仕事は暇なときに差をつける

仕事が暇になったらやるリスト コラム

仕事と感じるときになにをするかを意識することで、将来のキャリアは大きく変わってくる。

普段は仕事に追い回されている人でも、ふとしたときに仕事が暇だと感じることがあるだろう。仕事で成果を上げるコツは仕事が暇なときに差をつけることだ。社会人の能力差の多くは、基礎能力の差ではなく時間のつかい方の差とも言える。

今回は、仕事が暇なときに何をすればライバルと差をつけることができるのかを考えてみよう。


仕事が暇なときにやることをリスト化しておく

仕事が暇になったらやるリスト


仕事が暇になるときは、大きくわけて2つある。ひとつは、仕事の絶対数が減っているとき。もうひとつは、仕事の絶対数は減っていないが仕事を完了するまでの時間短縮ができたとき。あるいは、仕事を自動化できたときにも仕事は暇になる。

仕事が減っている場合は、仕事を増やす対策が必要になる。仕事が減っていない場合は、余った時間をゴールに向かう時間に費やすようにする。今抱えている仕事の効率化を図ることも重要だが、将来たくさんの時間を確保するために仕事の効率化を長期の視点で考えてみることが重要だ。


仕事が暇になる理由

  • 仕事が減っている
  • 仕事量は同じで効率化が図れている


仕事量は同じで効率化を図れている場合は、変化を恐れずどんどん効率化を進めていこう。仕事は時間との戦い。時間さえ作ることができれば仕事は成果を出しやすくなってくるだろう。


仕事が暇になる前にやることリストを作っておく

仕事が暇になってから、時間のつかい方を考えているようでは遅い。常日頃から、時間ができたらやることをリスト化しておくことが重要だ。時間ができたらやることは、長期的な改善をすることで構わない。将来の時間短縮につながることをリスト化しておくことで、時間をさらに生み出すことができるようになる。

時間を制する者がビジネスを制すと思ってしっかり取り組もう。


仕事が暇になったら準備していた仕事をすすめる

仕事が暇になったらやるリスト


仕事になったらチャンス到来だ。やることリストから優先順位の高い順に仕事を進めよう。仕事が暇なときに進めることは、普段はなかなかできない仕事。実務に追われているときにはできない仕事を、腰を据えて進めるチャンスだと思ってしっかりと取り組むことを意識しよう。


仕事が暇になったときに進めやすいこと

  • ルーチンワーク
  • 顧客分析(数字分析含む)
  • 業務改善
  • 資料作成
  • 必要な専門知識の習得


ルーチンワーク

仕事に暇ができたら、大きな成果につながらないからと普段優先順位を下げているルーチンワークを一気に完了させてしまうチャンス。例えば、デスクまわりや書類、溜まっている未読メールの確認など、つい優先順位を下げてしまっている仕事を進めてみよう。

仕事が暇になってモチベーションも低いときに「頑張る」と張り切るのは逆効果。気持ちが上がってくるまでルーチンワークを淡々とこなし、気持ちの回復とともに一気に飛躍できるように、仕事が暇なときにはルーチンワークを積み上げてみるのはいかがだろうか。


顧客分析(数字分析含む)

仕事が暇になったら、将来の成果のために準備を進めるのもひとつ。ある程度まとまった時間がないとなかなか着手できない現状把握や対策の立案に着手してみよう。

忙しいときは自分の仕事をじっくり分析をする時間はない。だからこそ、仕事が暇なときに、将来を見越してじっくりと分析に時間をかけてみることが重要なのだ。


業務改善

仕事が暇になったら具体的に業務を見直していくのもひとつ。しかし、本来は忙しいときこそ業務改善をするチャンスなので、忙しい時に改善のアイデアだけはまとめておく事前準備は必要だ。仕事が暇になる前に業務改善で進める内容を決めておかないと、暇なときには時間はたっぷりあるので業務を改善しなくても問題なく仕事はまわるのだ。仕事が暇な時には、効果のある業務改善を進めることができないので注意が必要。


資料作成

月に一回提出が必要な資料の準備を進めるのもいいだろう。成果には直結しない、会議資料は期限が迫ってから作るのではなく時間が空いたときにすすめることを意識しよう。仕事は、朝から晩まで全力疾走するわけではない。

手を抜いてはいけない仕事、流す仕事をきっちりとわけておくことが重要だ。資料作成は簡潔にわかりやすい資料を作ることも忘れずに。


必要な専門知識の習得

かなりの時間があるなら、業界知識などの専門知識の習得に時間をかけてみるのもいい。業界のプロとして、足らない知識を貪欲に補う努力は必要だ。あるいは、最新情報の知識習得に注力するのもひとつ。


仕事が暇になることを恐れない

ビジネスマインドまとめ


仕事になることを恐れる人がいる。まじめな人に多いのだけど、仕事の成果ではなく隙間時間をなくすことに注力している人だ。仕事は成果を上げることを目標値にしておかないと、仕事の優先順位を間違えやすくなる。仕事で成果を上げるために、やるべきことをリスト化し優先順位を明確にしておくことが大事だ。

仕事が暇になることを恐れてはいけない。仕事が暇になって成果が上がるなら、仕事の効率化や自動化が進んでいると考えることもできるだろう。仕事が暇になるのを恐れるのではなく、仕事が暇になったときに将来の成果のために何をするかを決めておくことが重要だ。

仕事が暇になるのを恐れない人は、常に新しいことに挑戦する意識を持っていて、時間があれば新しいことに挑戦している人も多い。

あなたも仕事が暇になったときにはチャンスと思ってやりたかったことに挑戦してみよう。


仕事が暇になったらサボる習慣をやめれば成果を上げることができる

本来、業務時間は知識の習得の時間ではなくアイデアを形に変えていく時間。給料をもらっている時間に知識のインプット作業をするのは、本来マナー違反だと考えておこう。

しかし、何もすることがなくてサボるぐらいなら知識を習得する時間に費やそう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました