面接対策 中途採用の最終面接

面接

最終面接まできたら、採用まであと少しです。

もちろん、募集枠が一人で最終面接が一人なら、内定はかなり濃厚です。

でも、現実は採用枠が一人なら、二、三人を最終選考に通していることもあります。

最後まで油断しないで、真剣に取り組むようにしてください。

一次面接のあとにしておくこと

一次面接のさいごに、今後のスケジュールの説明があります。

帰りに、会社案内などの資料を渡してもらえることもあります。

その場合は、必ず目を通しておくようにしてください。


最終面接と一次面接は全く別ものと考えておいてください。

最終面接では、他の候補者ではなくあなたを採用するひと押しを求めています。


最終面接には同じタイプの人ではなく、別のタイプの人を通しています。

同じタイプの人の中では、あなたはすでに勝ち上がっていると思ってください。


最終選考に通過させるタイプの違う人たち

  • 即戦力ではないけど将来性がある
  • 時間はかかっても粘り強く活躍が期待できる
  • 職場の雰囲気を変えてくれそう
  • すぐに活躍できる実務レベル
  • やる気があり、努力で経験をカバーできる


募集していたのは、すぐに活躍できる実務レベルの高い経験者だとします。

それでも、将来性を感じる人がいれば即戦力ではなくても採用することもあります。


会社は、少しでもいい人材を獲得したいのが本音です。

逸材を見つけた場合、募集していたタイプでなくても採用に踏み切ることもあるのです。


あなたができることは、準備を整えることです。

一次面接を振り返り、面接官がいい反応をしていたことを思い出してください。

あなたのどの発言や面接前後の行動が評価されたのか分析してみましょう。


そして、会社に渡された資料をしっかり読んでイメージを膨らませます。

採用されたら、どんな仕事をして活躍したいかを描くようにしましょう。


最終面接の面接官

一次面接の面接官は、応募者の中からあなたを推薦しています。

自信をもって、最終面接を受けましょう。


最終面接は、社長や役員など会社の重要なポジションの人たちが面接をします。

一次面接で面接した人が出てくることもあります

基本的には、最終選考に推薦した人で、キーマンの可能性があります。

一次面接から成長を感じられない場合、減点されることもあるので、油断は禁物です。


一次面接では面接官の役職など明かすケース、明かさないケースがあります。

しかし、最終面接では、面接官が会社のどの立場の人か自己紹介をします。

緊張しているとは思いますが、自己紹介をしている人を見てしっかり話を聞きましょう。


具体的な会社説明

一次面接のときよりも、くわしく会社の説明をします。


取扱商品、あるいは作っている商品などを実際に用意している会社もあります。

事前に会社情報を調べていると、理解が深まるのでしっかり調べておきましょう。

詳しく調べなくてもいいですが、どんな商品を扱う会社かは必ず調べておいてください


経営陣の会社への熱い思いを聞く

最終面接では、会社がどのような方向を目指しているのかを経営陣から聞くことができます。

なかなか、経営陣の会社に対する熱い思いを聞く機会はありません。

しっかりと聞くようにしてください。


最終面接に出ている面接官は、会社のキーマンです。

もし採用されたら、あなたに大きな影響を与える人たちです。

仕事に対する熱意に共感しながら、しっかりと頷きましょう。


応募者への質問

面接官は、事前に一次面接の採点結果や状況を確認しています。

人材紹介会社経由の募集の場合、人材紹介会社よりフィードバックも受けています。


フィードバック内容(参考)

  • 何番目の志望か
  • 一次面接の感想
  • 一次面接で聞きそびれたこと


応募者へ質問する内容の多くは、退職理由、志望動機、入社意欲などです。

内定を出したあとで断られてしまうと、面接はふりだしに戻ることもあります。


本当に入社意欲があるかどうかを確認するのは、内定を出すかどうかの最終判断でもあります。

入社したい場合は、必ず入社したい意欲を見せるようにしてください。


退職理由

一次面接で解答した内容と同じで問題はありません。

一次面接と同じ面接官がいても省略しないで答えるようにしてください。

あなたの志望動機を聞くのが初めての人がいるからです。

そして、なるべく前向きな話をするように意識してください。


退職理由から何を学び、どう成長したのかが見えれば問題ありません。

間違っても他責(会社のせい、上司のせい、同僚のせいなど)にしないようにしてください。


応募者でよくあるミス

質問している人ではなく、社長の顔ばかり見て話す人がいます。

質問者を見てちゃんと話をするようにしてください。


緊張していて早口になる人がいます。

話し始める前に一呼吸おいて、話し始めるよう意識してみてください。


質疑応答

質問は、仕事内容に関することを優先して聞くようにしてください

取扱商品の細かな質問ではなく、入社後のことを聞いてみましょう。

前向きに感じる質問

  • 研修期間はどれぐらいの期間で、どのような内容を予定しているか
  • 事前に学んでおくことはあるか
  • 将来のキャリアアップについて


待遇、休日、福利厚生などは、会社側から説明があります。

疑問点があればそのタイミングで質問をするようにしてください。


内定を出す期日と採用後の流れ

内定を出す日にち、いつから入社を予定しているかなどの説明があります。

現職中の人は、現職を退職する準備を進めなければなりません。


「有給休暇を消化したいので二か月後なら入社できます」

このような自分本位の発言をしてしまうことには注意が必要です。

応募者の都合で、入社してほしい期日から遅れる場合は採用を見送ることがあります。

権利ばかりを要求する人と判断される可能性があるので気をつけましょう。


活躍が期待できる人は、権利よりも時間を優先します。

一か月分の有給休暇を消化するよりも、一日でも早く仕事を覚えて活躍したいと考えます。


有給休暇を所得することを悪いと言っているわけではありません。

むしろ、有給休暇は完全消化を推奨しています。

有給休暇を使うなと言っているわけではなく、内定が出る前に消化しておきましょうということです。


そして、現職の引継資料は、内定が出る前に用意しておく段取りは必要です。


大きなビジョンをもっていれば、先のことを考えて行動します。

最終面接では、このさいごのさいごで内定を出せない人が多いのも事実です。


時間管理、段取りは仕事の基本です。

これから働く会社を優先して、事前に準備を整えることも忘れないようにしてください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました