中途採用の筆記試験(一般教養、適性検査)

面接

募集を見ると、「筆記試験あり」と書かれていることがあります。

会社の規模や人気、あるいは職種によっては筆記試験が実施されます。


筆記試験には、一般教養(学校のテストのようなもの)、適性検査、論文などがあります。

筆記試験と聞くだけで勉強嫌いだった人は、一気に気分が落ちるのではないでしょうか。

社会人経験が長くなるほど、一般教養試験があると聞くと苦手意識が出るかもしれません。


特に営業職の場合、過去の営業成績よりも筆記試験重視なのかと聞きたくなるでしょう。

でも、新卒採用選考と違い、そこまで気にすることはありません。

中途採用の選考は、学歴や偏差値だけで採用を決めることはありません。

技術、開発、専門知識の必要な職種の場合は、試験結果を重視することはあります


つまり、筆記試験より一次面接を重視していることになります。

では、なぜ会社側も手間のかかる筆記試験(一般教養や適性検査)を行うのでしょうか。


会社によって多少の違いはありますが、採用する側の考えを示しておくので参考にしてみてください。


一般教養試験

一般教養試験は、数理や論理などの試験になります。

難しい書き方をしていますが、国語、算数レベルだと思ってもらって問題ありません。


試験の内容を用意するのも、採点をするのも外部の会社が行います。

試験結果を確認し、絶対評価と相対評価で判断します。


補足

絶対評価:各科目の点数

相対評価:他の応募者との比較(散布図などを使って比較する)


試験攻略のポイント

学校の試験と同じようなものなので、新卒から第二新卒までなら楽に解けると思います。

一般教養に自信のない応募者やある程度の年齢以上の応募者は注意が必要です。

よくある失敗パターン

  • 各科目の制限時間が短い
  • 数理など解き方を忘れている
  • パソコンの変換になれてしまって漢字が書けない
  • 語学がある場合、使っていないと忘れている
  • 他の応募者が若くて問題を解くのがはやいと焦る

対策

  • タイムキーパーの説明をしっかり聞く

※科目の順番、制限時間などを説明することがあります

  • 一問目から順番に解こうと思わず詰まったら次の問題を解く

※わからない問題をゆっくり解くほどの時間はないと思ってください

  • たまには電卓を使わないで計算してみる
  • 普段から文字を書く習慣をつける
  • まわりの人のペンの音に惑わされず自分のペースで解く

※音を立てて答案用紙に記入してプレッシャーをかける人がまれにいます


基本的には、他の応募者は関係ないと思ってください

中途採用の場合、筆記試験と一次面接は同じ日で行うことも多いので、面接が群を抜いていれば筆記試験の結果があまりにひどくなければ通過できることもあります。

経験上、面接でいい人がいなかった場合に、筆記試験の結果を確認していました。


適性検査

筆記試験の中でも中途採用選考では、最も重視される試験だと思ってください。

適性検査は難しくありませんので、構える必要はありません。

心理テストを受ける気持ちで、正直に答えることだけを意識してください。

問題数が多いので、目安の時間を設定しています。

一旦解答をしたあとに読み直して修正するほどの時間はありません。


もちろん、適性検査はすべて解いてもらうことが前提です。

だから、目安の時間を過ぎても全問を解く流れにはなります。


よくある失敗パターン

  • いい風に見せようと、自分の考えと違う解答をしてしまう

※同じような質問が複数回出てくるので解答の整合性がとれなくなります

  • 正解がないのに正解を探してしまう

※正解があるわけではなく、どんな仕事が向いているかをみる試験になります


攻略のヒント

  • 正直に答える

答えに正解はないので、正直に答えるようにしてください。

自分の考えと違う解答をすることで、試験結果の信頼度が下がります。

つまり、嘘や見栄の解答をしていることが試験結果に反映されると思ってください。

正直に解答しているのが大前提です。


採用すれば仕事を一緒にすることになります。

嘘や見栄では、信頼関係を構築できません

正直に答えることを意識してください。


  • 迷わない

質問を読んで迷うときは、正直に答えにくい質問ではないでしょうか。

あるいは、質問に対し複数の解答が当てはまるときもあると思います。

迷いが生じたときは、直感で解答するようにしてください。


論文

職種によっては、論文の試験があることがあります。

論文のテーマが与えられ、時間内に論文を仕上げる試験です。


職種によっては、最低限の専門知識が必要な場合もあります

希望職種であれば、すでにある程度の知識も持っていると想定しています。

職種を変えて転職活動をしている場合は、少し専門知識を学んでおくと安心です。


試験は、時間との勝負になります。

文章を書くのが苦手な人は、事前に少し文章を書く練習をしておくとよいでしょう。


筆記試験でみているのは、正直かどうか

中途採用選考の場合、筆記試験で重視しているのは適性検査になります。

募集している職種によっては適性検査のみの筆記試験も多くなっています


中途採用の場合、社会人経験があります。

同じ業界からの転職であれば即戦力とも言えますが、悪い意味で業界に慣れているとも言えます。


前職で職種にすでに適性がなかったことを知っているのに応募している人もいます。

応募者に性格などの適性があるかどうかは重要になります。

将来、会社に貢献してくれる人を採用するためには、適性がある人を採用するのが近道です。


応募者が、募集の部署と違う部署で適性があった場合、適性のある部署にて採用することがあります。

もちろん、募集部署以外の採用の場合は、面接中に確認します。

採用予定の部署が応募と違うことを説明して、納得して頂けた場合に採用します。


どうしても応募した会社で内定が欲しい場合は、適性検査を正直に解きましょう


適性検査は、自分の内側を見られるようで構えてしまう人も多いです。

あなたは恥ずかしがって見栄をはることなく正直に答えるようにしてくださいね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました