管理職

マネジメント

マネジメントとは何かを知る5つの手順

マネジメントとは何かを知る5つの手順を確認しましょう。マネジメントで成果を上げているメンターを見つけ、ゴールを共有し、目標で数値化を行いましょう。戦略を練り、部下の戦術を見守りながら成果を上げることを意識してみましょう。
マネジメント

マネジメント能力を発揮する方法

マネジメント能力を高めることができれば、強い組織を作ることができます。強い組織を作ることができれば、長期的に組織を活性化することができます。組織の向かうゴール設定、10年先を見据えた戦略を打ち出しましょう。
マネジメント

マネジメント職になれば会社側の人間だと自覚を持つ

マネジメント職とは何かを学びましょう。マネジメント職は、管理職以上のマネジメントをする人のことです。役職は、課長やマネージャーなどです。マネジメント職になれば、プレイングマネージャーからマネジメントをするマネージャーを目指すことが重要です。
マネジメント

マネジメントしない上司はプレイングマネージャー止まり

マネジメントしない上司は管理職止まりの人です。管理職見習いのプレイングマネージャー止まりになると考えておきましょう。マネジメントしない上司と言われたら、あなたはマネジメントを学ぶ必要があります。本来あるべき姿のマネージャーを目指しましょう。
マネジメント

リーダーシップとマネジメントでファンを増やす

リーダーシップとマネジメントを使い分けて成果を上げるコツは3つあります。リーダーシップでビジョンを描き、マネジメントで標準化を行うことを意識してみましょう。まずは1/3のフォロワー獲得を目指し、フォロワーをファンに育てましょう。
マネジメント

マネジメント能力とは

マネジメント能力には3つのスキルがあります。実務スキルを活用して行うマネジメント、コミュニケーション力を使ったマネジメント、そして市場動向や社会情勢を掴み、部下が正しい方向に進めて成果を出しやすくするためのマネジメントです。
マネジメント

マネジメントの本質

マネジメントの本質は、考え続けることです。マネジメントは、基本に忠実に主軸がぶれることなく、時代や状況に合わせて変化させていくことが重要です。どこにどれだけの資源(ヒト、モノ、カネ)を投入するのかを考え続けて成果を上げましょう。
マネジメント

マネジメントスキルの3つのポイント

マネジメントスキルの3つのポイントは、管理する力、決断する力、周囲を巻き込む力です。マネジメントによくある誤解、マネジメントスキルを高めるヒントをチェックしましょう。優秀なプレイヤーの人ほど、正しいマネジメントスキルを身につけましょう。
マネジメント

テレワークさぼりは簡単に見つけることができる

コロナウイルスの影響で、働き方改革の1つであるテレワークが進んでいます。テレワークといえば、テレワークさぼりが気になるところ。労務管理者はどのようにしてテレワークでさぼることを抑制しているのでしょうか。
マネジメント

管理職とは

管理職は組織の要です。組織は管理職で決まると言っても過言ではありません。あなたが管理職であれば、管理職とは何かを知ることが重要です。あなたが管理職前であれば、管理職の仕事を理解しておくことが将来に影響します。管理職とは何かを学びましょう。
マネジメント

【昇進】優秀な営業管理職がしているたった1つのこと

営業マンで華やかな功績を上げた人ほど管理職で通用しません。管理職は営業マンの延長線上にはありません。管理職に抜擢するのは、もっと大きな仕事をしてもらいたい人です。管理職に選ばれたら、1つのことを意識して成果を出しましょう。
マネジメント

【昇進】営業管理職を目指す人の時間管理5つのポイント

時間管理を意識して、成果を最大化することができていますか。昇進して管理職を目指すなら成果を最大化する時間管理が必要です。時間管理は訓練すれば誰でもできるようになります。5つのポイントを実行して、他の営業マンと差別化を図りましょう。
マネジメント

【営業】管理職に必要な3つのこととは?

営業管理職に昇進するために、3つのことを意識しておきましょう。時間管理、信頼、覚悟です。トップセーラーにならなくても、管理職になることはできます。営業だけしていれば、管理職になれるわけではないのです。昇進のヒントを紐解いていきましょう。
マネジメント

【昇進】営業管理職を目指す人が間違える2つのこと

営業管理職は、営業の延長線上にあると考えられています。それではなぜ、トップセーラーが必ずしも管理職に昇進していないのでしょうか。営業管理職への昇進を目指す人の多くは2つの勘違いをしています。 間違えを修正して昇進を目指しましょう。
マネジメント

【昇進】営業部長が怖い本当の理由

営業部で昇進するなら、営業部長と言う人もいるでしょう。営業部長は、昔ながらの強面の人もいれば、スマートな営業部長もいます。今風の優しそうな営業部長でも、やはり営業マンとっては怖い存在です。その怖さの理由を紐解くことが昇進のヒントになります。
マネジメント

【昇進】昇進するのに必要なたった2つのこととは

営業部で管理職以上の昇進を狙う人は、営業成績をいくら上げてもそれだけで昇進することは難しいです。他の人とは一線を画す価値を提供する必要があります。あなたは、同じ仕事を他の社員と同じレベルでしてはいけません。あなたにしか頼めないと思われるぐらいの感動を用意しましょう。
マネジメント

【営業】管理職に昇進したい人は視点を変えよう

営業管理職になるためには、トップセールスになる売上を目指すよりも重要なことがあります。早く昇進をしたいのであれば、営業マン時代に売ること以外の学びをしておくことが大切です。部長以上を目指す人は、必ず知っておいておきたいマネジメントの準備をしておきましょう。
営業

管理職はやりがいのある仕事

営業管理職は、楽しいことがたくさんあります。その楽しさは、営業マンでは味わえないものです。責任の重さやプレッシャーは、営業マンの比ではありません。しかし、見える景色は変わります。苦しいこともあるけど、営業管理職の楽しさを知ってみてください。
マネジメント

【営業】管理職とは 同じ課長でもこんなに違う?!忙しさの種類

営業管理職(営業課長)のランクは、大きく分けて3つあることを知っていますか。同じ課長でも、役割や忙しさは全く違います。成果を出すためには、それぞれの役割や忙しさを知ることが必要です。真剣に学び実践することができれば、必ず成功できるでしょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました