面接のマナーは募集要項の確認と質問準備

面接

面接 新卒、中途採用 募集要項確認の重要性

面接のマナーで特に重要なのは準備になります。その中でも、最も重要なのが募集要項の確認です。募集要項のポイントを押さえ、しっかり準備をしましょう。


面接がうまく行かない人は、最後のワンポイントアドバイスを参考にしてみてください。

募集要項の確認

応募する会社の募集要項はしっかり読んでおきましょう。

応募する会社があなたの希望に合うかを知ることは重要です。

入社した後、こんなはずではなかったと後悔しないためにも、何度も読み返してください。

新卒採用面接でも中途採用面接でも、もっとも重要なのは募集要項をちゃんと理解することです。


可能であれば、募集要項をプリントアウトしてください。

気になる箇所があればマーカーなどでチェックしておきましょう。

プリントアウトができない場合は、面接前にスマートフォンなどでチェックできるように

準備しておきましょう。


面接では、応募者の疑問に答えるために質疑応答をすることがあります。

入社後は聞きにくいことでも、面接で教えてくれることもありますので

気になる箇所をしっかりチェックしておいてください。


募集要項の見方とポイント

応募する前に、あなたが会社募集対象にマッチングしているかを確認しておきましょう。


例えば、あなたは教育関係の会社で講師をしたいと考えています。

募集しているのが営業であれば、きっと希望している職種にはつけないでしょう。

募集職種がSEなのに、パソコンを使ったことがないなど

募集した職種にマッチしていないと採用される可能性は低くなります。

給料や休日に目がいきがちですが、応募する会社がどのような人を募集しているかが重要です。


募集している内容を理解していないと、見当違いの質問をしてしまうことになりますので

しっかり読んでおいてください。

面接官は、募集要項に書いている内容をそのまま質問されると

ちゃんと募集要項を読んでいない準備不足な人だと判断するので気をつけてください。


・募集対象

新卒採用、中途採用を問わず、募集対象に入っているかを確認してください。

第二新卒の人が新卒採用として応募できるか記載している会社もありますので、第二新卒の人は、中途採用で受ける前に、第二新卒扱いで受けられるかを確認しておきましょう。


・募集職種

現在募集している職種が記載されています。

複数の募集職種がある場合は、希望を聞いてくれることもありますが、最終的には適性をみて判断します。

例えば、営業、営業事務、営業管理、開発営業など、営業でもたくさん募集職種がある場合は

営業を希望していたのに新規開発担当になるケースなどもあります。

このあたりは、面接時に説明があるかもしれませんので、あまり心配しなくても大丈夫でしょう。

気になる場合は、質疑応答のときに遠慮なく聞いてみてください。


・給料

新卒採用の場合は、学歴によって初任給がわけられている会社もあります。

募集した段階では、昨年の新卒採用の初任給実績として書かれていることもあります。

中途採用の場合は、給料が指定されているケースもあれば

年齢や職務経歴、職種などによって金額に幅をもたせていることもあります。

記載されている金額は、発生金額になります。

健康保険料、厚生年金保険、雇用保険、所得税など控除分は差し引かれますのでご注意ください。


・昇給

給料があがることです。

年1回、4月に昇給するのが一般的です。


・賞与

多くの会社は、年2回で、会社の業績により価格は変動します。

(6月と12月、7月と12月など会社によって違う)

※年4回支払う会社もあります


・勤務地

本社以外の勤務地がある場合は記載されている内容を確認してください。

日本全国だけでなく、海外転勤がある会社もあります。

総合職の場合は、定期的に転勤を命じられることもあります。

グループ会社がある場合は、出向、転籍を命じられることもあります。


・勤務時間

勤務地や職種によって異なる場合がありますが、基本的には労働時間が書かれています。

ここでのポイントは、育児、介護短時間勤務制度などがあるかです。

育児、介護休職制度などがしっかり書かれている会社は社内の制度が整っている可能性があります。


・勤務日数、休日

年間の勤務日数及び、年間休日日数が実績ベースで書かれています。

休日については、内訳が書かれている会社もあります。

完全週休2日制、祝日、年末年始などの休日内容を確認します。


・休暇

年次有給休暇の説明が書かれています。

結婚休暇、バースデー休暇、リフレッシュ休暇などその他の休暇を用意している会社もあります。


・保険

雇用保険、健康保険、厚生年金保険、労災保険など。

もし、保険内容がちゃんと記載されていない場合は注意が必要。


・福利厚生

寮や施設、持ち株制度などがあれば記載されています。


・その他項目

等級(階層)別の研修制度や職種別の研修制度を始め、人材育成に力を入れている会社は記載されていることがあります。


・採用実績

大手であれば、過去数年の採用実績を記載していることがあります。


質問したいことをまとめておく

募集要項で不明な点や気になる点を箇条書きでまとめておきます

面接当日になると緊張してしまい、質問したいことを忘れてしまうことがあります。

質問したいことを忘れてしまわないように手帳などにまとめておいて、面接会場まで持っていきましょう。


経験豊富で気遣いができる面接官、初めて面接官をする人など、面接をする人も様々です。

複数人の面接官がいて、なおかつ圧迫面接だと頭が真っ白になることも考えられます。


緊張をする人ほどしっかり準備をして、少しでも不安要素を取り除いておきましょう。


ワンポイントアドバイス

あなたが募集対象にマッチしていて、なおかつ募集職種を希望している場合は、採用の可能性は高くなります

さらに、募集職種に関係する資格などを持っていれば強みになります。

採用面接に行く前にしっかり募集要項を確認しておきましょう。


質問したいことがたくさんあるかもしれません。

しかし、面接官もあなたに聞きたいことがたくさんあります。

面接官に質問されているときにあまり話をしなかったのに

質疑応答になったら面接官を質問攻めにしないように注意してくださいね。


勤務地、給料、休日などの条件面よりも、応募している会社の仕事に関する疑問を率直に質問してみましょう。

本気で入社を希望する人は、募集要項や会社案内(ウェブサイトなど)をちゃんと熟読して

自分が働くにあたっての疑問を質問します。


経験豊富な面接官にうわべだけの質問をしても、ちゃんと事前準備をしたかどうかはわかります。

面接攻略の本を読むのもいいですが、応募する会社をしっかり調べるようにしてください。


準備はまだまだあります。

焦らず、きっちり準備を整えましょう。


支店がたくさんある会社の場合、面接会場を間違えないようにしてくださいね。

嘘のような本当の話で、面接会場を間違えた人が過去にいたので念のため。


コメント

タイトルとURLをコピーしました