在宅勤務用オフィスチェアランキングベスト3

carrier034_2 オフィスグッズ

在宅勤務チェアにこだわることで成果を上げやすくなります。在宅勤務は、新しい働き方の1つです。通勤の移動時間がなくなることは、社会人のストレスを解消することにもつながります。在宅勤務で成果を上げるコツは、自宅に仕事をするスペースを確保することです。


学生が勉強机を置くように、社会人も働くスペースを作っておくことは、在宅勤務以外でも有効です。疲れにくいチェアを用意することで快適な仕事の環境を整えることができます。


在宅勤務は長時間座って仕事をすることになります。仕事に集中するためには、仕事をする環境を整えておくことが近道です。


ダブルワークやパソコンを使った趣味を持っている人は、すでにデスクまわりを整えていると思いますが、これからデスクまわりを用意する人は要チェックです。


今回は、疲れにくいオフィスチェアをランキング形式でご紹介します。


在宅勤務に最適なオフィスチェアの選び方

carrier034


在宅勤務で使うオフィスチェアは、長時間疲れにくいものを選ぶようにしましょう。


オフィスチェアを選ぶポイントは、高ければいいというわけではなく自分のスタイルに合わせることがポイントです。自分が座ってワクワクするチェアを選ぶことで、仕事のやる気につながります。


在宅勤務オフィスチェア3位

GTXMAN リクライニング オフィスチェア 


在宅勤務で、長時間パソコン作業をする人向け

セミバケットタイプのチェアは長時間使用するときに疲れにくいのが特長です。

色は3種類あります(黒×青、黒×赤、黒×白)。


GTXMANは好みがわかれる

デザインの好みがわかれるGTXMAN。インテリアに合うかがポイントになります。本体重量が24kgちょっとあるので、模様替えをよくする人にはあまりおすすめできないオフィスチェア。


GTXMANのここがすごい

  • 腰への負担軽減
  • 姿勢を維持しやすい設計
  • ハイバック
  • リクライニングができる
  • 高反発ウレタン使用



在宅勤務オフィスチェア2位

SIHOO 人間工学オフィスチェア


会社と同じような感覚で仕事をしたい人向け

通気性をよくするためにメッシュを採用しています。ヘッドレストを調整し自分の頭の位置に合わせることで長時間でも疲れにくいチェアを実現しています。


SIHOOは機能性重視

SIHOOのオフィスチェアは、サポートクッションが人間工学の設計です。腰への負担を軽減することができるので長時間の使用におすすめです。


ただ、通気性を含む機能性重視のため、デザインの好みがわかれるのが難点です。シンプルなデザインではありますが、オフィスチェアの雰囲気が強く、見た目のデザインがインテリアに合うかが決め手になります。


SIHOOのここがすごい

  • メッシュ採用で通気性が抜群
  • ヘッドレストを調整すれば首が楽
  • 人間工学に基づいたデザインは機能性重視
  • アームレストを調整できる仕様
  • キャスターが静音仕様



在宅勤務オフィスチェア1位

オフィスチェア肉厚クッション(ブラック2)


人間工学に基づいて設計されている肉厚タイプの豪華なチェア。普段とは違う仕事の空間で仕事をしたいのなら、オフィスチェア肉厚クッション(ブラック2)がおすすめです。


オフィスチェア肉厚クッション(ブラック2)は若さがない

見た目の豪華さ、座り心地などどれも群を抜いています。大人のオフィスチェアでコストパフォーマンスがいいのはオフィスチェア肉厚クッション(ブラック2)です。


ただ、インテリアになじむかどうかは重要です。唯一の弱点は、派手なインテリアには浮いてしまう可能性があることです。モノトーンの部屋に合うオフィスチェアとも言えるでしょう。


オフィスチェア肉厚クッション(ブラック2)のここがすごい

  • 見た目の豪華さ
  • 社長気分で仕事ができる
  • 長時間作業でも快適な人間工学に基づいた設計
  • アームレストを跳ね上げられるためデスクの高さを選ばない
  • 調整が簡単



在宅勤務のオフィスチェアはハイバックがおすすめ


在宅勤務で使用するオフィスチェアをランキング形式で3種類ご紹介しました。在宅勤務が当たり前になることを想定して、自宅の仕事空間を快適にしておくことは重要です。


成果を出しやすい環境を整えるだけで仕事がはかどるのであれば、少し高くてもオフィスチェアにはこだわりたいところです。今回ご紹介したチェアは、どれも2万円以下で買えるチェアを厳選しています。ぜひ、参考にしてみてください。


在宅勤務は、1時間に1回は5分ほど休憩をすることをおすすめします。在宅勤務は仕事にメリハリをつけることが重要です。休憩をするときは席を立つのが理想です。席を立たずに休憩するときは、もたれて目を閉じて5分ほど休憩しましょう。


席を立たずに休憩するのであれば、ハイバックのオフィスチェアを選んでおくことで、首を休めやすくなります。オフィスチェアはハイバックを選ぶことを意識してみましょう。


在宅勤務用デスクランキングを見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました