ブルーマンデーを乗り切るための5つのコツ

ビジネスの基本

ブルーマンデーは多くの人が抱える悩み

あなたが憂鬱な月曜日を迎えるとき、多くの人も憂鬱な月曜日を迎えています

月曜が憂鬱なのはあなただけじゃないと知れば、安心しましたか?


サービス業でなければ、土日祝に休みを取る人が大半です。

仕事の周期が同じなので、同じように月曜日に憂鬱さを感じるのです。


連休が長くなればなるほどリフレッシュできそうですが、対策していないと逆に憂鬱さは倍増します。

長い休み明けは、特に憂鬱な表情をしている人が多いです。


休み明けに、リフレッシュした清々しい表情をした人の少なさにはびっくりします。

まずは、ブルーマンデーとは何かを紐解いていきましょう。


ブルーマンデーとは?

日曜の夕方は、気分が沈んでくる時間です。

ちょうどサザエさんが放送される時間ぐらいから憂鬱になる人が多いですね。

サザエさんを見ていると、「明日から仕事か~憂鬱だな」となるわけです。

このサザエさん症候群は、日曜日の最後を憂鬱な時間にしてしまいます


ブルーマンデーを乗り切るためには、ブルーマンデーを知ることが大切です。

ブルーマンデーとは何かを知り対策をすることで、憂鬱な気分を抑えることができます。

ブルーマンデーは、理想的な休日から現実に引き戻されるときに起こる現象です。


月曜日嫌いが深刻化すると、日曜の昼から憂鬱さを感じます。

さらに、日曜の朝から憂鬱を感じるようになり、土曜日から憂鬱さを感じるようになります。

せっかくの休みなのに、楽しいのは金曜の夜だけではもったいないですね。


ブルーマンデーの正しい対策をしよう

休みに仕事を完全に忘れることで対策を勧める人もいます。

それも対策の1つです。

仕事を楽しむように対策を勧める人もいます。

もちろん、それも対策の1つです。


でも、それだけでは不十分です。

なぜなら、即効性のある対策だけでは根本を解決していないからです。


ブルーマンデーにならない人もいる

起業した人が月曜日を憂鬱に感じるでしょうか?

月曜を憂鬱に感じていては、起業した意味がありません。


つまり、社長は月曜日を憂鬱に感じていないのです。

むしろ、社長は、仕事を楽しみにしている人も多いですね。


ブルーマンデーになってしまう人、ならない人の違いを知りましょう。


はじめての転職に一歩踏み出す20代のみなさんを全力でサポートします。「20代の転職相談所」



月曜日がブルーマンデーになりやすい人はこんな人

月曜日がブルーマンデーになる人の特徴を知ることで、対策をしていきましょう。

ブルーマンデーにならないよう、対策を続けることが重要です。


仕事に限らず、なんでも継続することで成果を出すことができます。

少し厳しい内容も含まれますが、あきらめずにしっかり取り組みましょう


月曜日がブルーマンデーになりやすい人

  • 目的を持っていない
  • 目標設定が不明確
  • 人間関係が希薄
  • まじめすぎる(自分の考えをもっていない)
  • 受け身の趣味が多い(趣味がない)


ブルーマンデー対策

では、ブルーマンデーの対策をしていきましょう。

月曜日がブルーマンデーになりやすい人の特徴を紐解いていくことで対策を始めます。


当てはまる項目があれば、関係することだけでも対策してみましょう。

すべてを一気に対策しようとせず、ひとつずつしっかり対策していきましょう。


夢や目的をもって仕事をする

夢を持っていないと、仕事の目的がありません。

目的がなければ、給料日にお金を振り込んでもらうためだけに会社に行くことになります。

学生さんが、単位がほしいから授業に出席するのと同じですね。

目的がなく、その場所にいるだけでは成果を出すことはできません


あなたは、一度立ち止まって、「なぜ今の会社で働いているのか」を考えてみましょう。

目的は数値化しませんので、ざっくりとした感じで考えるようにしてください。


「社会人として当たり前だから」のような優等生の答えはいりません。

あなたの本来持っている欲を内側から引き出すことが重要です。


例えば、「仕事ができる大人になりたい」でもいいでしょう。

そして、その内容を細かく紐解いていくようにしてください。


「仕事ができる大人になりたい」きっかけは?

父親が仕事をしていて背中を見て育ったからかもしれません。

子どもの頃の恩師が誘導してくれたのかもしれません。


あなたの心と向き合うことが大事です。

誰かに聞かれる心配もありませんので、模範解答を求めるのではなく仕事をする本当の理由を探りましょう


目標を目的から逆算して決める

目標は数値化をすることです。

目標設定が不明確だと、自分に甘い考えを持ってしまい、月曜の憂鬱さは増します。


目標の数値化ができている人は、あまりブルーマンデーを迎えることはありません

なぜなら、目的があるから目標の数値化ができるからです。


目標を持つということは、目的に到達するための目標を達成するために動いている段階です。

つまり、月曜日を憂鬱に感じる時間はないというのが正しいかもしれません。

目的に到達するためには、1日、1時間も無駄にできないと考えます。


月曜に重要なスケジュールを立ててみよう

月曜の朝から仕事に集中しないといけないスケジュールを立てて、ブルーマンデー対策をしてみましょう。


忙しい人ほど、忙しいとは口にしません。

忙しい人ほど、涼しい顔をして分単位でスケジュールを調整しています。

(実際調整しているのは秘書のこともありますが)


つまり、月曜が憂鬱と考える時間がないのです。

憂鬱に感じるぐらいなら、目的に向かって、目標達成のための準備をすることを優先します。


目標の数値化は、営業マンなら売上目標の逆算でもいいでしょう。

もっと言えば、キャリアアップの逆算でもいいでしょう。

1年に1回昇進のチャンスがあるなら、最短で昇進する計画を立てるのも1つです。


管理職になりたくない人を信用しない

まれに、「管理職になっても給料が増えず責任だけが増えるから」と言う人がいます。

もちろん、残業代を生活の糧にしている人はそうかもしれません。

半分は当たっているでしょう。


管理職は、時間ではなく成果が評価される会社側の人間です。

残業代の小銭を追っているようでは、管理職として成功はできません

つまり、管理職止まりでは、給料は一時的に下がるかもしれないということです。


でも、冷静に考えてみましょう。

会社は、優秀な管理職の給料を、優秀ではない一般職より安くしておくでしょうか

優秀であれば、上にいけばいくほど給料は上がります


つまり、「管理職になっても給料が増えず責任だけが増えるから」が半分は当たっていると言ったのは、管理職になっても意味がないと発言した人は、管理職にならないのではなく、管理職になれない人だということです。

なったとしても管理職のやるべきことをわかっていないので成功できないのです。


あなたがキャリアアップを狙うなら、足を引っ張る人に流されて楽な方に逃げてはいけません

あなたがキャリアアップに本気で取り組むなら、ブルーマンデーは対策できるでしょう。


人間関係は、やる気のある人だけと割り切る

退職者の、一番の退職理由は人間関係です。

それだけ、大人社会の人間関係は難しいと言っても過言ではありません。

会社の人間関係を難しくしている理由は、人間関係にお金(昇給、昇格)が絡むからです。


人間関係が良好でなければ、仕事に行くことは苦痛でしかないでしょう。

嫌な上司、嫌な先輩、生意気な後輩。

嫌だと思えば、どんどん嫌になりますね。


なぜ社内の人間関係にストレスを感じるのか

あなたが社内の人間関係にストレスを感じるのは、八方美人を目指しているからではないでしょうか。

八方美人をやめることで人間関係は楽になります。

あなたは、まわりの人に必要以上に気を遣っているのです。


「誰の友にもなろうとする者は誰の友でもない」

人間関係に悩む人にお勧めしている言葉です。

あなたは八方美人をやめることから始めなければなりません。


大人の社会での八方美人は仕事を憂鬱にするのです。

八方美人に待っているのは、仕事を頼まれることだけです。


八方美人の断れないことを利用される

八方美人は、人間関係を重要視するため断ることができず、自分で自分の首を絞めていきます。

自分だけ頼られて仕事を頼まれているなどと思わないことです。


頼んだ人は、あなたが困っていても助けてくれないでしょう。

だって、八方美人は誰の友でもありませんから。

誰の仕事でも安請け合いする人というレッテルが貼られるだけです。


あなたは誰かが評価をされるために働いているわけではありません。

本当にあなたのキャリアアップにつながる仕事かを見極めてみましょう。


まじめよりも考えることを意識する

まじめすぎる人というとほめられていると感じる人がいますが、逆だと思ってください。

まじめすぎるとは、自信がない、勇気がないために言いなりになることです。


まじめすぎる人とは、1つ1つのことを正しいかを検証しない人のことです。

従来のやり方を通す頑固な人も、まじめすぎる人に該当します。

つまり改善しない人のことを、まじめすぎる人というのです。


対策は、自分の頭で考える習慣をつけることです。

あなたが、今のやり方が間違っているのではないかと疑うことです。


あなたの昇進が遅れているのなら、あなたのやり方に改善の余地があります

まずは、自分のやり方、昇進していない先輩のやり方が間違っているのではないかと疑いましょう。

ゴールに近づく方法なのか、もっといい方法はないのかをしっかり考えましょう。


学び続け、能動的な趣味を持つ

趣味が特になく、休みはごろごろしてテレビを観ている人は注意が必要です。

月曜から金曜の反動で、休日に何もせずにボーッとしていては、憂鬱さは増していきます


目的を持っている人は、休日を学びの時間に充てています。

そして、成果を出す方法を考えています


対策は、休みの時間管理を意識することです。

仕事から完全に離れることだけが、ブルーマンデー対策ではありません

あえて、目的のために休みの時間をつかうことも立派なブルーマンデー対策です。

趣味はできるだけ、受け身の趣味以外のものを持ちましょう。


スポーツなら個人競技の趣味を持つのも1つです。

個人の能力で成果の出る趣味を持つことは、メンタル強化に役立ちます


芸術系の趣味を持つのもいいですね。

何かを生み出すことに熱中することを見つけることができれば、ブルーマンデー対策はできたようなものです。


熱中できるようになれば、対策は必要なくなる

何かに熱中するとわかるのですが、集中力が増している自分を知ることができます。

仕事では10分で集中力が切れていた人も、好きなことなら何時間でも熱中できることはよくあることです。


仕事に目的を持ち集中するようになったときに、あなたの成長が実感できるようになります。

仕事中に、集中力が増している自分に気づくことができるようになります。

あなたが熱中できる仕事が何かを知るためにも、能動的な趣味をもつことを意識しましょう。





合わせて読みたいブルーマンデー対策

コメント

タイトルとURLをコピーしました