ITエンジニアの職種と参考年収

ITengineer01転職

ITエンジニアってどんな仕事?

異業種からITエンジニアに転職を考えたら、ITエンジニアの職種と参考年収を調べてみよう。


かずま
かずま

ITエンジニアと言ってもいろんな職種がある。プレイヤーとして手に職をつけて働きたい人向けの仕事だ。事務職からの転職は成功することも多いのでまずは職種と参考年収を確認してみよう


ITエンジニアとは

ITengineer02


ITエンジニアは、情報技術分野の技術者の総称

誰もが聞いたことがあるシステムエンジニア(SE)やプログラマー以外にもサーバーエンジニアやネットワークエンジニアなどの職種がある。ITエンジニアは、国の機関や企業で稼働しているシステムを安定稼働させるサポートをしたり、サービスに必要なウェブサイトやアプリを作る職業。


ITエンジニアの主な職種(参考年収あり)

ITengineer04


ITエンジニアといっても職種はいくつもある。

ITエンジニアを目指していない人でも知っているITエンジニアの職種は、SEと言われるシステムエンジニア、あとはプログラマーではないだろうか。ITエンジニアでも、職種によって仕事内容が異なるので、ITエンジニアになると決めたら、自分が目指す職種はどの職種なのかを知っておくことが重要だ。

なお、ITエンジニアといっても、研究開発や企画をする仕事から、プロジェクト管理をする仕事、あるいは運用保守、サポートの仕事まで様々だ。未経験でIT業界に転職を考えている場合は、IT業界に特化した転職支援サービスで相談してみるとITエンジニアがどんな仕事かわかりやすく教えてくれる。


ITエンジニアに必要な学習と転職支援をしているENたま転職支援サービスについて書いている記事>>【IT業界転職】ITエンジニアの無料学習&転職支援

公式サイト:https://www.it-careerexpo.com/itce-academy

ITエンジニアとしての転職を支援している無料ITスクールENたま転職支援サービス1


ITエンジニアの主な職種と参考年収

  • システムエンジニア(SE)
  • プログラマー(PG)
  • サーバーエンジニア
  • ネットワークエンジニア


ITエンジニアの職種は、多岐にわたる。

ITコンサルタント、プロジェクトマネージャーなどの統括、技術者の中にも、システムエンジニア、プログラマー、テストエンジニアやセキュリティエンジニアからサポートエンジニアまでいろんな職種が存在する。

今回は、ITエンジニアに転職するときに最低限知っておきたい主だった技術者の職種だけ紹介する。ちなみに、理系のイメージが強いITエンジニアだが、コンピューターができるだけでなくコミュニケーション能力や文章力といった文系のスキルも必要になる。


システムエンジニア(SE)

システムの設計・製造。テストに一貫して携わる職種。

ソフトウェア政策の指揮と監督的な立場でもあるので、クライアントからの要求を明確にする力や、システムの仕様を安定させることが求められる。

意外にも文系出身の人が多い職種。プログラマーとクライアントの橋渡しをするため、論理的な文章力が必要になる。


システムエンジニア(SE)の参考年収

システムエンジニアの平均年収は約550万円。システム全体の設計から携わる高度SEになると700万以上までアップすることもある。


プログラマー(PG)

システムエンジニア(SE)が考えたシステムやアプリケーションの設計のプログラミング作業をする仕事。システムエンジニアからの計画書を理解する力や修正箇所を見つける能力が必要になる。

プログラマーは黙々と作業をしているイメージがあるが、システムエンジニアとのコミュニケーション能力も求められる。


プログラマーの参考年収

プログラマーの平均年収は約420万。30代になると450万以上も狙える。


サーバーエンジニア

システムを利用するサーバーコンピューターの設計・構築・運用保守を行う仕事。

具体的には、サーバーを利用するユーザー数に合わせて、CPU、メモリなどのスペックを決め、電源の利用料などコストバランスを考えながら設計する。運用保守は、ログデータの観測、改善や管理を行う。サーバーに障害が発生したときは腕の見せ所だ。


サーバーエンジニアの参考年収

サーバーエンジニアの平均年収は約480万。20代では400万ほどだが、30代では500万以上を期待できる仕事だ。


ネットワークエンジニア

コンピューターネットワークの設計・構築・運用保守を行う仕事。

セキュリティやOS、サーバーなどの幅広い知識がいるだけでなく、コスト改善のために最新製品や技術の動向を知っておく必要がある仕事だ。ネットワーク全体を見渡す幅広い視野が必要になるので、視点が高い人には向いている。


ネットワークエンジニアの参考年収

ネットワークエンジニアの平均年収は約450万円。20代では400万円、30代でも500万円ぐらい。


ITエンジニアのまとめ

ITengineer03


ITエンジニアと言っても、たくさんの職種がある。

ITエンジニアに転職したい人は、どのような職種があるのかを知ることが重要だ。ITエンジニアの職種と参考年収をまとめておくので、ITエンジニアを目指す人は参考にしてみてほしい。年収はあくまで参考程度になるので、応募する会社の募集要項を読むか、転職支援サービスで確認してみよう。

未経験からITエンジニアを目指す場合は、ITエンジニアになるための基礎知識をつけて転職することがおすすめだ。文系出身者でもITエンジニアになる人が増えているが、基礎知識なしにIT業界に飛びこむより、多少の知識をつけておくことで転職後早い段階で活躍することができる。


20代でITエンジニアを目指すならENたま転職支援サービスがおすすめ

もし、あなたが20代で転職を考えているなら、おすすめはENたま転職支援サービスだ。

ENたま転職支援サービスは、ITエンジニアの転職に必要な知識を30日で習得できるオンライン学習を無料で提供している。学習と並行して、専任のキャリアアドバイザーがあなたの転職も無料で支援してくれるサービスなので、気になる人はチェックしてみよう。


公式サイト:https://www.it-careerexpo.com/itce-academy



コメント

タイトルとURLをコピーしました