仕事内容を把握し優先順位を決めることを意識しよう

carrier122_1 ビジネスの基本

仕事内容を把握し優先順位を決めている人は、成果を出すことが当たり前になります。仕事ができる人は、タイムスケジュール、仕事への姿勢、チャンスを掴むアンテナを高く持っています。


仕事内容を把握しているかどうかは成果に直結します。組織に求められている仕事内容を的確に把握することで仕事の優先順位を決めることができるからです。一生懸命仕事をしていても、やるべき仕事内容がわかっていなければ、あれもこれもと仕事を抱えどれも中途半端に終わってしまうので注意が必要です。


あなたが今すべき仕事内容の全体を把握した上で、仕事の優先順位を決めていきましょう。


仕事内容が中途半端に終わる人の特徴

  • 始業時間時点で当日やる仕事内容が決まっていない
  • 仕事を完了させることよりもいい人であることを重視し断る勇気がない
  • 暇であることが悪だと思い無理に隙間を埋めようとする


どれだけ一生懸命まじめに仕事をしても、仕事内容が中途半端に終わってしまう人がいます。本人は、まじめに仕事をしていれば必ず成果が出ると思い、忍耐力で仕事をしています。


もちろん、部下を見ている上司は、努力をしている部分を評価はします。しかし、成果が出ていなければ評価が難しいときもあるのです。上司は、まじめに働いている社員を評価したい本音はあっても、成果が全く出ていないと評価できないのです。


仕事で成果を出すためにはコツがあります。仕事が中途半端で終わる人は、まじめすぎる人が多いのも特徴です。ここでの「まじめ」は必ずしもほめ言葉ではありません。


仕事で成果を出すためには、常に現状に疑問を持ち考え続けることが重要です。言われたことだけをまじめに取り組んでいるだけでは、自ら考え行動を起こして挑戦している社員には勝てないのです。



仕事内容を変化させる3つの対策

carrier122_2


では、仕事内容を変化させるための3つの対策をしましょう。たった3つを意識するだけで、成果を出しやすくなります。あなたの行動が変われば、まわりも変わります。今まで指をくわえてみていたチャンスがあなたに舞い降りてくることもあるでしょう。


成果を意識することで時間で仕事をすることはなくなります。時間を売る社員から成果を売る社員に変わることで、仕事はうまくまわりだすと考えましょう。


仕事内容は遅くても始業時間には決まっていること

carrier122_3


仕事で成果を出すためには時間管理が必要です。同じ時間を働いているのに、成果に差が出るのは時間管理の差と考えましょう。短期的には、ラッキーなどで数字が上がる営業マンがいたとしても、時間管理ができていない人が長期的に成果を出し続けることは難しくなります。


始業時間に当日の仕事内容が決まっていないと、スタートから出遅れることになります。仕事で成果を上げるためには、仕事を前倒ししていく必要があります。3年後のゴール設定を1年で到達するためには何をすればいいのか考える習慣をつけるのも1つです。


重要なのは考える習慣です。常に頭をつかって仕事をすることを意識するだけでも成果は随分と変わってきます。どの山に登るか決めずに登山を始めても頂上まで到達することはできません。まずは、あなたが目指す場所はどこなのかを考えましょう。そのために、今日やるべきことは何かを始業時間までに決めておくことは、社会人としての最低限のマナーとも言えるでしょう。


わからないことがあったときは上司に相談する習慣をつけましょう。上司は、あなたを評価しているのですから、あなたの目指すべき方向が見えているはずです。あなたが成果を出すための相談であれば、上司は喜んで助言をしてくれるはずです。


仕事内容は完璧よりも完了を目指しやらなくていい仕事を決めること

carrier122_4


仕事内容で完璧を目指せば、仕事をすすめるのが遅くなると考えましょう。やるべき仕事が見えている人は、1つの案件だけを抱えているわけではありません。忙しいからこそ、時間をかける仕事と時間をかけない仕事を選別し、ひとつずつ確実に完了しています。


まじめで仕事ができない人は、ミスをすることを極端に嫌う傾向があります。他の人が成果を上げれば上げるだけ焦りと不安から、挽回するために完璧を目指そうとします。優秀な人は、時間管理が徹底されています。時間をかけなくていい仕事に必要以上に完璧を求めて時間をかけることはありません。


優秀な人ほど、成果を出してくれることを期待し仕事を依頼されることも多いと思います。優秀な人は、「仕事とは成果を出すことを期待して依頼するもの」と認識しています。そのため、依頼者が手を抜いた穴埋めをするような仕事の場合ははっきりと断る勇気をもっています。仕事を押し付けられて、本来やるべき仕事が中途半端に終わるようなことは避けておきたいからです。


仕事で成果を出すコツは時間を作ることです。やる仕事を決めるのではなく、やらない仕事を決めることを意識しましょう。時間があれば、成果を出すための仕事に注力することができます。まわりに流されず、淡々と仕事を進めることができるかは成果を出すためには重要なポイントです。


仕事内容に空きがある時には普段できない改善活動に取り組む

carrier122_5


仕事内容を把握するためには、冷静に考える習慣が必要です。「あれもしなければ、これもしなければ」と、仕事でバタバタしている自分に酔っているようでは成果を出すのは難しいと考えましょう。


時間に空きができることは悪ではなく、仕事を前倒ししていれば当然のことなのです。仕事に空きができたときに、優秀な人は、無理に暇を埋めようとはしません。成果を出すための準備ができている人は、時間が空いたときにゴールに近づくための仕事をします。


たまたま時間が空いたからと慌てて、仕事を安請け合いしてしまうことを繰り返していては、新しい仕事を取り込む余裕がありません。忙しい人ほど、チャンスへのアンテナを高くしています。常にバタバタと忙しそうにしている人に重要な仕事をお願いすることはないと考えておきましょう。


上司は、仕事で成果を出すために仕事を誰に依頼するかを考えています。仕事に空きがあるときには、どのような仕事に取り組むのかを明確にしておくことで、上司はあなたの仕事内容を見て、仕事を依頼できるタイミングだと判断する基準にもなります。


仕事内容を把握し優先順位を決めるコツ

  • 当日のタイムスケジュールを始業前に決めておく
  • 仕事の安請け合いをしない
  • 仕事に空きができたときは成果を出すチャンスと考える


仕事内容を把握し、優先順位を決めるコツを掴むことで成果を出しやすくなると考えましょう。まじめに実務をしている人は、日々仕事が舞い込んできて、優先順位が見えにくくなります。数年先のゴール設定をして、やるべきことを明確にしておきましょう。


常に現状に疑問を持つことで、時間が空いたときに改善したいことが見えてきます。正確には、時間が空いた時ではなく、改善を進めるために時間を作ろうと努力します。仕事は時間との戦いです。時間をいかに作り、ゴールに向かうために何をするかで成果は決まります。


まわりの人たちが仕事をしているかどうかを気にしている人もいますが、まわりの人たちが仕事をしていてもしていなくても、自分のゴールには関係ありません。むしろ、まわりが仕事をしていないのであれば、チャンスもたくさんあると考えましょう。


まわりに振り回されるのではなく、まわりを巻き込む(振り回すではない)ぐらいの仕事をすることができれば、あなたの成果は約束されたようなものです。


まずは、あなたの目指すべき道をゆっくり考え、仕事の進め方を見直してみましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました