空回りする人が成果を上げるには

ビジネスの基本

空回りする人の特徴

空回りする人は、目の前の仕事を一生懸命こなそうとする人です。

そして、空回りする人は、目の前の仕事をこなすことで考える時間を避けている人とも言えるでしょう。


空回りする人は時間管理ができていない

空回りをする人は、自分を犠牲にして成果を出そうと奮闘しています。

常に仕事に追われている状況が当たり前になっている人でもあります。

優秀な人がどのようにして成果を上げるために努力をしているかを考えてみましょう。

答えを求めるだけでなく、考え続けることが大切です。


優秀な人ほど残業をしない

空回りする人は、残業している人がえらいと考えている人が多いようです。

空回りする人は、成果を売る社員ではなく時間を売る社員です。


仕事の基本は時間管理です。

時間を売る社員から、成果を売る社員になるように変化していきましょう。


仕事にはデッドラインがある

趣味であれば、好きなだけ時間をかけて完璧を求めるのは自由です。

しかし、仕事にはデッドラインがあります。

本来、デッドラインをこえてしまえば、どれだけいい仕事をしても価値はないと考えましょう。


やり方を変えないプライドはいらない

時間管理の大切さをわかっていれば、期限内に仕事を進める方法を考えます。

優秀な人は、一時的に3時間の残業をすることになっても、同じ仕事でいつまでも残業をすることはありません

仕事のやり方を見直し、3時間分の仕事を時間内にこなす方法を見つけます。


空回りする人は、仕事量が増えても同じやり方で成果を出そうとします。

空回りする人にとって、他の方法を考えるより時間を提供する方が楽だからです。


空回りする人は、考えることから逃げているのです。

効率化を図ることで仕事が楽になり手が空いてしまうと、まわりに仕事をしていないと思われると考えています。

忙しいことで仕事をしている実感を得られるのでしょう。


でも、今の仕事が短時間で同じ成果を出すことができれば、さらに飛躍することができます。

優秀な人、成果にこだわります

一度まわせるようになった仕事はどんどん簡素化し、次の仕事を取りにいきます。

空回りする人は今ある仕事を処理するので精一杯ですが、優秀な人は視点が高く先を見据えているのです。


空回りする人は優秀な人の足を引っ張っている?

一生懸命仕事をしている人で、時間管理ができていない人は自己陶酔型の仕事をする人です。

サボっている人の分まで仕事を取って、自分は仕事をしているつもりになっているのです。

もちろん、片手間で完璧に仕事をこなせるのであれば問題ありません。


空回りする人は段取りが悪く、優先順位をつけずに目の前の仕事をこなします

片手間で完璧にこなせることはほとんどなく、実際はどの仕事も中途半端にしている結果になるのです。

仕事を期限内に完了させていくことができなければ組織人としては失格です。


優秀な人は、組織として成果を出す方法を考えます。

仕事の偏りをなくし、人が抜けても組織がまわるように段取りをします。

空回りする人のひとりよがりの行動は、優秀な人にとってはあまり喜ばしいことではないと言えるでしょう。


空回りする人は頑固な人

自分のキャパシティをこえて仕事を一生懸命している人は、実は頑固な人です。

他の人が手を抜いている分を自分がカバーしているというエゴで、仕事を取り込んでいきます。

そして、まわりが協力してくれないと被害妄想をもっている人もいます。


もちろん、責任感をもって仕事に取り組んでいるのは素晴らしいことです。

仕事量を調整して手を抜いている人より、空回りする人は重宝する社員であることは確かです。


あなたの努力を観察している優秀な人は、あなたにアドバイスをするでしょう。

しかし、優秀な人の言葉は空回りする人には響きません。

空回りする人は、これだけ仕事を余分にやっているのだから時間がかかっても仕方がないと思っているからです。


あなたが成果を出せるようアドバイスしても、あなたの行動が変わらなければ優秀な人はどう思うでしょうか。

何度かアドバイスはしてくれると思いますが、そのうち優秀な人はアドバイスをしなくなるでしょう。

変化できない人を育成することに労力を使うより、変わろうとしている人を育成する方が成果が出るからです。


20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】



空回りする人が一段上の仕事をするためのアドバイス

今のやり方で仕事を倍にできるか考えてみる

空回りする人は、今のやり方を続けていると体がいくつあっても足りません。

空回りする人は、仕事が1割増えたら残業時間が1割増えるでしょう。


では、2倍になった場合はどうなるでしょうか。

空回りするが今のやり方を続けた場合、今が8時間労働なら16時間労働をすることになります。

9時から18時(休憩1時間)で勤務している人であれば、8時から深夜2時まで働かなければいけません。

そして、空回りする人が仕事の時間を早めるためには、仕事の質を落とすしかなくなるでしょう。


優秀な人は時間ではなく成果を売る

優秀な人は、今の仕事を効率化して新しいことに取り組む時間を作ることを考えます。

労働時間=成果では、成果に上限があるからです。


まずは、時間管理ができている人のやり方を真似してみましょう。

優秀な人で「忙しい」と口にする人はいません。

優秀な人に仕事は集中します。

優秀な人ほど時間がありませんので、時間管理を徹底しているのです。


忙しそうにしていないのに成果を継続している人に話を聞こう

成果が継続している人は時間管理の基本ができている人です。

どうやって成果を出し続けているのかを聞いてみてください。


優秀な人が、自分のことだけを考えて仕事をすることはありません。

できない人の仕事を自分が取るのではなく、できない人をどうやって育成するかを考えています。


できない人は、伸び代がある人でもあります。

空回りする人は仕事のやる気が人一倍ありますから、軌道修正すれば伸び代は大きい人でもあります。

優秀な人は、一生懸命仕事をする人を助けたいと考えています。

あなたが仕事で成果を出したいと思って相談すれば、快くアドバイスをしてくれるでしょう。


マイナビジョブ20's



優秀な人のアドバイスは忠実に守ること

空回りする人は、自分のやり方で仕事をすることを改善すれば成果が変わります。

自分のやり方を貫くことをやめ、正しい仕事運びを学ぶようにしましょう。


空回りしている人が成果を出すためには、成果を出している優秀な人のアドバイスを守るようにしてください。

アドバイスをした人は、あなたがアドバイス通りにできているかを黙って見守っています。


まずは、アドバイス通りにやってみることです。

アドバイスをしても、しばらくすると自分のやり方に戻して仕事をする人がいます。

3回アドバイスして自分の仕事の進め方に戻した人に、アドバイスをすることはなくなるでしょう。


優秀な人は、3回アドバイスして変わらなかった人は変わらないと知っているからです。

優秀な人ほど、何度アドバイスしても変わらない人に時間をつかうことが無駄だと考えます。

優秀な人が管理職以上なら、プロセスではなく成果を評価される立場にあります。

成果が出ないことに必要以上に時間をかける余裕もないでしょう。


空回りする人が仕事ができる人になるためには、優秀な人の助言を守ることを徹底してください。

結果が出るまでアドバイス通りに実践することが大切です。


優先順位がわからないときは、相談しましょう。

相談するときは、自分の考えを述べ、助言を求めるようにしてください。

優秀な人は、あなたの行動に対しフィードバックをしてくれるでしょう。


時間管理を学ぶなら


コメント

タイトルとURLをコピーしました