面接対策 面接当日の緊張を和らげるコツ

面接

準備をしても、当日は緊張する

面接日が決まったら、準備を始めましょう。


どんな会社なのか、会社案内(ホームページ等)をみてみましょう。

自分の履歴書や職務経歴書をもう一度読み直してみましょう。


準備をしっかりしていても、緊張するものです。

面接で質問されること以外でも不安なこともあると思います。


道に迷ったらどうしよう

怖い面接官だったらどうしよう

応募者はどんな人がくるのだろう


心配すればきりがありません。

事前に、しっかり準備をしたのなら大丈夫です。


心配する必要はありません

あなたは書類選考を通過した段階で、応募者から候補者になっているのです。

会社は採用する気がない人を面接しません。

あなたはすでに、候補者として面接に呼ばれています。


面接官も緊張している?!

面接官を担当する社員も緊張しています

面接に慣れている人でも、応募者からうまく話を聞き出せなかったりすると緊張します。


面接官をお願いした人たちに面接後に感想を聞くことがあります。

面接官を経験した人の多くは、自分たちが緊張したと話をしています。

会社側は面接官が緊張することも知っています。


面接官が緊張してしまうと少し張り詰めた空気になることがあります。

面接官が緊張して強張ってしまうと、応募者も強張ってしまいますね。

もちろん、緊張しているからなのですが、圧迫面接のような空気になりかねません。


だから、会社側も準備不足にならないよう、しっかり段取りをしています。

緊張しているのはあなただけではないと知っていれば少し緊張がほぐれませんか?


いい会社は応募者の緊張を和らげる努力をしている

緊張している応募者の場合、面接が始まって緊張をほぐすように配慮します。

すぐに厳しい質問をすることはありません。


まず面接の一般的な流れを知っておきましょう。

面接の流れ

  • ご挨拶
  • 面接時間や面接の流れの説明
  • 会社の紹介、面接官の紹介
  • 応募者への質問
  • 質疑応答
  • 今後の流れ

多くの面接はこの流れになっています。


挨拶をした後も、まずは会社側の人が話をします。

応募者へ質問を始める前に、応募者の緊張を解くために自分たちの紹介をするのです。

その間、ゆっくりと緊張をほぐしていけば大丈夫です。


人気の会社ほど、応募者からいろいろなことを聞きたいと思っています。

緊張せずに話してくれるように、笑顔を見せてくれる人も多いはずです。


準備をしっかりしていると、会社紹介で知っていることなどが多く出てきます。

予習した内容の復習をしているような感じですね。


もちろん、ホームページ上に書かれていない有益な情報を開示することもあります。

直近の業績や会社の歴史など、応募者が知りたい情報を開示する会社も増えています


緊張していることがわかると応募者への質問は、緊張をほぐす質問から始まります。

緊張していても、伝えたいことをしっかり伝えましょう。


緊張する二つの理由

人が緊張するときは、大きくわけて二つの要因があります。

  • 準備不足
  • 自信のなさ

このふたつの要因としっかりと向き合うことが大切です。


緊張はゼロにすることはできません。

もちろん、ゼロにしないほうがいいですね。

ある程度の緊張は、自分を高めてくれます。


面接で緊張するのは、知らない会社、知らない面接官など、あなたの知らない世界だからです。


緊張は変化への準備でもあります。

書類選考を通過した時点であなたは選ばれた人です。


本来の姿を見せる努力をしてください。

本来の姿以上を見せることを考える必要はありません。

本来の実力値(100パーセント)に近づけることを意識見せるように意識してみてください。


対策:準備不足の対策

準備不足での緊張は、準備をすれば解決できることがほとんどです。

面接官は、あなたの資料を読み込んでいます。

あなたも会社のホームページなどを読み込んでおくのはマナーだと思ってください。


会社のことをしっかり調べていると、わからないことや質問したいことが出てきます。

待遇面などの条件だけでなく、仕事内容にも興味をもつ意識をしてみてください。


もう一つ重要なのは、当日の行動です。

時間ギリギリに走り込んで面接会場に行くことのないようにしてください。

これは非常に重要です。

「バタバタしている人は段取りが悪い人」と判断される可能性があります

会場の場所を確認しておくことも忘れないようにしてください。

わかりやすい場所に会社があるとは限りません。

今はスマートフォンでナビゲーション機能があります。

それでも、少し時間に余裕をもった行動を意識するようにしてください。


対策:自信がもてないときの対策

「心配で面接会場に早くに着いてしまう」

自信がない人は、必要以上に会場に着くのが早かったりします。

遅刻しないようにと心配して、早めに会場に向かいます。


前倒しで段取りをする姿勢は素晴らしいことだと思います。

遅いよりはるかにいいですね。


せっかく早くに会場に向かうのなら、30分以上前に着くようにしてみるといいでしょう。

面接会場の場所を確認してから近くのカフェに行きましょう。

面接までの時間を、ゆっくり過ごしてみてください


他の応募者で、あなたほどの時間の余裕を持っている人は少ないでしょう。

他の候補者よりも時間の余裕をもったあなたは、心の余裕を持つことができたはずです。


他の応募者が気になる

自信がない人は、まわりのことを必要以上に気にしてしまいます。

他の応募者が優秀に見えるかもしれません。


でも、心配することはありません。

あなたは候補者の一人です。

他の候補者の人たちは、あなたをライバルとして認めています。

あなたは堂々としていればいいのです。


他の候補者の人たちも不安を抱えています。

あなたが堂々と振る舞えば、他の候補者はプレッシャーを感じるはずです。

あなたはただ、面接で普段の自分を見せられるよう呼吸を整えるだけでよいのです。


面接でうまく言えるか心配

うまく言おうと背伸びをすると緊張が増すでしょう。

うまく言う必要なんてありません。

面接は、完璧に作られたあなたを見るためのものではありません


質問をされたら、あなたの言葉で伝えたいことを伝えればいいのです。

面接が始まったら、勉強したマニュアル本の模範解答を思い出して話す必要はありません

あなたがどんな人なのか伝えることに集中しましょう。


安心してください。

質問の答えは、あなたの中にあります


まとめ

面接はどれだけ準備をしても緊張するものです。

あなたが緊張する本当の原因を知り、対策しておくことで緊張は和らぎます。


面接に呼ばれた段階で、あなたは候補者の一人に選ばれています。

しっかり事前準備を整えたのなら、面接では本来の自分を見せるだけでいいのです。


多くの応募者は、緊張で本来の力を発揮することができません。

あなたが本来の力を発揮することができれば、内定の可能性は格段に上がるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました