読書は安く手軽なインプット

ビジネスの基本

もっとも安くて手軽なインプット方法は読書です。本1冊の価格で、作者の体験を買うことができるのです。本を読むのにさほど時間は必要ありません。インプットに読書を取り入れることで、ビジネスマインドを高める習慣をつけましょう。


読書をすることで脳を活性化する

インプットで代表的なものに読書があります。目指す道の成功者の考えや体験をシェアしてくれる本は今でも安く手軽に知識を増やす手段です。読書を好む人は、常に新しい知識に飢えています。脳が知識を欲している人は、読書を趣味にしています。


目的がある読書は知識の習得に最適

あなたには夢がありますか?

仕事で成し遂げたいことがある人は、目的のあるインプットをします。会社を経営している人や、何かで成功している人は読書を好む傾向にあります。時間を持て余している人よりも、分単位で動く人ほど時間を作って読書をしているのです。


読書が楽しくない人は人生の目的を考えてみよう

最近は活字離れが進んでいると言われますが、実際活字離れは進んでいるのでしょうか。若い世代ほど、意外と活字離れは進んでいません


もちろん、紙の本を読む絶対数は減っているかもしれません。新聞の発行部数も減っているかもしれません。でも、それは活字離れが進んでいるわけではなく、媒体がアナログからデジタルになっただけです。


若者より中年以上が読書離れをしている

私の感覚では、中年以上の人の方が読書をしておらず活字離れが進んでいる気がします。年々、知識への欲は減ってくる傾向にあります。

無心に夢に向かっていた若い頃を思い出してみましょう。夢が叶うと思って行動していたものが中年以上になると将来が見えてきます。実際は、何歳になっても大半の夢は叶えることができますが、中年以上の人は夢を諦めている人が多いのです。


中年以上の読書離れが進む理由

仕事を例に挙げてみましょう。入社したときには、「将来、会社を動かす存在になるぞ」と考えていたとします。将来、会社を動かす存在になるため、一生懸命仕事をし、成果を上げるためにインプットもするでしょう。


では、50代半ばで役職がない場合はどうでしょうか。少なくても、「将来、会社を動かす存在になるぞ」とはならないはずです。定年までの時間を逆算し、昇進できるスピードを計算すれば、会社を動かす役職になるのは至難の業です。


「年齢には勝てない」と諦めている人もいるかもしれません。そもそも、最初から「会社を動かす存在になる」とは考えていなかったのかもしれません。


新社会人に会えばいつも読書をすすめる理由

私は、新社会人に会えば毎回読書をすすめています。夢を持つ新社会人に読書は有効なインプット手段であり、読書で入れた知識をアイデアとしてアウトプットしていくことが重要だからです。


夢を持つことは重要です。夢を持って、目的を明確にして、目標に落とし込むことを意識してみましょう。夢を持っていれば、目的のために何が必要かが見えてきます。何が必要かわかれば、必要な知識を求めます。必要な知識が何かわかれば自然と読書をする習慣が身につくようになるのです。


読書は紙の本でもデジタル本でも構わない

私は紙の本を好みますが、デジタルで活字を読むことには賛成です。読書の目的は必要な知識を増やすことです。必要な知識が得られるのであれば、媒体が紙でもデジタルでもいいのです。


読書をするときの紙の本の魅力


紙の本で読書をすることで効率的にインプットをすることができます。


紙の本で読書をする理由

  • 自分の考えを追記し色をつけておける
  • 重要な部分を折り曲げておける
  • 手の感覚で重要なページを覚えておくことができる


人生を諦めないために読書をしよう

学生のときに一生懸命勉強していた人が、大人になって必ず成功するわけではありません。学び続けることが重要です。大人になって、学生時代の知識だけで大人の世界を渡ろうとすることは非常に残念なことです。体は若さには勝てませんが、頭は使い方次第では年齢に関係なく成長させることができます。学びは学生がするものではなく、大人になっても学び続けることで成長し続けることができるのです。


読書が生活の一部になる


私は、恥ずかしいことに若い頃はあまり勉強をしていませんでした。学びを強要された幼少期の経験から、勉強を毛嫌いしていたのです。大人になって、目的を持った学びの楽しさを知りました。読書から必要な知識を得ることの楽しさは、目的をもって生きている人だけが味わうことができる楽しさでもあるのです。


知識を得てから行動することが大事

本で得た知識を知恵にするためには、行動が重要であることを知りました。例えば、自己啓発本を読んで心地よくなっている間は自己満足のレベルです。どんな本でもいいですが、学んだことを実行してみることで初めて知識が活きてくると考えてください。


まわりに成功者がいなくても読書で学ぼう


成功者に直接話を聞く機会がない人は、読書をすることでアイデアがひらめくことがあります。本は、作家の経験を体験することができます。成功者に話を聞く機会のない人ほど、ぜひ読書をしてみましょう。


「仕事がうまくいっていない?」

知識を得て行動することで多くの仕事の悩みは解決できます。


「仕事が楽しくない?」

仕事を楽しくするにはどうしたらいいかを学んでみましょう


会社を興している人で、仕事を嫌々している人はいません。仕事が楽しくなれば、成果は約束されたようなものです。


キャリアアップを目指すなら読書の後の行動が重要


キャリアアップを目指す人は、ぜひ読書を趣味の1つにしてみましょう。そして、読書で得た知識を行動に活かしることが重要です。将来、管理職以上を目指す人は、読書を習慣にすることで必要な知識を得る習慣をつけましょう。


20代の間にたくさん行動して失敗から学ぼう

失敗をおそれている間は成功に近づくことはできません。どんな成功者も一度も失敗することなく、成功した人はいません。読書で学んだことを行動に移してみましょう。


読書でインプットとアウトプットを学ぶなら

読書をすると言っても何を読んだらいいかわからない人のために最近読んだおすすめ本を2冊紹介しておきます。インプット、アウトプットについて学びたいならこの2冊がおすすめです。


学び効率が最大化するインプット大全


学びを結果に変えるアウトプット大全


コメント

タイトルとURLをコピーしました