な人でも、すべての会社に通るわけではありません


スキルが足らない場合もありますが、採用を見送る大半は、今求めている人材と違うというのが理由です。

つまり、あなたが他の候補者より劣っているわけではなく、たまたま縁がなかったのです。


裏を返せば、求めている人材に近づくことを目指すのが最短距離になります。

過去の努力の結果(学歴、資格、スキルなど)を変えるには時間を要します。

あなたはきっと、すぐにでも働きたいから就職試験に応募しています。


あなたがすぐにできることは、応募する会社に興味をもち、会社情報を調べることです。

会社のウェブサイト(ホームページ)を見ていると、いろんな発見があります。

興味のある会社であれば、調べるのも苦にはならないと思います。


あなたが応募する会社に興味をもった理由、入社後何をしてみたいのかを自分の言葉で話す準備をしましょう。

あなたが併願で応募する理由は?

併願で受ける理由は、万が一第一志望の会社で内定がもらえなかったときの保険ですね。

もちろん、保険をかけておくことは重要です。


就職したい人は、第二志望、第三志望と複数の会社へ応募しておくことは重要です。

業種を絞りたい場合も併願で応募しておくことが重要です。


就職試験の結果、第一志望は希望職種以外の採用、第二志望以下は希望職種での採用になったとします。

その場合に、迷わず後者を選ぶ人は業種を絞りたい人です。

希望職種で働けるなら第二志望以下でもいい人は、併願で受けておけば希望職種で働ける可能性は高まります。


その際は、なぜ希望職種で働きたいかを明確にしておいてください。

もちろん、応募する会社のことはしっかり調べておくことは忘れないようにしてくださいね。

併願であっても明確な目的が必要

新卒の場合、できるだけ多くの会社を見ておきたいと思うのは自然です。

第二新卒まではまわりに対する見栄もあり、内定を何社獲得できたかを競う気持ちもあるでしょう。


でも、ちょっと待ってください。

今までの記事で何度も書いていますが、重要なことなのでもう一度書きます。

就職活動のゴールは、働きたい会社からの内定をもらうことです。


つまり、本来なら働きたい会社の内定を獲得できれば、他の会社の内定は必要ありません。

「そんなの当たり前だ」と言われそうです。

しかし、面接をしていると新卒、中途、年齢問わずこの当たり前のことをわかっていない人がいます。


志望動機に、マニュアル本のような一般的な動機を書いている履歴書を見ることがあります

面接で志望動機を確認しても、記憶したマニュアルを一生懸命話しています。

会社は、マニュアル通りの模範解答ではなく、あなたがなぜ入社したいのかを知りたいのです。


併願であっても試験を受ける会社は、あなたが就職したい会社でなければいけません。

就職後の自分が想像できる、目的を持って働くことができる会社を見つけましょう。


なかなか内定がもらえない場合

もし、あなたが働きたい意欲があるのになかなか内定がもらえない場合は、次の項目を確認してください。

募集要項を読んでいない

事前に会社情報をホームページなどで調べていない

志望動機が書かれていない

志望動機が不明確

マニュアル本を暗記したような受け答え

履歴書、職務経歴書を持ってきていない(中途採用)


一つでも当てはまる場合は、見直すことで内定がもらえる可能性は高まります。

本気で就職したいなら、応募する会社をしっかり研究することが大切です 。


あなたが募集要項を見て、応募を決めた理由はなんでしょうか。

募集要項のどこに魅力を感じたのでしょうか

採用面接に行く前に、もう一度必ず確認しておいてほしいことです。

そして、自分の言葉で伝えることができるようにしておきましょう。


ポイントは、応募する会社に「興味をもつ」ことです。

転職活動を成功させる近道は

転職を希望する人は、社会人経験のある人です。

新卒と違って、ビジネスマナーをもっているのが採用の大前提になります。


人材紹介会社を通じて応募した人で、履歴書や職務経歴書を持ってきていない人がいます。

ひょっとしたら、人材紹介会社が履歴書と職務経歴書のデータを事前に送っているから持参する必要がないと思っているのかもしれません。

面接を受ける際は、履歴書と職務経歴書の原本を提出するのは最低限のマナーです。


もちろん、提出書類を持参しなくても、予定通り面接も行います。

ただ、提出書類をもってきた人よりも、採用のハードルが上がるだけです。

あなたが他の候補者に負けない自信があるならそれでも構わないでしょう。


でも、なかなか就職が決まらないのであれば、提出書類を持っていくようにしてください

応募する会社に、履歴書用紙代、写真代、職務経歴書のコピー代も払うのを惜しむのはやめておきましょう。

準備を怠って何社も受けるぐらいなら、真剣に準備をして採用面接にのぞむほうが内定への近道になります。

いい会社は社員を大切にする

中途採用は即戦力を求めていると思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、第二新卒から三十代前半までは、時間をかけて育成するつもりで考えている会社もあります。

自分は即戦力にならないと思って、希望する会社があるのにあきらめないでください。


いい会社ほど社員を大切にしています

人材育成に力を入れている会社ほど、本気で入りたい人を採用します。

そして、いい人材に育てようとするものなのです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました