転職の理由が給与の人が注意しておく3つのこと

carrier017_3 転職

転職の理由が給与の場合に注意しておく3つのこと

  • 求人情報をみるときは給与提示額だけでなく仕事内容を見ること
  • 仕事の満足感は給与だけでは得られないこと
  • 転職理由は給与の場合は基礎能力と将来性が必要


転職をする理由の1つに給与に対する不満があります。給与に対する不満は、人によって様々です。ある人は、「長く働いているのに給与が上がらない」。ある人は、「成果を上げているのに給与が上がらない」。給与に満足していると言う人を探す方が難しいかもしれません。


給与への不満は、あなたの自己評価と会社の評価とのギャップが原因です。


理由はどうであれ、給与に対する不満を持ったまま仕事をすることは難しいでしょう。やる気がなくなってしまったまま仕事をすることは、あなたの人生を無駄にすることと同じです。給与への不満は、転職をする十分な理由になります。


「よし、転職しよう」と考えた人は、ちょっと気を落ち着けてください。転職は人生の転機です。給与を理由に転職を考えるときに注意しておくことをまとめておきますので、参考にしてみてください。


転職の理由が給与の場合は提示額だけで会社を決めないこと

carrier026_02


転職理由給与の場合は、求人情報の給与に目がいくと思います。もちろん、給与アップを狙っての転職の場合、給与提示額は重要です。しかし、給与だけで転職を決めてしまうことには注意が必要です。


長く働くつもりなら給与は長期の視点で見る必要がある


転職で長く働ける会社を探すのであれば、給与の提示額だけに目がいくことには注意が必要です。給与の初回提示額より、転職後のあなたの働きの方が給与への影響は大きいと考えてください。


給与について考えるとき、つい今月の明細を見て高い安いを判断しがちです。長く働くことができるいい会社ほど給与が一気に増えないこともあります。いい会社が安定経営をしているのであればなおさらです。


よく第二新卒ぐらいの年齢の社員が、友人たちと給与や賞与の話をしています。「あいつの会社はボーナスいくら出たらしいぞ」「うちはそれに比べ少ないな」こんな会話をした経験は誰にでもあるものです。


でも、転職を考えるときに、この短期的な視点で転職先を探すことは転職が失敗に終わる可能性があると考えましょう。いくら転職が当たり前になったといっても、人生1年おきに転職を繰り返すわけでありません。


長く働く社員に会社は手厚いサポートをしています。1つは退職金です。勤続年数は退職金に影響します。目先の給与だけではなく、長い目で見て働きたいと思える会社を探すことが重要です。


現職を続けてキャリアアップで給与アップを狙えないか検討する

20代の人にアドバイスをするとしたら、給与アップは転職だけが方法ではないということです。毎年の給与アップは少なくても、管理職などに昇進するタイミングで給与体系がかわり、一気に給与が増えることがあります。


新卒採用後すぐは横一線での給与支払いですが、しばらくすると給与には差が出てきます。あなたの働く会社がどのような給与体系になっているかにもよりますが、現職を続けてキャリアアップを目指すことができないのかを考えてみましょう。


給与は30歳前後で大きく開き始める

給与はある一定の年齢で差が大きく開きます。同期入社した人と最初は足並みを揃えて給与が支払われています。しかし、早ければ30歳前後から給与の開きは大きくなっていきます。


給与への不満の解消は、実は転職をしなくても叶うこともあるのです。あなたが現職で仕事を頑張ることで、経験を積んだ段階で昇進をして重要な仕事を任され大幅な給与アップになることもあります。


給与の不満の場合は、社内でキャリアアップしていく可能性がないのかをもう一度考えておきましょう。もし、一人でも社内に若くして昇進している人がいるのなら、あなたもキャリアアップできる可能性があります。


それでも転職したいと考えた人は、給与以外の転職理由があると思いますので、もう一度ゆっくり今の仕事と向き合ってみましょう。


転職の理由が給与の場合面接官が見ているポイント

転職の理由が給与の場合、採用担当者が見るポイントがあります。あなたにいくらの給与を提示するかは、あなたの仕事への姿勢と現在の給与が妥当かどうかです。


あなたがいくら給与の不満を言っても、面接官は人を見るプロです。面接ではあなたの実務能力を確認することはできませんが、仕事への姿勢を聞くことでおおよその能力を把握します。能力に対し、希望額があまりに高い場合は、採用されるのは難しくなると思ってください。


転職エージェントを通じての転職活動の場合は、あなたの推薦状に転職理由を書いて提出されています。あなたの現職の給与が自社の給与体系に合っているかも含めて判断することになります。


給与が高いだけでは仕事への満足感は得られない

carrier026_03


転職を成功させるコツは、給与のことばかり考えるのではなくあなたが本当にやりたい仕事を見つけることです。好きなことを仕事にしている人を見てみましょう。そこには休日が少ない、労働時間が長い、給与が少ないなどのネガティブな感情よりも好きなことを仕事にしている喜びがあります。


もちろん、給与が安いのを我慢するようになんて説教をするつもりはありません。給与が高いことは、転職のときにも有効に働くステータスでもあるからです。給与が高いことで上質を知る機会も増えるでしょう。


仕事の満足感は好きな仕事をすること

転職の理想は、一番給与提示額が高いところに転職することではありません。転職の理想は、あなたが本当にやりたかった仕事で、あなたが納得できるレベルの給与提示額をしてくれる会社です。


新卒採用と違い、中途採用の場合は、好きな仕事だからやってみたいではなかなか採用をすることができません。好きな仕事に必要なスキルを見つけ、どれぐらいあなたがその業種、業界に入りたいのかを証明することが重要です。


第二新卒で給与ダウンの転職をするときは注意

第二新卒で転職をするときに、大きな給与ダウンをするときには注意が必要です。


いくら今の仕事が苦しくても、転職後の大幅な給与ダウンは、転職先での仕事に影響します。頭ではわかっていても、実際に振り込まれた給与を見て生活水準が下がる現実を受け入れられないからです。


現職の給与が高い人は、勢いで転職せずに本当に給与が下がっても転職したいのかをよく考えることが重要です。給与が下がっても楽な仕事を探そうというのは危険です。


給与が高くて楽な仕事はないが給与が安い仕事が必ずしも楽だとは限らないのです。


転職理由が給与の場合基礎能力と将来性が必要

carrier026_04


面接をしていると、内定ほしさに本当の転職理由を言わない人がいます。給与が安くて転職を考えているのに、面接用の表向きの転職理由を話そうとします。


面接官はあなたの本音が聞きたくて質問をしています。現職の給与が自社の給与体系をより安い場合、頑張ってくれるなら給与アップをしてあげたいという気持ちがあります。


あなたは転職理由を正直に話せばいいのです。転職で給与アップを狙う場合は、あなたの実務スキルがわかることが履歴書に書かれていると判断しやすくなります。


中途採用者には使い捨て要員と将来の幹部候補がいる

中途採用といえば、即戦力と言われています。私の個人的な意見は真逆です。中途採用で重要なのは、即戦力ではなく、基礎能力と将来性です。


面接をする段階で、実務者として使えるか、将来の幹部候補生になるかを見ていることがあります。あなたよりも会社側の方が、あなたの将来を見ているのです。


中途採用の場合、面接の印象は重要です。学歴だけでなく、頭の回転や視点の高さは将来のキャリア形成には重要です。あなたの器が大きいと思えば、将来性を見て採用するときに給与提示額が上がることもあります。


転職の理由が給与のときに転職を成功させる3つのコツ

carrier010_2


転職をする理由給与の場合に転職を成功させるコツをまとめておきます。


給与アップで転職を成功させるコツ

  • 給与アップは現職でのキャリアアップとの比較
  • 熱意を持って取り組むことができる仕事を探すこと
  • 退職理由が給与ならあなたの基礎能力と将来性を見せよう


現職のキャリアアップよりも転職をすることにしたら

現職でのキャリアアップを検討した上で、それでも転職によるキャリアアップを目指すのなら、次は転職を支援してくれるサービスを探しましょう。


転職支援サービスは、あなたに合うサービスを見つけることが重要です。あなたのキャリアや転職活動の方法で、選ぶエージェントはかわります。


転職といえば、おすすめはリクルートキャリアが運営するサービスです。リクルートキャリアは、転職を成功させている実績があります。まずは、あなたにどのサービスが合うのかを確認しましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました