管理職とは

マネジメント

管理職とは組織の要(かなめ)である 

会社という組織は、もちろん社長や役員が会社の進むべき方向性を決めます

カリスマ性のある社長、リーダーシップのある社長もいます。

トップダウンで組織を大きくしてきた自負のある社長もいるでしょう。


組織が大きくなれば、社長の方針は社員全員には伝わらないものです。

社長には面接でしか会ったことがない、という社員がいる会社もあります。


ある程度の規模になった組織では、管理職が組織の要であると考えてください。

組織が伸びていくかどうかは、実務者が正しい方向に向かうよう軌道を修正できるかどうかです。

実務者が正しい方向に向かうかどうかは管理職次第です。


優秀な管理職がいる組織は伸びます。

優秀な管理職とは、実務者としてだけ優秀な人のことを指しているわけではありません。

組織を動かすマネジメントを理解した管理職が組織の要になると考えましょう。


管理職とは組織の活性化のキーパーソン 

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】


中間管理職と言えば、疲れた部長や課長の顔が浮かぶ人もいるかもしれません。

中間管理職が元気のない会社は、将来的には伸びない会社とも言えます。


中間管理職は、組織を活性化するために必要不可欠な存在です。

トップの出す方向性を理解し、自分の預かる組織に浸透させることが重要です。

そして、部下を束ねるだけの統率力も求められます。


統率力とは、部下の信頼の上に成り立つものです。

実務ができるだけではなく、中間管理職には人間力が求められるのです。


管理職は優秀な営業マンを部下として扱える人 

営業職特化の求人サイト【いい求人net】


会社が目指す方向を無視して、成果を上げることを重視する元気のいい営業マンもいます。

トップセールスマンは、営業マンの土俵で管理職のあなたと競おうとするかもしれません。

もちろん、営業マンと一線を画す決定力が管理職には必要です。


それでも、管理職に求められるのはトップセールスマンと同じではありません。

自分より優秀な営業マンを見てどう思うかが重要です。

優秀な部下として、これからも自分の下で働く営業マンだと考えられるかどうかです。


部下と同じ土俵で争わない管理職は、マネジメントの基本を理解しています。

部下を見守りながら、正しい方向に軌道修正できるかが中間管理職の腕の見せ所です。


部下はあなたの給料を足で稼いでくれる存在です。

管理職は、将来の後任の育成を含め、部下を育てることに注力するのも仕事です。


間違っても、優秀な部下を潰そうなどと考えないことです。

優秀な部下が潰れてしまえば、組織として成果を出しにくくなります。


管理職はやる気のない部下の使い方を知っている 

まずは無料で相談!【キャリアスタート】


やる気のない部下もいるでしょう。

部下を切り捨てる前に、部下の将来を考え正しい育成をすることが重要です。


部下とお友だちのように接している管理職を見ることがあります。

時代の流れもありますが、管理職になったら昔の同僚であってもお友だちではありません。

管理職として、成果を出すために何をすべきかを考え行動することが重要です。


間違っても、部下と会社の愚痴を酒のあてにしていては成果を出せません。

部下が愚痴を言えば問題提起と受け止め、管理職の立場で改善できる方法を考えましょう。

やる気がない部下をどう使いこなすかも、管理職の腕の見せ所なのです。


管理職とは上を目指す意味を知っている人

中間管理職は、上からの圧力、下からの突き上げでストレスが溜まる立ち位置と思われています。

でも実際、管理職になった人はみんな後悔しているでしょうか。

管理職で成果を上げている人は、プレッシャーやストレスをうまく利用して自分を高めています。


「管理職になると残業代が出なくなって給料が下がるからならない」

こんな言葉を聞いたことはありませんか?

厳しいようですが、このような人は管理職にふさわしくありません。

きっと管理職にならないのではなく、管理職になれない人だと考えましょう。

あるいは、中間管理職が自分のゴールだと考えている人かもしれません。


組織にいる限りは、上を目指してみましょう。

一段昇進するごとに、見える景色は変わります。

見える景色が変われば、求められる能力も変わります。

求められる能力が変われば、自分が成長できる伸びしろに気づくことができます。


上にいけばいくほど、責任は重くなります。

役職手当は責任手当なので、上にいけば責任が重くなるのは当たり前のことです。


誰かの指示を受けて動く方が楽かもしれません。

それでも、このブログを読んでいるあなたはぜひとも上を狙ってほしいと思います。

あなたの判断で組織が動くことにわくわくしませんか?


管理職になるために必要なこと 

管理職を目指す人は、マネジメントを学んでみましょう。

大人の学びは、インプットが3割、アウトプットが7割です。


管理職になる前にマネジメントを学びたい人は、ぜひ行動を起こしてみてください。

本やセミナーで学んだことを実践してみることが重要です。

インプットをしていても、行動を起こさなければ机上の空論です。


管理職じゃなくても、部下がいなくてもマネジメントの基本を学ぶことはできます。

組織が成果を上げるために、あなたの上司を巻き込むことを意識してみましょう。

上司に、組織が成果を上げるための提案をしましょう。

あなたの提案や行動に上司の心が動けば、あなたは人を動かす基本を習得しています。

実務で成果を上げながら、マネジメントの基本を学ぶことを意識してみましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました