ブルーライトカットPCメガネを使うメリットとデメリット

210106PCメガネ2 コラム

ブルーライトカットのPCメガネは、長時間パソコンの前で作業をするときに重宝する。営業マンも、足で稼ぎたくてもテレワークや内勤業務が多くなった。働き方改革が進めば、今以上に一日中パソコンの前で仕事をすることも増えてくる。ブルーライト対策をして目の疲れを軽減できるようにしておこう。


ブルーライトカットのPCメガネとは


ブルーライトカットのPCメガネとは、ブルーライトをカットするメガネのこと。


ブルーライトとは?

ブルーライトとは、パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイに多く含まれる青色光。ブルーライトは強いエネルギーで網膜まで到達するため、長時間LEDディスプレイを使用するときにはブルーライトカットの対策が必要になる。


ブルーライトカットをする方法

ブルーライトをカットする主な方法は、ブルーライトカットのモニターを使うか、ブルーライトカットのPCメガネを使う方法がある。


ブルーライトカットのPCメガネの価格の違い

ブルーライトカットのPCメガネは、電気屋さんで売っている安価なものから高価なものまで様々だ。初めて買うときはどれがいいかわからないと思う。私は、最初に大手家電量販店で偶然見つけた安価なPCメガネを購入。しっくりこなかったので、その後メガネ屋さんで売っていたPCメガネを再購入。現在も愛用中だ。


ブルーライトカットのPCメガネは、パソコン使用する頻度や使用する時間を考慮して予算内におさまるものを選ぶようにしよう。価格は少し高いけど、メガネ屋さんの発売しているメガネは長時間つけていてもストレスなくつけられる。


ブルーライトカットのPCメガネを使うメリット

  • 長時間パソコン画面を見ていても疲れにくい
  • モニターのように置くスペースを確保する必要がない


私の場合は、ブルーライトカットのモニターとブルーライトカットのPCメガネの両方を使っているが、実際はモニターかメガネのどちらかで対策しておけば問題ない。メガネをつけることが苦にならないなら、PCメガネはモニターのように場所をとらないのでおすすめ


ブルーライトカットのPCメガネを使うデメリット

  • なれるまではメガネをかけていることが気になる
  • 目がいい人や普段コンタクトの人はおしゃれメガネと間違えられる


普段メガネをかけない人は、メガネをかけると気になってしまうだろう。メガネをつけるのが気になる場合は、ブルーライトカットのモニターで対策するのもひとつの方法だ。自宅で使うなら長時間使うことも考えて、最初からモニターにしておくのもいいだろう。

職場にブルーライトカットモニターを持ち込むことはできないと思うので、職場でのブルーライト対策はPCメガネですることになる。普段メガネをかけていないのに突然メガネをかけると伊達メガネと間違えられることもあるだろう。そのときは、ブルーライトカットのPCメガネであることを伝えておけば間違えられることもないので、気になる人は周囲の人に伝えておこう。


ブルーライトカットのモニターを調べる

自宅で長時間パソコンを使うなら、ブルーライトカットのモニターを調べてみよう。


ブルーライトカットのPCメガネ厳選3選

ブルーライトカットのPCメガネはたくさんの種類がありどれを購入するか迷う。ブルーライトカットが目的なので、安いだけでなくある程度効果が期待できるPCメガネを買うのがおすすめ


1位:Zoff PC ULTRA TYPE

ZoffのPCメガネは、とにかく軽い。使用している感じがあまりしないので、長時間かけていても苦にならない。何より知名度の高いめがね屋さんのメガネという安心感がある。4000円台のPCメガネなので決して安いとは言えないが、予算が折り合うならZoffのPCメガネで決まりだ。



2位:LAMIO ブルーライトカット メガネ

LAMIOのブルーライトカットメガネは、日本眼鏡普及光学器検査協会での検査(JIS規格)をクリアしている製品。調整ドライバーもついているため長く愛用できる。フレームが柔らかく、メガネをかけていて負担にならないのもポイント。



3位:WEEGU ブルーライトカットメガネ

ブルーライトカットのWEEGUのPCメガネ。よく比較対象になるZoffのPCメガネよりも価格が安く、目の疲れを対策する効果も期待できる。価格が安いPCメガネで、長時間使いたいならWEEGUのPCメガネがおすすめ



DYM就職


コメント

タイトルとURLをコピーしました