ブルーマンデー対策は休日のリフレッシュでは解消しない?

ビジネスの基本

月曜日は憂鬱という人が多いのは今も昔も同じです。

指導者の中には、「休日にリフレッシュしましょう」と言う人がいます。

しっかりリフレッシュすれば、仕事が楽しくできるというポジティブな考えです。


あたなは、休日を思いっきり楽しめば、月曜日から楽しく仕事はできますか?

きっと逆でしょう。

休みが楽しければ楽しいほど、月曜日は憂鬱になるはずです。

その理由を紐解くことで、ブルーマンデー対策をしましょう。


ブルーマンデーとは

そもそも、ブルーマンデーとはなんでしょうか。

月曜日の朝を思い出してみましょう。


電車で通勤する人は、満員電車に乗り会社に向かいます。

まわりの人たちもブルーマンデーを迎えているので、楽しそうな人はいません。

周囲の人も憂鬱だからと納得して、自分がブルーな朝を迎えることを正当化します。


満員電車というのも、ブルーな気持ちを加速させます。

そうでなくても行きたくない仕事に、満員電車で向かうのです。

楽しいはずがありません。


仕事が楽しい人はブルーマンデーを迎えていない

成果を上げている人たちは、ブルーマンデーを迎えていません。

仕事が楽しい人とは、仕事だけをしている人のことではありません。

仕事で成果を上げ、休日も充実した日々を過ごしています。


仕事が楽しい人は、休日にどれだけ好きなことをしていても憂鬱な月曜日を迎えていないと考えましょう。

それでは仕事が楽しい人は、なぜ憂鬱な気持ちにならずに仕事ができるのでしょうか


マイナビジョブ20's


ブルーマンデー対策をしよう

あなたが、もし月曜日を憂鬱に感じているのなら対策をしておきましょう。

月曜日を攻略することで、あなたは仕事で成果を出しやすくなります。


休日のリフレッシュではなく、 ブルーマンデーは仕事と向き合うことで対策します。

休日にいくらリフレッシュしても、対策をしなければ本質は変わりません。


ブルーマンデーを迎える理由

ブルーマンデー対策の基本は、仕事と向き合うことです。

ブルーマンデーの原因は、仕事に目的を持っていないことが挙げられます。


仕事に目的を持つ

あなたが月曜日を憂鬱に感じる理由の1つは、仕事に目的を持っていないことになります。

仕事のゴールが見えていなければ、楽しいはずがありません。

毎日、与えられた仕事をまじめにこなす人ほどブルーマンデーを迎えやすいでしょう。


御用聞きは仕事に目的を持ちにくい

本来、仕事とは価値を生み出すことです。

営業でも、事務でも、総務でも同じです。

仕事に目的を持っていれば、御用聞きにはなりません。


事務職を例に挙げてみましょう。

あるべき姿が見えている人は、事務処理を日々こなすだけではありません

業務を効率化し、会社の業績が伸びてきても対処できるように準備を進めています。


事務職でゴールが見えている人が最初に着目することは、事務処理の効率化です。

当たり前になっているやり方を改善することで、仕事の効率化を図ります

そのときに、マニュアルが不完全だと気づくかもしれません


従来のやり方とは、先輩たちが経験から出来る方法を続けている方法です。

ベストでもなければ、ベターなやり方でもないのです。


今のやり方に疑問を持つこと大切です。

今の仕事に疑問を持って改善をしたくなれば、仕事に張り合いが生まれるでしょう。


御用聞きではなく、いかに通常業務を効率化するかを考えることが重要です。

業務効率化をした後は、生み出した時間を何に使うかをまた考えることになります。

それは、不完全なマニュアルの整備をすることかもしれません。

あるいは、煩雑化した顧客台帳の整理を整備をすることに行き着くでしょう。


憂鬱さは、目的を持つことで半減されるのです。

目的を持てば、「月曜日が憂鬱」と考える前に、ゴールのために何をするかを考えるようになります。

今週やることを日曜日に整理するようになれば、ブルーマンデーとは無縁になります。


ブルーマンデー対策のヒント

  • ゴール設定をする
  • 一週間の段取りをする


やることを明確にすればブルーマンデーにはならない

仕事に目的があれば、仕事が好きか嫌いかを考える必要はなくなります。

目的があれば、あるべき姿と現状のあなたの差を知ることができます。


ゴールが決まれば、スケジュールを立てることができます。

どうすれば、あるべき姿になれるのか考えて、あとは行動するだけです。

行動の効果を確認し、対策を続けることで成果が出ます。


目的を持っている人は、成果が出やすくなります。

成果が出れば、仕事は楽しくなるでしょう。

成果が出る方法をしれば、行動力は上がります。

そうやって、世間でいうPDCAをまわすことを覚えましょう。




PDCAがまわらない理由

PDCAがうまくまわっていない会社はたくさんあります。

PDCAとは、Plan、Do、Check、Actionの略です。

Planは計画、Doは実行、Checkは評価、Actionは改善です。


PDCAサイクルは、P→D→C→A→Pという風に繰り返すことを指しています。

PDCAがまわらない理由は、Planの前にゴール設定ができていないからなのです。


ブルマンデーを迎えないように対策するために、ぜひゴール設定をしてみましょう

あなたはブルーマンデーを迎えることなく、成果を出すために背筋を伸ばして仕事に行くようになるでしょう。


ブルーマンデー関連記事



コメント

タイトルとURLをコピーしました