【ボーナス】冬の賞与を上げるための大切な行動とは

carrier023_4 ビジネスの基本

ボーナス前に急に行動を変えるのは逆効果?

ボーナスの査定時期になると、仕事の手を抜いていた人が急に仕事を頑張る素振りを見せ始めることがります。

毎年のことなのに、この時期だけ仕事をしている風を演じれば、上司をだませると思っているのが残念です。


ゴマすりで一時的に評価を上げても、長い目で見れば、いずれメッキは剥がれます。

あなたは短期のアルバイトではなく、長く働くつもりで会社勤めをしているはずです。

短期の成果にこだわりすぎないで、継続的に努力をすることを意識してください。

あなたが継続的に成果を出すことができれば、上層部はあなたを放っておかないでしょう。


間違っても、査定前だけ仕事をしているように見せるような行動をしてはいけません。

仕事をしていなかったのなら潔く認め、今から変化をする姿を見せることが重要です。


まだ間に合う!ボーナス査定前に変化の兆しを見せる

冬のボーナスは、大きな金額を受け取る人も多いと思います。

ボーナス後は、クリスマス商戦や年末年始で何かとお金が必要になります。

少しでも多くの金額を獲得するために、ボーナス査定前に変化の兆しを見せましょう


上司がいないときほど仕事をする

ベテランになれば、良くも悪くも手の抜き方を知っています。

上司がいるときに仕事をするのは当たり前です。

上司がいるときには、能力や成果に差があっても、努力量の差は小さくなります。

だから、上司は正しい査定をするために、自分のいないときの部下の行動を観察しています

上司がいないときに、誰がどのような行動を取っているかを見ているのです。


基本的には、他責にしないことが重要です。

すぐに人の文句を言う人を上司は信用しません。

なぜなら、文句を言っている人は仕事ができないからです。

優秀な人は、文句を言う前に非効率なことを改善して変えようとします。

文句を言っている人は、自分のライバルの悪口を言っているだけで自分は行動しません。


営業マンは、外に出てしまえば自由だと思いますか?

実際は、日々営業マンを観察していると、仕事をしているかどうかはわかるものです。

特に営業出身の上司なら、営業マンに2、3質問すれば、どのような行動を取っているかわかるでしょう。

上司は、自分の監視下にないときに正しい行動をしている部下を評価します。


半年単位で業績を上げる仕事をする

能力給と違い、ボーナスは半年単位の評価になります。


営業であれば営業成績、事務なら業務の効率化など、成果を見える化しておくと評価を得やすくなるでしょう。

基礎能力がどれだけ高くても、努力をしていない人は継続的に成果を出せません

仕事は継続してこそ、成果を最大化することができます。


いくら新規のお客様の獲得が上手でも、継続取引に持ち込むことができなければ、いつまでも新規のお客様を探し続けなければなりません。

新規開拓専門の部署であれば別ですが、普通の営業部であれば、新規のお客様の獲得だけでは効率が悪く成果を最大化できません。

リピーターをどれだけ獲得するかが重要です。


ボーナス査定で高評価を得るためには、半年で成果を出すことを意識しましょう

種まきをしていたことに着手し、短期で成果を出せる仕事をしましょう。

もちろん、来年以降の種まきも始めておくことも忘れないようにしてください。

常に前倒しで成果を出す準備をしておくことで、焦ることなく行動できるでしょう。


ボーナスは、ライバルとの相対評価も意識する

冬のボーナスであれば、もうすぐ査定の時期です。

あなたがこの半年間に何をして、どんな成果を上げたのかを整理しておきましょう。


営業であれば、数字(営業成績)の絶対評価と、他の営業マンとの相対評価があります。

同じ社歴、役職、等級などのライバルは把握していますか?

あなたが、ライバルより優秀であれば評価は高くなります。


もしボーナス査定までに成果が出せそうにないなら

ボーナスの査定までに、思うような成果が出せそうにないと感じている人がいるかもしれません。

努力をしていたのになぜでしょう。

成果を出すためにした努力のプロセスを、きちんと整理しておくことが大切です。


あなたがしていたことは会社が求めていたこと?

上司は、あなたが成長したかを見ています。

上司は、あなたが努力をしたかを見ています。

上司は、あなたが本気で仕事をして、最善を尽くしたかを見ています。


あなたの仕事運びは、上司が納得するようなものでしたか?

もし、会社の方向性を無視して、上司に相談もせずに自分のやり方にこだわっていた場合は、評価が低くなることがあります。


もちろん、成果が出ていた場合は評価をします。

しかし、行動に問題があることを指導したにもかかわらず改善をしていない結果、成果が出ていない場合はすぐに行動を改めることをおすすめします。


どうしていいかわからない場合は、上司に素直に相談しましょう。

あなたが成果を出すために、どのように考え行動したのかを上司に伝えることが重要です。

優秀な上司であれば、行動のどこに問題があるかをあなたに教えてくれるでしょう。


そして、査定が始まる前に、変化しておくようにしましょう

ボーナス査定が終われば、次は能力を評価する昇給の査定があります。

昇給は、基本給アップの重要な査定になりますので、今から変化をすることは重要です。

会社がよくなるための変化に貢献できるかどうかが将来の昇進にも影響します。

会社が進む方向性に自分の行動が合っているかを確認しましょう


行動がともなっているかを確認しておこう

行動は嘘をつきません。

どれだけいいことを言っていても、行動がともなっていなければ机上の空論です。

まずは行動する習慣をつけましょう

営業マンが成果を上げるために外勤しますと宣言したのであれば、いつまでも社内で椅子を温めていてはいけません。

あなたは成果を出すために外勤をすると決めたのなら、その通りに行動しなければなりません。


なぜ行動しないといけないのか?

ゴール設定をし、戦術も決めたのであれば、行動して検証する必要があります。

営業マンが「外勤をすれば成果が出る」と宣言したのであれば、本当に成果が出るのかを自分で行動して検証しなければ、手段が正しかったかわからないままです。

もし、営業マンが外勤をして成果が出ないのであれば、別の方法を考える必要が出てくるでしょう。


業界、業種、会社によって多少の違いはあります。

ローカルルールみたいなものです。

特に、転職組は計画を立てたら行動をして成果が出るかを確認しましょう


立てた目標(数値化)に対しあなたがどの水準にいるか現状把握をしましょう。

そして、どのように対策をすれば目標を達成できるのかを考え行動しましょう。

その結果を検証し、評価をするのが、ボーナス査定になります。


ボーナス査定で高評価を獲得するためのヒント

半年単位で成果を出すポイントは、3か月単位で計画を立てて行動することです。


ヒント:営業(ルートセールス)

ルートセールスの営業であれば、6か月で大きな攻略を3社ぐらい狙うといいですね。

大きな攻略は、会社にいい影響を与えるようなお客様の取引量を増やすことです。

ターゲットは絞りすぎず、査定までに3社の取引を拡大することを意識してみましょう。

3社以下だと成果が出にくく、3社以上だとどっちつかずになります。


ヒント:営業(新規開拓)

新規開拓の営業であれば、新規獲得件数だけでなく、継続取引ができるお客様を探しましょう

新規獲得件数だけ評価されるのであれば、目立つ会社や成果の出やすい業界にターゲットを絞るのも1つです。

ライバルと足並みをそろえるのではなく、目立つ成果を最低1つは用意しましょう。


ヒント:事務職(営業系)

事務職の場合、営業の物まねをするのではなく、まずは効率化を意識しましょう。

今より早く効率的に処理できるように改善したことを見える化しましょう





合わせて読んでおきたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました